<   2006年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧
来店車?
1998年製でマウンテン・バイク・ダンヒル、スノーボード、チャンピオンのショーンパーマーが契約ライダーだったスペシャライズドのワークス・マシーンのレプリカ(アメリカ製)MTBです!
e0069615_21323760.jpg
ダウンヒルレーサー・ショーン・パーマーのモデルで仙台のスペシャル・ショップ(二輪工房佐藤)にてフレームから組んだ物です。これは、日本に21台しか入っていないらしいです。オーナーもこれの他に4台のスペシャライズドを所有!相当な金強者です!   下がそのロゴマークです。
e0069615_21332475.jpg
マウンテン・バイクの定義は荒野、山岳地帯での高速走行、急坂登降、段差越え等を含む広範囲の乗用に対応して軽量化並びに耐衝撃性、走行性能及び乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車を言います。街中を格好良く通勤に使う人も増えてますね!e0069615_21333845.jpge0069615_2134056.jpge0069615_21341284.jpg
*悪路、荒地での安定の良いフラットハンドル  *サドルの調整幅が100mm以上と広く軽量で衝撃に強い頑丈なフレーム  *泥詰まりしにくく制動力に優れた カンチレバー形キャリパー・ブレーキ  *車輪経が24又は26インチで幅が1.5インチ以上の太いブロックパターンのタイヤ  *ワイドレンジのチェンジ・ギア一般に18~27段変速(シマノがチョイスされてました)e0069615_21342413.jpge0069615_21343912.jpge0069615_21345078.jpge0069615_2135323.jpg
マウンテンバイクの発祥はなんとアメリカ!1970年後半カルフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で誕生したと言われてます。サイクルスポーツはヨーロッパの常識をくつがえしました。
[PR]
by van-shop | 2006-04-29 22:35 | car | Comments(0)
来店車?
1999年式のハーレー・ダビットソン ウルトラです!1450ccも有るんですよ。新車で300万円!
e0069615_22564093.jpge0069615_2257313.jpg
シンプソンのヘルメットに厳ついグローブを身に纏った、山形の和尚様のモンスター・バイクです。長めのスクリーンを装着、タイヤはVWタイプⅡより太いかも!(見たけど読み方が解らなかった)
e0069615_22571928.jpge0069615_22573151.jpg
6連メーターにカーステレオ?(カセット)付き   なんとバックギヤ付き、これだけでも30万円?この和尚様、相当なスピード狂!スーパーバイクを乗り継いでいます。この前はBMW、完成され尽くして面白くないとか(ロックを感じさせないのだそうです)。カワサキのモンスターにも時速300Kmも出るんだそうです?怖いの世界?通り越してますよね!坊さんが事故って命を落としたらシャレにならないですよね!余裕の安全運転でお願いします!(オート・クルーズ機能も有る事だし)
[PR]
by van-shop | 2006-04-23 23:40 | car | Comments(6)
河北新聞に載りました!
リスタート「団塊のあした」との題目で河北新報の4月19日版に大~きく、載りました。
e0069615_2111294.jpg
今、何かと話題の団塊の今後です、5回続きの1回目に私が登場!(えへっ!)団塊の世代が青春していた時のファッションとしてVANは欠かせなかったのでしょう。記者さんがVANについて取材している内に私の熱弁?に惚れて、出る羽目になりました。(やっぱり!出たがりなのかな?)私は団塊の世代では無いと思ってました、記者さんの話によれば片手?位つこんでるそうです。e0069615_2112565.jpge0069615_2113686.jpg
VANshopにも多くの団塊世代のお客様がいらっしゃいます!私が感じるのは、まだまだ元気が有ります!考えをしっかり持っていて、尚かつ行動力が有ります。ほんとカッコイイですよ!学ぶところ大です。(自分たちはいつまでも働くんだという意識があるように話を聞きます)リタイヤでなくリスタート良い響きだけど!余裕の定年退職ばかりでは有りません!再就職としても受け入れる所は?の問題も否めないですね!順風満帆か前途多難か分かれるところでは?
[PR]
by van-shop | 2006-04-22 21:54 | Comments(2)
来店車?
VW初代ゴルフⅠです!稀少な4ドアGTI!(こんなの有ったのね?)
e0069615_2245346.jpg
あのジウジアーロのデザインです。初代ゴルフは1974年VWビートルの後継車として全く違うRR(リヤ・エンジン。リヤ・駆動)からFF(フロント・エンジン。フfロント駆動)の型式に空冷から水冷の変更!エンジンを横置きにする事で効率的なキャビネットスペースを持って登場しました。世界中で大ヒット、フォルクス・ワーゲンの代表車となり、小型車の模範ともなりました。e0069615_22454914.jpge0069615_2246027.jpg
この車はゴルフ1の最終モデル1982年式1800cc直・SOHCのインジェクション。ゴルフの中でもGTIはホット・スポーツ・モデル。当時は正規輸入は無かったと聞いてます。昔、カー・グラフィックなどのインプレッションで驚異的な数字を見!どの位凄いんだろうと興味を持っていたのを思い出します。GTIは2ドアのみだと思っていた、が!でも4ドアが実在していたのでした。乗せて頂きましたがやっぱり違う。音、レスポンス、が今の性能には及ばないが、当時としては画期的な物と推測できる。私はゴルフⅠのサイズ、形が好きです。クラー?が贅沢な時代、三角窓はいいね~ぇ!赤のフロント・グリルに4燈、GTIのエンブレムが!別物で有ることを訴えてる。傑作車です!
[PR]
by van-shop | 2006-04-21 23:35 | car | Comments(2)
ジッポー・コレクターさんからプレゼント!
名古屋、在住のジッポーのコレクターのhozpeさんからジッポーとステッカーが送られて来ました。以前にこのブログでVANのジッポー紹介の時VANとジッポーのコラボレーション?ステッカーを載せました。それを見たhozpeさんが自分のHPに載せたいとメールを頂きました。VANコレクターの気持ちと同じなんですね!このステッカーは、hozpeさんにあるべきだ!と思い郵送しました。そのお礼にと手紙とこの2点が届きました。こんなやりとり気持ちが良いのでブログに書いてしまいました。http://hozpe.que.ne.jp/hcvp/zlrf.htmで見れます。ジッポーファンも多いんですね!
e0069615_1737981.jpge0069615_1737264.jpg
VANとzippoは切っても切れない縁が有ります、1970年の日本でVANが救世主として、ZIPPOライターの流行りに(火を付けた?)寄与しました。そんなコメントもJTのホームページhttp://www.jti.co.jp/sstyle/museum/special/room/22/04.htmlに書いて有りました。hozpeさんの手紙から引用させて頂くと、お礼にもなりませんが、ジッポーをひとつ送ります。  なるべくアイビーっぽい絵柄のものを選びました。1995年製のオーバーランものでペンシルバニア州ビバーカウンティにある、ハンティングなどのスポーツ組織のジッポーのようです。オーバーランもの、というのは、ジッポー社が企業などから受注して作ったジッポーの、製造過程で出た余分のもので、受注先に渡らずにジッポー社が「横流し」して販売したものです。そのため、オーバーランものは一般には手に入りにくい、レアなものが含まれています。
本当に有り難う御座います。素敵な出会いでした。日本人、まんざらでもないですよね
[PR]
by van-shop | 2006-04-18 18:51 | van | Comments(3)
仙台の桜、開花宣言!我々も~?とばかりに!
やっと!春らしい日差しになって来ました。とゆう事で、久しぶりの日光浴で~す!
e0069615_23453355.jpg
結構お店の中には観葉植物がいっぱいです。たっぷり日光と水をやりました。緑の色が違うね!e0069615_2346204.jpge0069615_23464072.jpge0069615_23465755.jpg
    *わからない草?*      * VANのバナナツリー*      *エバフレッシュ* 
店内には床に、カウンターの上に、ディスプレーにとポトスやパキラにアイビーがさり気なく置いてあります。一番多いのはポトス(東南アジア及び南太平洋諸島、サトイモ科)繁殖させるのが容易なので増て(成長し過ぎるとカッコ悪いね?)来ました。パキラ(メキシコ、中米バンヤ科)も長い住人、来た時の5倍に伸びました。アイビー(名前が良いね!)沢山種類が有る様です。ポトス同様、育てるのも容易、伸びすぎるとみっともない?最近入荷したのが大物でエバフレッシュ(南米、南アフリカ、アマゾン産のマメ科)この木は葉が夜になるとしぼんで寝ているんですよ!(カワィ~イ!)本物にまじって、VANの内見会のお土産(バナナツリー)バナナはバショウ科に属する植物木の幹の様に伸びているのは実は木でなく仮茎と言うそうです。本当の茎は地下に有って球形をしていて株と呼ばれてる。要するにバナナは木でなくて大きな草なのです。生き物はぃい~!e0069615_23472640.jpge0069615_23473960.jpge0069615_23475331.jpg
*アイビーと何だかの木?*        *ポトス*            *パキラ*
[PR]
by van-shop | 2006-04-16 00:48 | van | Comments(0)
VANのエンブレムが、パリ・コレクション進出?
服飾辞典によればエンブレム[Emblem]とは、(象徴)(マーク)(記章)などの意味であるが、主としてブレザーの胸ポケットに配するマークの事を言う。と有りました。IVYの世界では3釦、段返り、中1つ掛け、ナチュラルショルダー、パッチ&フラップポケットのブレザーにエンブレム付きが常識で、昔は色々IVYクラブが独自のエンブレムを胸に付けてました。(やはり付けるなら胸はアウトポケットでないとね!)VANのエンブレムはその基礎となりよく見本として使われました。         ・昔ながらのVANのエンブレム・         ・重厚なKentのエンブレム・
e0069615_22581635.jpge0069615_22583678.jpg
去年からイタリヤのチョイ悪オヤジ系が流行りました。今年からは悪いオヤジは別としてイギリス系が流行りだそうです!で話は飛びますが?UKボーグ誌(ファッション誌)にパリコレ(2006-07秋冬)のソニア・リキュェル・コレクションにVANのエンブレムが使われていたそうです?VANもワールドワイドになりました!この秋冬はブレザーにセーターにエンブレム!流行りそうですよ!
http://www.vogue.co.uk/shows/photos/Default.aspx?showID=3059)で見れます!e0069615_22585316.jpge0069615_2259991.jpge0069615_22592469.jpg
エンブレムはⅠ型モデルが一番だと思いますが、Ⅲ型モデル(ノーベンツでⅠ型より幅広)にもなかなかお似合いでした。その時に付いていたのがVマークのエンブレムです。中程の写真は2000年冬の向かい獅子のエンブレム(稀少!)です。やはりエンブレムは厚地のフラノがいいですね
[PR]
by van-shop | 2006-04-12 00:04 | van | Comments(3)
車好きさ~ん!仙台の泉ヶ岳に集合!
今年、最初のイッミー集会?に参加(お店開店前時間のみ!)してきました。フルに居たかった!
e0069615_23295455.jpge0069615_23301196.jpg
泉ヶ岳スキー場駐車場で4月から10月まで毎第2日曜日10:30~14:30位までに、車のカテゴリー無く、好き勝手に集まる!会?県外からも参加が多くなりました、有名になったものだ!
e0069615_23302774.jpg
アルファロメオ軍団 こんなの仙台に有ったの?凄い車も来てましたね!e0069615_2331383.jpge0069615_23311552.jpg
さすが御フランス車オシャレ~!なシトロエン2台。    ベンツTDにシムカ!マニュアック~!
e0069615_23312910.jpg
ビート、ビート、ビートのホンダ・ビート軍団!楽しそうでした。e0069615_23314916.jpge0069615_23315913.jpge0069615_23321110.jpg
  ロータス・エリーゼ      とても綺麗なトヨタS800        ロータス・ヨーロッパe0069615_23322254.jpge0069615_23323263.jpg
残念ながら私はタイムアウト渋々山を下りてきました。帰り道とても稀少な車や色々な車とすれ違いました。さぞかし上では盛り上がるんだろうな!心にむち打って下りて来ました。途中、コンビニでお友達と遭遇、山は雪だよ!って言ってやった!チィクショ~!この集会も大きくなりましたね!
[PR]
by van-shop | 2006-04-10 00:21 | car | Comments(4)
MINIクーパーSの存続の危機!
西仙台ハイランド(1989年)でサーキット走行会でのスナップ!この頃は、元気有ったよね~ぇ!
e0069615_2123556.jpg
昭和44年初年度登録オースチン・ミニ・クーパー1300SマークⅡド・ノーマル仕様?       アウト・から抜いた?インから抜かれた?忘れた!(都合の悪い事はすぐ忘れる事にしている)e0069615_21231967.jpge0069615_21233049.jpg
左の写真は富士スピードウェイの305ミーティング(1981年)に参加この時初めてサーキット走行を経験した時の朝ゲートにて、仙台から自走!根性が有った。右の写真はスポーツランド・菅生の走行会(1991年)みんなを引っ張って行って、楽しかった。(抜いた瞬間?抜かれた瞬間?)e0069615_21235749.jpge0069615_2124893.jpg
元気な楽しい時でした?今は、ひっそりと自宅の隅に!そのうち車検を取ろうとウダウダして車検証を見たら12年が過ぎ(平成6年に満了)てました!何とかしたいな~ぁ!そうしたら、東北運輸局より自動車の永久抹消登録の催告通知が来ました。(1,あなたの所有名義車の車検切れ後3年経過で継続検査手続きが行われてません。永久抹消の手続きが必要です。)あわてて!電話しました。現車と車検証はまだ有りますね!の確認とこれから車検取得の意志を聞かれ、データの抹消はしないとの事で一件落着!しかし?1年以上エンジンに火を入れてないから、再スタートさせる時は、オイル関係や慣らし運転をキッチリしないと命取りになるな~VWタイプⅡ同様エンジン・オーバーホール何てク-パーの場合はごめんだ!ユーザー車検で検査は何とか出来ると思うけど!ボデーは大丈夫かな?宮ナンバーは継続したいし~!ブレーキは全部オバーホールだ!
e0069615_21242047.jpg
頑張れ!土に換えるな!何とかしたい!このままだと又、来年に催告通知が来る?エンジンでも駆けて様子を見るか?今年は手を掛けてやるか!
[PR]
by van-shop | 2006-04-08 22:40 | car | Comments(0)
来店車?
プリマス・ブルー色の1994年式クラシック・レンジローバー最終モデルです。第二次世界大戦終結、間もなくロバー社は1948年にアムステルダム・モーターショーでランド・ロバーとして発表されました。その3ヶ月後には販売(その年の生産台数はわずか48台)を開始しました。22年後の1970年に独自の世界と新しいプレステージを持つたレンジ・ローバーが誕生したのです。
e0069615_21534317.jpg
e0069615_215416.jpg
バンデンプラスには4200ccオールアルミ製のV8エンジンが搭載、最高出力200ps、最大トルク34.6kgmを発揮する。脇で聞いてるとアメ車?と勘違いする様な太い排気音がします。燃費はリッター3Km(うぇへ~)高速道で6Kmですって!満タン81リッタータンクだから400Kmは走るんだ!ガソリン代13,000円の出費は痛いですね!税金も高いでしょうに。ブルジョアでないと?e0069615_21544320.jpge0069615_21545646.jpg
内装(ウッド調で豪華)はさすがバンプラです。バンデン・プラスとはそもそもロールスロイスなどの高級車の内装を手がける20世紀初頭創業の名門コーチ・ビルダーです。私の知ってる所ではMINIに似たバンデンプラス・プリンセスと言うスモール・ロールス・ロイスと称された車が有ります。「ホテルのドアマンはベンツ等より先にドアに掛けた??」(小さくても車格は上!)といった逸話が有るそうです。豪華なんですね!レンジ・ローバーは英国王室御用達車ですからね!
[PR]
by van-shop | 2006-04-03 23:33 | car | Comments(2)