空冷VWエンジンの製作にこんなに手こずるとは?
連休で、粗方エンジンの組み付けは出来上がりました。が!肝心な最後の仕上げが残ってます。
e0069615_19594881.jpge0069615_19595852.jpg
先週の定休日はジェミニで憂さ晴らし?計器類も借りたし、そろそろ、今日で完成させないとな!e0069615_200871.jpge0069615_2001767.jpg
多分?このままでもエンジンは始動はする自信(自信過剰)は有りました。でも、長い期間、快調に動く為には正規のクリアランス調整が必要です。今回、新しいエンジンを作る事になった要因にクランクシャフトの遊び(バックスラッシュ)の不良?が有りました。今からその調整に入ります。e0069615_2002691.jpge0069615_2003637.jpg
まずは未調整で手で引っ張ったり、押したりで・・・?いいんじゃないの?(アバウトな私OK!)でも折角、VW仲間のお~!さんから精密計器をお借りしているのだから、とことんチャレンジです。まずはフライホイールに磁石付きのマウントでマイクロ・メーターを固定、先をエンジン本体に付け、メーターを0に合わせます。で、クリアランスは0.1mm?手では感じ取れなかった値、恐るべし e0069615_2004476.jpge0069615_200573.jpg
横方向のクリアランスはノーマルが0.06~0.14mm、チューニング・エンジンで0.08~0.1mmの基準値とあります。このままで十分なのですが、ここまで来たなら、経験の為にトライです e0069615_20165.jpge0069615_2011478.jpg
クリアランスの調整方法はフライホイールと本体の間に入る3枚のシムによって行います。VWショップなら厚さが何種類ものシムを持っているだろうけど、私は限られた7枚のシムの組み合わせしか出来ません。マイクロゲージも駆逐して、この中で最良の3枚を選びます!紙に書いて算数? e0069615_2012475.jpge0069615_2013245.jpg
計算上これで良いだろうと、取り付け、計測・・・・・0.18mm?あれぇ~?少なくなるはずが増えてる!計算を間違えたか?これじゃ駄目だ、やり直し!結構、フライホイールの脱着は大変です。今回、スペシャル・ツールのトルクマイスターを借りて有ったから、簡単にセンターボルトを36kg/mで締め付ける脱着作業が出来ますが!無かったら、無理!スペシャル・ツール様々です。e0069615_2014135.jpge0069615_2014921.jpg
う~ん?これでもか、これではどうだ?何回、組み込んだでしょう!ハマってしまい、短時間で終える予定が半日を費やしてしまいました。結局のところクリアランスは0.06mmで納まりました。e0069615_2015839.jpge0069615_202693.jpg
これで一応、エンジンの完成です。やっとボデイと合体だ。以前のエンジンなら組み込みは簡単にパコン~!と合体するのですが、今回は相性が悪いのか、なかな合体してくれません!手こずりながら何とか組み込み成功!積み込み完了です。ふ~!長かったな~!ちゃんと動いてくれよ e0069615_2021643.jpge0069615_2022432.jpg
セル・モターやら電気系統の配線、燃料系の取り廻し 、諸々の取り付け、本日の作業終了!
この時点ではまだ、エンジンに火が入っていません!実際、今は通勤で稼働中です。今日は台風18号でジェミニで出勤です。この後もまだまだ問題点が発覚! まだまだ続きます。(/_;)
[PR]
by van-shop | 2009-10-08 21:34 | car | Comments(2)
Commented by お~ at 2009-10-09 15:41 x
0.06~
焼き付くんじゃないの?
0.09って言ったじゃない!
Commented by van-shop at 2009-10-09 16:17
大丈夫!・・・多分?
クランク、手で回るし、
ホコリ(?)の分狭く取った。
ノーマルの規定値内だし。
<< いよいよ、慣らし運転?回転押さえろ! ジェミニでお出掛け 後編です。... >>