<   2006年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧
修理依頼???ウエスト出しですか?・・・
いらっしゃいませ~! (お客様)・・・実はお願いしたいことがありまして~  (私)はい!何でしょ? (お客様)修理お願いいたします。 (私)なんだべ? (お客様)これ! ・・・真新しい時計が差し出されました?? ここだったら出来ると思って!頼られちゃあやるしかない!プライドが?
e0069615_2384198.jpge0069615_2385188.jpg
内容は簡単、ベルトの短縮。母親のお土産(タグ・ホイヤーですね!)い~ごだ(方言)なので、ピカピカ新品!傷を付けたらとビビリながらトライ!よく見るとネジ式じゃなくて圧入式、特製治具を造り(画鋲の先をニッパーで切っただけの物)ピンを抜きました。調整の為少しずつ外しました。e0069615_239239.jpge0069615_2391317.jpg
結局は調整用を全部(6個)取り外しました。後はクリップの微調整ピンで調整完了!どうです?ぴったりでしょ!この時計アラーム付き!まさに、目覚まし時計と同じやり方なんだね!ナ~ンダe0069615_035386.jpge0069615_04694.jpg
お礼に?(先に頂いてました)VWタイプⅡのミニカーを頂きました。GAMA-MINIウェスタ~ン・ジャァマニー製?1:42で珍しい物の様です。かぇって、恐縮です。飾らせていただきま~す!   何と前日にはミニカーショップのマスターKさんからもモーリス・ミニ・クーパーS・MK-Ⅰジョン・プレイヤー・スペシャルのミニカーを頂きました。こちらもレア物!トミカのDANDY1:43です。こちらもディスプレーに飾ります。VANshop仙台のGケースの中は宝の山?是非、見に来てくださ~い
[PR]
by van-shop | 2006-09-30 23:43 | van | Comments(0)
VWタイプⅡのスペア・タイヤのホィール交換?
昨日も雨!車に触れなかった!以前にやった事を書きます。私のVWタイプⅡにはスペア・タイヤが有りませんでした。得意のオークションにてタイヤ、ホィールをバラバラに入手しました。常時装着のホィールは白塗りのテッチン(鉄製)ですが、安かったのでとメッキ・ホィールを選択!サイズも5.5JJ、これがまずかった!タイヤのサイズは165/82/15。ホィールの巾が広過ぎてチューブレスのタイヤに空気が入れられない?行き付けのガソリン・スタンドに駆け込み、ひっぱり棒?(ゴムの輪)でタイヤを膨らませました。ホィールとタイヤの間を埋め同時に押し出されるアイデア物です。四苦八苦で作ったのですが、VWタイプⅡのスペア・タイヤ収納場所は?運転席のベンチ・シートの裏に有りますが。タイヤが太すぎて収まり切れませんでした(無理矢理押し込めていた)しばらくこのままで(運良く使うこともなく)。このたび、白の4JJテッチンを手に入れたために交換と相成りました。今回もアルミ・ホィールで無いので自分で脱着にトライ。傷が付いても良いように裏側から、今回の空気入れはスムーズに進行、でも!バランスはプロにお願いいたしました。
e0069615_2156441.jpge0069615_21561745.jpge0069615_21563059.jpg
VWのホィールは5穴で特殊ピッチ、バランスを取るのにアダプターが必要となります。トラック用のアタッチメント?で何とか計測出来るようです。計器に出てますが内、外側が0を掲示、完璧です。(スペアだからいつお役に立つのか?)夏用は15インチ、冬用は14インチにダウンさせています。e0069615_21564093.jpge0069615_2156502.jpg
やっぱり、プロの技は凄いです!お金、取るだけ有る!先行投資している?からね。
[PR]
by van-shop | 2006-09-28 23:12 | car | Comments(0)
来店車?VWヴァナゴン タイプⅡのひ孫の子供?
1995年式VWヴァナゴンです。我がVWタイプⅡの子孫の親戚?ですかね!大きくなっちゃて!
e0069615_20333740.jpg
ファミリー向け乗用車や商業用バンとして成功した初代タイプⅡ(私の!)その誕生40周年となる1990年に日本ではヴァナゴンと呼ばれる1BoxのVWとして4代目となるモデルが登場しました。最大の特徴は駆動方法がRR(リヤ・エンジンのリヤ駆動)からFF(フロント・エンジンのフロント駆動)に配置。その為、ボディ前側にボンネットが少し出っ張り1.5Boxカー・スタイルになった。e0069615_20334947.jpge0069615_2034016.jpg
計器、ハンドルはVWゴルフ3に似ている感じ?7人乗りの室内を見渡すと背もたれを倒す事でテーブルに早変わりするセカンドシート、RRの為サード・シート後方のラゲージ・ルームを低床にする事によりリヤ・ハッチからの荷物の出し入れが可能になった!(タイプⅡはエンジン・ルームです)
e0069615_2034912.jpg
私のタイプⅡは1ナンバーですが、ヴァナゴンは大きいですね!全長4230mm全幅1740mm高さ1870mmのタイプⅡに対して全長4655mm全幅1840mm高さ1965mmとふた周りは大きいのでは?エンジンも直列5気筒SOHC2460cc110/4500ps/rpm4速ATです。タイプⅡの1.5倍!タイヤ・ホイールは15インチ同じだ。当然、水冷だからヒーターも利くんでしょうね!
[PR]
by van-shop | 2006-09-24 21:26 | car | Comments(5)
来店車?ホンダのスーパー・バイクです。
1300ccエンジン搭載の精悍で迫力あるフォルムのカスタム・スポーツ・バイク「ホンダX4」です
e0069615_20244392.jpg
X4は95年の第31回東京モーターショーに参考出品され!「パワード・カスタム」をキーワードで開発のスポーツ・バイクで大好評のモデルでした。97年に大型自動二輪クラスでNO1の登録台数を誇りました。私の頭の中ではホンダの最高峰はCB450です!X4は3台分?信じられませんe0069615_20245495.jpge0069615_2025447.jpg
エンジンは水冷、4サイクル、DOHC、直列4気筒、1284ccでVE型(メインボア36mm)キャブレターを採用で吸気系と極太マフラー採用で高い排気効率を図ってます。来店車は本来極太2本マフラーをスーパー・トラップの4本出しに交換しています。低速から高速まで太いトルクが有りそうe0069615_20251626.jpge0069615_2025264.jpge0069615_20253688.jpg
燃料タンクにはデジタルで燃料計と水温計が付いてます。マフラーは皿を重ねて調整のスーパートラップの4本出し!私はこのスパートラップは余り好みでは有りません!静かで早いのがカッコイイと思うのですが!でも、効率はイイと聞いてます。タイヤは前が120/70ZR-18、後ろが190/60ZR-17太いです、アルミ・ホィール履いてる!全長2330mm因みに、私のスカッシュは1280mmです。1mも大きい!最大トルクはスカッシュは3psに対して100 ps/6500!排気量26倍で33倍の馬力、余裕ですね~ぇ!バイク好きのオーナーはCB750からレベル・アップしたそうです。ホンダ党でしょうか?昔、CB125に乗ってました、当時、ツインマフラーに憧れて、(でもタコメーターはCB250以上でないと付かなかった)乗り心地は、丸太ん棒に跨っている様だったな?でも、黒い車体にメッキ、また乗りたいです、クジラ・タンクのCB450なんかおしゃれ~だ!
[PR]
by van-shop | 2006-09-23 21:32 | car | Comments(4)
VWタイプⅡの冬支度?です。
オーバーヒートの心配(全然してない)も無くなって来た季節です。ヒーターの取り付け?しました。
e0069615_084050.jpge0069615_091634.jpg
空冷VWは強制的にシリンダーへ空気を当てて冷やします。夏の間はより強力にする為にヒーターへ送る風を塞いで居ました。それも愛嬌にジュースの缶の底を切って作りました。カラフルで楽しいでしょ!チョット朝晩が寒くなって来たので、そろそろヒーターの準備に取りかかりました。e0069615_093489.jpge0069615_094417.jpge0069615_095564.jpg
両側の黒いジャバラホースがファンから風を引き込みます。風は、その先のヒートイクスチェンジャーに送られ排気の余熱で熱風を作りだし中央の床下ホースを通って運転席の足下から排出されます。秋口は結構の暖房に感じますが、真冬の寒さでは車外に出た時に違いを感じるくらいです。デホガー(曇り止め)の役目はほとんど皆無!乾いたタオルでゴシゴシ!三角窓が利きます。
e0069615_0105922.jpg

吹かすと、結構の風量は有るのですが、熱量が足らない?やはり水冷の凄い!ヒーターは火傷するぐらい熱いですよね!暖かい風が出るまで時間もかかる、でも無いよりはまし、用意万端!
[PR]
by van-shop | 2006-09-22 00:49 | car | Comments(3)
来店車? ルノー セニックです!
2001年式ルノーのセニックRTXです。前回来店車、ルノーメガーヌの一代前?モデル
e0069615_20535721.jpg
ルノー・メガーヌから派生したミニバン。1997年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝きました。98年に学習機能付きの4速ATの小変更で車名もマガーヌ・セニックから”セニック”に改められ、2000年に大幅なマイナー・チェンジを経て日本に初上陸致しました。日本向けには直列4気筒2000cc、可変バルブタイミング機構の採用で出力アップと燃費の向上がはかられています。e0069615_20541120.jpge0069615_20542352.jpg
自分の頭の中は、イギリス車とドイツ車がいっぱいなんだけど、何か?この頃、フランス車の登場が多いみたいですね!こちらのセニックのオーナーの方は山形からの来店です。この他にもルノー・トィンゴも乗ってます。奥様はBMWの真っ赤のミニ・クーパーS(娘さんに買った)で現れました。定期的に(頻繁に)来て頂いてました。お堅い仕事だと言うことでしたが、最近、頭を丸めて来たと思ったら、またまたそれ以上に固い?お坊様家業を継いでました。山形はハーレー乗りのお坊様が居たり、お洒落なお坊さんが多いみたいですね?宮城のお坊様も負けるな~!VANshopでお洒落しょ~?話は変わるけど、この頃の定休日、雨ばかりでストレス満杯!修理したいよ~
[PR]
by van-shop | 2006-09-19 21:39 | car | Comments(3)
来店車?女性ライダー、登場!
YAMAHAのビジネス・モデルYB-50で来店なされた方は、なんと!素敵な女性ライダー。
e0069615_21463471.jpge0069615_21464618.jpge0069615_21465630.jpg
旦那様のスラックスをお忍びでお買い求めにいらっしやいました。原チャリで!でもYB-50をさり気なく乗りこなす、アライ?のヘルメット、ただ者では有りませんね?スピード・メーターと燃料計は別物に変えてるそうです。センスいいですよね!因みに、YB-50は空冷4ストロークSOHC、49cc、4段リターン変速のクリーン・サイレント・エコノミーのレトロ・ティストと現在の走りが味わえる、バイクだそうです。燃料タンクは7.2Lも入るですね!私のスカッシュの5倍?燃費も良さそうだ。e0069615_2147718.jpge0069615_21471837.jpg
先日、お店でかなり遅くまで残業!深夜に帰ろうと、いつもの様にVWタイプⅡに乗り込みました。エンジンは、何ともなくスタート!店を出て100m位でエンジン・ストール。再起動不能に見回れ、なんとか手押しで元に戻しはしましたが、その間、色々と考えました。キャブが怪しい!でも?少し位は掛かっても??何となくひらめいた!カットオフバルブかな?端子を取り外して調べたら、いつもよりカッチンの音が小さい、これだ!でも今はどうしょうもない!仕方なくタクシーで帰宅致しました。翌日、出社前に馴染みのショップで部品調達、新品3900円(安くて助かったと思った)で有りました。ショップのスタッフが高いですね?と言うので、うん!高い、って言ったら、程度の良い中古有りますよ!って。500円で済んじゃった!大助かり、ありがとうございました~!で、閉店後、早速に取り付け、始動?やりました~!何のことなくアイドリングします。こんなんで直りました。
[PR]
by van-shop | 2006-09-15 22:58 | car | Comments(2)
06F&Wサンプル受注会、開催中!
今シーズンF&W、VANのテーマは「PERFECT HOLIDATS」大人の男!旅、スタイルです。
e0069615_21183856.jpg
VANshop仙台、店内は新作でいっぱ~い。今年もVANらしさ盛り沢山です。24日までだよ~!e0069615_21184971.jpge0069615_2119066.jpge0069615_21191568.jpg
今年はカメラマン・コートとドンキー・コートが復活しました。ご来店のお客様にもドンキー・コートの評判がいいです。2,3年前のスパニッシュ・コート同様、マニア向けですかね!復活と言っても、Vゾーンが浅い、ショールカラーのニットが小さいなど昔の物とはだいぶ違う感じがします!カメラマン・コートも流行りましたね、これも昔とはニアンスが違う!でも、今なら、こちらでしょう!変わらないのが定番のスタジャン!でも!身ごろが紺と黒しか製品としては有ません。ここで、朗報です!赤のスタジャンを受注生産します。サイズもS、M、L、LLついでに、紺、黒のスタジャンもSサイズを受注生産(女性にお勧め)します。9/24の締め切り日までご予約下さい!12月にお届け予定です。価格は45,150円。写真右端は、丸VANリングです、リングも注文を承ります。大(12mm)サイズ15~25号16,800円小(9mm)サイズ9~16号12,600円共に素材は925シルバーです。お渡しまで一ヶ月掛かります。私も両方作りました、大きからず小さからずで、ドレスにもカジュアルにも行けます。小を小指にと思いましたが、さすがに2個はやりすぎ、大だけです。
[PR]
by van-shop | 2006-09-14 22:24 | van | Comments(0)
2006年秋、冬サンプル展示受注会!
VAN shop 仙台で9/14(木)~24(日)に秋・冬物サンプルを見ながらの受注会、開催!
e0069615_22473375.jpg
     是非ともお誘い合わせの上ご来店下さい!お待ち致しておりますe0069615_22482641.jpge0069615_22484797.jpg
今年の注目色カーキ、オレンジです。それにマーカー・ピンのセット、車のイラストが可愛いです!e0069615_22491167.jpge0069615_22493091.jpg
アクシデント勃発!焦りました。いつもの如くDM製作してたら、印字の段階(半分は出来てました)でプリンターが壊れて(壊したが正しいのかも?)パニックってました。カラー・インクの交換でインクのデーター読み取りチップを傷つけてしまいました。いつもの様に直そうとバラしては見た物の、直すのではなく交換しかないみたい?サービス・センターへ依頼しました。B型のプライドが、ガタガタと崩れ落ちました(くやし~ぃ)。残りは友人にプリンターを借りて一件落着!今回の事で、プリンターのありがたさを強く感じました。部品さえ有れば何とか直せるのに~、ボソッ!
[PR]
by van-shop | 2006-09-13 23:30 | van | Comments(0)
来店車?来ました来ました!HONDAのスポーツ800です!
山形からわざわざご来店有り難う御座いました。赤のボディが綺麗でした!最高の程度です。
e0069615_2238330.jpg
1962年第9回全日本自動車ショウーでホンダ・スポーツ360/500がデビュー1963年にスポーツ500は459,000円の破格値で発売(軽規格のスポーツ360は市販されなかった)!1964年にスポーツ600に発展、第2回グランプリGTー1レースで優勝!1966年にスポーツ800へと進化した。この写真のS8は1966式、初期モデルですが40年も前の車には見えないです。e0069615_22382462.jpge0069615_22383811.jpg
ボンネット右側にオッパイちゃん?はS800の特徴です!ロング・ノーズ、ショート・デッキにメッキ・バンパー良い時代のスポーツ・カーです。S500時代はオープンモデルのみでしたがS600、S800にはクーペも作られました。現在の軽枠と同等!今出しても売れるんじゃな?このままでも!e0069615_22384878.jpge0069615_22385954.jpge0069615_2239948.jpg
3本スポークのウッド・ステアリング、大きなタコメーターとスピードメーター、セミバケットシートの古典的スポーツ・カーです。ホーン・ボタンはステアリング中央でなく、ダッシュパネルの飛び出た上下するスイッチ!昔、よく面白がって鳴らしてました。ホンダが量産カーとしてはケタ外れの高度な技術を注いだ水冷4気筒791ccDOHC4連キャブのエンジン搭載!高回転、高出力の為の技術が駆使されていた。サスペンションはフロントがダブル・ウィシュボーンにトーションバースプリング。リヤにはS500~S800初期まで、チェーン・ドライブ機構のケースにトレーリングアームを兼ねさせるユニークな物でした。、後にライブアクスルに変更されました。この車はチェーン駆動(右側の写真)です。乗ると発進時にお尻が先に発進しそうな感覚を思い出します。オリジナルでこんな程度の良い物は初めてです。今度はフル・オープンでいらっしゃって下さい!恥ずかしがらず。
[PR]
by van-shop | 2006-09-06 00:00 | car | Comments(3)