オーマの休日!その4、恐山の薬湯に入って、薬研温泉のカッパの湯にも!
恐山の境内をぐるっと一周して来ました。天気も良く隅々まで見て来ました。
e0069615_0503810.jpge0069615_0514195.jpg
延命地蔵からショートコースで急坂を降りて山門と地蔵堂の間にある湯処(男湯)へe0069615_0515981.jpge0069615_0521045.jpg
e0069615_0524777.jpge0069615_053483.jpg
e0069615_0532498.jpge0069615_0533337.jpg
e0069615_054243.jpge0069615_0541912.jpg
e0069615_0543585.jpge0069615_05446100.jpg
e0069615_0545647.jpge0069615_055531.jpg
e0069615_0551591.jpge0069615_0552556.jpg
e0069615_0554687.jpge0069615_0555593.jpg
e0069615_056452.jpge0069615_0561379.jpg
e0069615_0562131.jpge0069615_0563137.jpg
e0069615_0564116.jpge0069615_0564987.jpg
e0069615_0565791.jpge0069615_0571285.jpg
e0069615_0572589.jpge0069615_0574033.jpg

[PR]
# by van-shop | 2017-06-24 00:59 | | Comments(0)
オーマの休日!その3、恐山に拝観です。
冷水峠の恐山冷水で喉を潤し、釜臥山展望台で大パノラマを見て、恐山に来ました
e0069615_126150.jpge0069615_1261788.jpg
県道4号に戻り、直ぐ恐山の入り口方面に入りました。最初に迎えてくれたのは三途川(正式名称は正津川)に架かる太鼓橋。この辺から硫黄の匂いがして来ました。e0069615_1263445.jpge0069615_1264925.jpg
間も無く六体地蔵が有る、総門前の大駐車場に到着。参拝者は多く見かけます。e0069615_127612.jpge0069615_1271816.jpg
恐山受付、入山料は500円です。開門時間は午前6時より午後6時まで。
恐山は比叡山、高野山と共に日本三大霊園に数えられています。貞観4年(862年)に慈覚大師によって開山され、天台宗の修験道場として栄え、いったん廃寺となりましたが、14世紀に曹洞宗円通寺により再興された。e0069615_1272743.jpge0069615_1273754.jpg
それでは初めての恐山参拝!総門がすべての入り口です。総門からの中の風景!e0069615_1274678.jpge0069615_1275610.jpg
山門です。ここの写真、石が積まれた上にお地蔵さまと風車!恐山のイメージですe0069615_1281679.jpge0069615_1282559.jpg
霊場「恐山」山門をくぐると正面に地蔵堂が現われました。e0069615_1283741.jpge0069615_1284788.jpg
参道の両脇には四十八燈の石灯篭が並んでます。両脇には恐山温泉が有ります。e0069615_1285870.jpge0069615_129794.jpg
手水場に亀の化身?石像がある。手水場は手を洗う水も少なく?ここから異様な感じ!e0069615_1291573.jpge0069615_129265.jpg
階段を上り、地蔵堂で、皆で願い事が叶うようお賽銭をあげてお参りしてきました。e0069615_1293581.jpge0069615_1294534.jpg
ここまでは、普通の神社周りと同じパターン。この入り口から俗界と霊界の境目か?e0069615_1295715.jpge0069615_1210691.jpg
参道の順路で最初に出て来たのが「納骨塔」更にこれぞ恐山と言う様な所を進む!e0069615_12101687.jpge0069615_12102465.jpg
無間地獄を通り過ぎて、風車に囲まれた、慈覚太子堂に出ますe0069615_12103391.jpge0069615_12104125.jpg
結構、アップダウンのキツイ岩場?を歩きます。ここからは山門が下の方に見えました。「恐山、心と見ゆる湖を、囲める峰も。蓮華なりけり」入町桂月、立て札にe0069615_12104925.jpge0069615_12105968.jpg
硫黄が溶け込んだ川を跨いでその先に湖が見えます。その前に八角堂が有ります。e0069615_1211899.jpge0069615_12111747.jpg
中に入れるので、皆で入ってみました。お参りするような所ではない様です。着古した服や身に着けていた物、可愛がっていた様なおもちゃ等が掛けられていました。霊とコンタクトを取る為の一つのツールなのか?この陰に血の池地獄が有るが見てなかったe0069615_12112786.jpge0069615_12113532.jpg
そのまま池の方に進むと、水子供養、納札所(お札を水面に浮かべて下さい)と有りました。水子地蔵供養御本尊です。多くの風車が風に吹かれてカラカラ回ってました。e0069615_12114391.jpge0069615_12115224.jpg
湖の近くまで来ました。川が流れ込んだ跡?殺伐としてます。「震災慰霊塔」です。東日本大震災の犠牲者を追悼するため、恐山菩堤寺により平成24年に建立されました。e0069615_1212274.jpge0069615_12121083.jpg
極楽浜・賽の河原です。真っ白な砂浜とエメラルドの湖面で、山の中を忘れさせます。e0069615_12122034.jpge0069615_1212287.jpg
宇曽利山湖はカルデラ湖、水は澄んで静かでした。極楽浄土を思わせます。e0069615_12123743.jpge0069615_12124947.jpg
五智山展望台に山道を行くと、五智如来にたどり着きます。e0069615_12125778.jpge0069615_12137100.jpg
五智展望に着きました。宇曽利湖が目の前です。戻る途中からの総門付近!e0069615_1213175.jpge0069615_12132789.jpg
地獄谷を通り険しい道を超えると一番高い?延命地蔵尊に着きます。なんとも、有難いお地蔵さまでした。ここでグルット一回り山門近くに帰って来ました。
では、お風呂にでも入いって行きましょうか!
[PR]
# by van-shop | 2017-06-22 12:15 | | Comments(0)
オーマの休日!その2、下北国定公園恐山冷水を飲み、釜臥山展望台で陸奥湾を見る
十和田市でB級グルメの十和田バラ焼きを食べ、東北町で日本中央の碑保存館を見学!
e0069615_114045.jpge0069615_1141036.jpg
次は!と、奥州街道(国道4号)を北上する6名のおっちゃん達、野辺地ICで降りますe0069615_1142074.jpge0069615_1142889.jpg
国道279号、はまなすラインを走行!並走する、はまなすベイライン大湊線の踏切を風力発電の風車を見ながら渡ると、左手に陸奥湾が現われました。向うに見えるは椿山かな?e0069615_1143811.jpge0069615_1144774.jpg
この辺で、給油しときましょう!むつ大曲セルフスタンドに入りました。e0069615_1145542.jpge0069615_115394.jpg
32.9L給油!3983円、リッター121円は安い!400Kmは走ったと思います。この車体に大人6名乗車でこの数字は流石にエコカー、私のジェミニより燃費がいいe0069615_1151213.jpge0069615_1152213.jpg
次の目的地に移動。むつ市を一望できると言う事で、細い山道を釜臥山に向かいますe0069615_1153290.jpge0069615_115433.jpg
途中に定期的な距離に町目石が見られます。町目石とは昔の時代に、信仰登山などで行き来する登山者が目印と出来るよう、1丁(109m)間隔で目印となる石を設置されている。ここに有る町目石には四拾壹丁と有ります。恐山まであと 4.3Kmと言う所かな?e0069615_1155191.jpge0069615_1155991.jpg
冷水峠、ここは下北交通のバス冷水停留所、シーズン以外には一日数本。ここで降りると次のバスが来るまでには恐山に歩いて着いてしまう程。恐山冷水(おそれざんひやみず)の湧き水は遠い昔から恐山に参拝する人々の喉を潤す役目を負っていた。3本の桶から流れ出る水を「不老水」と呼び、この水場を霊場の入り口とみなし手水舎の役割も、この峠を俗界と霊界との境としての説も有る。
e0069615_11689.jpge0069615_1161564.jpg
ちょっと喉を潤して、恐山と下北半島の最高峰釜臥山(879m)へ、かまふせパノラマラインを通って向かう後方には陸奥湾が広がってます。ゲートを抜け頂上の駐車場にe0069615_116244.jpge0069615_1163345.jpg
北側の遠~くに、津軽海峡?西側には竜飛岬方面ですが、山の上の電波塔の山で見えないe0069615_1164322.jpge0069615_1165366.jpg
遠くに薄っすらと、北海道らしき陰影?展望台に行ってみましょう!e0069615_117260.jpge0069615_1171011.jpg
釜臥山展望台です。絶好の夜景ポイントだそうです。なるほど!陸奥湾とむつ市の明かりが函館の100万ドルの夜景?の様に見えるでしょうね!昼間でも十分綺麗です。e0069615_1171953.jpge0069615_1172872.jpg
屋上に上がってみました。徒歩で行ける隣の山の上まで行くと360°パノラマの視界が広がっているそうです。ここで十分!むつ市の遠く向こうに尻屋崎まで見え、津軽海峡と太平洋それに陸奥湾が綺麗に見えました。因みにここから望むむつ市街の夜景は、宝石をまとったチョウの様に見える所から「夜のアゲハチョウ」と呼ばれているらしいe0069615_1173699.jpge0069615_1174690.jpg
雨男和尚のジンクスも無く、天候に恵まれ釜臥山展望台の景色を十分に楽しみ下山。e0069615_1175537.jpge0069615_118610.jpg
下山途中!恐山展望台で次の訪問地、恐山を見て見ましたが、山の影で見えませんe0069615_1181414.jpge0069615_1182530.jpg
微かに、宇曽利山湖が見えます。さ~!次は、現世と来世を繋ぐ場所「恐山」です。
[PR]
# by van-shop | 2017-06-21 01:21 | | Comments(0)
オーマの休日!その1、十和田バラ焼きをたべ、日本の中央に立ちました
VAN shop 仙台のお客様5名+私の6名で、山形の和尚さま命名のオーマの休日に出発
e0069615_322357.jpge0069615_323423.jpg
私も張り切って、スニーカーを新調。お得意のパトリックです。H山さんのトヨタ、ヴェルファイア・ハイブリット4WD、7人乗りでシートもユッタリ豪華室内ですe0069615_324451.jpge0069615_325328.jpg
山形の和尚様とN実さんは私の家に集合で迎えに来てもらい、途中、S藤さん・T橋さんを拾って、青葉山トンネルを通って仙台宮城ICより東北自動車道に入ります。e0069615_33240.jpge0069615_331281.jpg
7時20分に仙台宮城、9時20分に盛岡も通過して岩手山SAで小休止、また北上!e0069615_332058.jpge0069615_333276.jpg
広くてゆったりの車内、9時40分には安代JCTに来て、八戸道に入ります。e0069615_334146.jpge0069615_335157.jpg
10時25分には八戸JCTで久慈・三沢方面に入りました。仙台を発った時は快晴でしたが、岩手県に入り曇りとなった天候が、青森に入った途端晴れ間が出て来た。よし!e0069615_34262.jpge0069615_342296.jpg
この辺は片側1車線の交互通行区間!八戸北まで2Km、も少しで追い越し車線に出るe0069615_34376.jpge0069615_344666.jpg
下田・百石ICです。ここで降りました。時刻はまだ10時35分昼飯には早いか?e0069615_345790.jpge0069615_351317.jpg
国道45号線に出ました。お昼ご飯を食べる為に十和田市内に立ち寄りです。e0069615_352750.jpge0069615_353699.jpg
11時丁度に十和田市に入りました。昼飯には良い時間です。大昌園と言うお店ですe0069615_354928.jpge0069615_36033.jpg
今回の旅行のコンダクター?S藤さんご推薦の、B級グルメ?十和田バラ焼きのお店。e0069615_361225.jpge0069615_362026.jpg
バラ焼きセット800円と有りますが私が大盛りと言ったので対象外になりました?e0069615_363123.jpge0069615_364159.jpg
牛バラ肉と沢山の玉ねぎを厚い鉄板の上で醤油ベースの甘辛いたれを掛けて煮込む?焼く?炒める?の料理です。玉ねぎが透き通ったらOK!私はレア好き、お先に失礼!美味し~い!ご飯が進む。皆さん満足してました。他に豚とか馬とかも有るそうですe0069615_37172.jpge0069615_373549.jpg
皆さん気になってタレを見てました。お土産にどうぞ!「ベルサイユの薔華ったれ」と書いて有ります。誰か買ってたかな?確認してなかった。e0069615_375592.jpge0069615_38467.jpg
十和田市を後にして国道45号線で七戸向かい国道4号線にで北上です。e0069615_381278.jpge0069615_382272.jpg
H山さんのご推薦で東北町、国道4号線沿いの「日本中央の碑歴史公園」を皆で訪問!e0069615_383362.jpge0069615_384355.jpg
「日本中央」、正確には「ひのもとのまなか」と読むそうです。何で?ここが日本の真ん中?と・・・まだまだいろいろな説が有り、解明されていないようです、地元のロマンですね!オホーツク海の北方領土以北も含めればアバウト真ん中ら辺かな? e0069615_385635.jpge0069615_39730.jpg
昭和24年の発見された日本中央の碑、高さ1.8m、幅0.8mの石碑には「日本中央」の4文字が刻まれていました。平安時代に坂上田村麻呂が朝廷の力を示す為に、弓の両端の弦を留める金具で刻んだ説や、西行法師らが和歌に詠んだ「つぼのいしぶみ」であるという説が唱えられています。皆、真剣に見入ってました。
[PR]
# by van-shop | 2017-06-20 03:18 | | Comments(2)
91年式VWゴルフ2・19RVの修理、その2・マフラーその他色々?
あまり走らない91年式のVWゴルフ2、エンジンを掛けても動かさない支障が出ています。
e0069615_0563313.jpge0069615_0564845.jpg
今年の11月に車検を受けるであろうと、今から整備しておくのも有り!とドライブシャフトブーツの交換はしました。オーナーからも指摘が有った、問題はマフラーです。 e0069615_057083.jpge0069615_0571616.jpg
引き取ってちょっと走り込んで覗いてみれば・・・消音器 パイプが飛び出ている!ガンガムや溶接の範囲外!部品交換しかないのだ。オークションで探すもディーゼル車用は有るがE-19RV用は見当たりません。ならばと新品で同じ形状の物が社外品として有ったのでこれにオーダーを掛けました。イギリスから来るらしく7月中旬頃の入荷だそうです。オーナーのN倉さんが来るのがお盆辺りと言ってたので、間に合うかな?勿論!車検には間に合う。e0069615_0572758.jpge0069615_0573637.jpg
色々と車検整備を行っているうちに、問題点が発覚!右前照灯のハイが不点灯バルブかな? e0069615_059496.jpge0069615_0592250.jpg
エンジンルームからはエアクリーナーBOXが邪魔で本体ごと外しました。確かに切れてました。がしかし交換しても不点灯?色々と調べて行くうちになんだ!ヒューズが見にくいけど切れてます。ヒューズが切れていると言う事は、過電流で問題あり。リレーを増設して対処しました e0069615_059382.jpge0069615_0594894.jpg
次に車検にはあまり関係ありませんが、水温計があまり上がらない?サーモスタットを交換する事にしました。これが厄介な所に有ります。コンプレッサーとパワステポンプの狭い間 e0069615_0595741.jpge0069615_10429.jpg
色々段取りを考え、下からしかない!まずはパワーステアリングポンプを外し、その台座を外しまし。これが一番厄介で一本のボルトが本体に隠れてなかなか外れてこない e0069615_101335.jpge0069615_102287.jpg
やっとのことで台座が外れ、サーモスタットハウジングが出て来ました。そこを外します e0069615_103480.jpge0069615_104324.jpg
エンジンは冷えているのですが、意気良い良くラジェター水が噴出してきました。e0069615_105299.jpge0069615_11086.jpg
サーモスタットが出て来ました。交換用の新品のサーモスタットとОリングです。e0069615_11939.jpge0069615_111790.jpg
先ほどと反対にサーモスタットを取り付けサーモスタットハウジングを固定します。 e0069615_112597.jpge0069615_113653.jpg
パワーステアリングポンプと台座を取り付け、新しいクーラント液を入れ、エアー抜きをしました e0069615_114843.jpge0069615_12013.jpg
この際だからと、リヤブレーキも確認した方が良いかな?と外してみました。外すのに注意点はボルト穴からドライバーを突っ込んで自動調整機構を解除してやれば簡単にドラムが外れて来ます。ブレーキシューの残も有り、綺麗でした。簡単な清掃で大丈夫な様です。 e0069615_1294.jpge0069615_121943.jpg
アウターベアリングに手の平でグリースを満遍無く押し込み、ナットに割りピンを入れ 完了e0069615_123229.jpge0069615_124093.jpg
タイヤも、スタットレスを履いていたので、夏用のタイヤを持っいて来て履き替えています e0069615_125519.jpge0069615_13523.jpg
ここまで来ると、外観?バンパーの白バミが気になり、樹脂専用の復活剤でお色直しです e0069615_131270.jpge0069615_132649.jpg
効果覿面!使用前使用後?ハッキリ見て分かるくらいの違い!気を良くして全体の樹脂を e0069615_134167.jpge0069615_135317.jpg
話を聞くと、エンジンオイルもしばらく交換した事が無いと!オイルフィルターエレメントと添加剤を持参でガソリンスタンドで交換して貰いました。この年代なのでオイルは鉱物油に添加剤を(この添加剤はジェミニも入れて体感で来た代物)入れてます。e0069615_141118.jpge0069615_142434.jpg
ガソリンを満タンに入れその際、ガソリン添加剤ワコーズのフュエル1も入れて見ました。多分この添加剤はインジェクションの清掃で、この車には良い結果が出ると思います。ひとまず、N倉さんの車庫にVWゴルフ2を戻して置きました。マフラーが手元に来たら、また取りに行って交換しますね!
[PR]
# by van-shop | 2017-06-15 01:06 | car | Comments(0)