<   2008年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧
さ~!お盆休み計画実行!その7 盛岡で給水?
この旅の事前にVWタイプⅡの修理はしましたが、かなりの強行軍!ここでゆっくり休めました。
e0069615_21213933.jpge0069615_21215373.jpg
昨年もこのコースを帰りに選びました。空いていて気持ちが良いです。焼走り溶岩跡は通過ですe0069615_2122677.jpge0069615_212223100.jpg
今回のコースは天候不順!高速コース有り、ダウンヒル・コース有り、かなりの走行でした。e0069615_21223410.jpge0069615_21224611.jpg
やっと盛岡、到着です。仙台までは後一息の所に来ました。安い所を狙って最終給油です。リッター172円!この辺では安い方?青森県は180円台でしたから!盛岡市内へちょっとよっこ寄り?e0069615_21225852.jpge0069615_21231090.jpg
盛岡駐在人のお薦めで、そばを食べる事に?「やまや」では3種類のそばが用意されています。その内の更科そばを注文!(イカ下足天も)かなり細いそばです。全種類食べれば良かったな!e0069615_21232448.jpge0069615_21234975.jpg
先日、NHKで盛岡の豆腐店の事を放映してました。その時、近くの水場も紹介してました。で、早速!駐在人にこちらも案内して貰うことに。何と?3日前に泊まった宿の近くでは有りませんか?e0069615_2124163.jpge0069615_21241132.jpge0069615_21241952.jpg
この水場は大慈清水用水組合が管理・運営しています。当組合は大慈清水を中心とする近隣八十世帯が納入する組合費(2400円)によってこの場に成り立っています。うらやましい限りですe0069615_21243386.jpge0069615_21244128.jpge0069615_21245328.jpge0069615_2125338.jpg
湧き水の1番井戸は飲料水、2番井戸は米とぎ場、3番井戸は野菜・食器洗い場、4番井戸は洗濯・すすぎ場と区分けされています。飲水してみましたが、とても柔らかい味でした。e0069615_21251752.jpge0069615_21252717.jpg
夜だと言うのに、近所の方がペット・ボトルに水をくんで持って帰ってます。それを見て、私も、まだ半分以上残っているウーロン茶を捨てて、いっぱいに詰めて持ち帰りです。仙台まで最終走行だe0069615_21254053.jpge0069615_21255062.jpge0069615_21255942.jpg
出発時はメーター92677km!到着時93735kmでした。総走行距離1058km。給油回数4回、103.44リッター消費。今回の燃費はリッター10.286km/l。空冷VWタイプⅡダブル・ピック(リジット仕様)としては、満足のいく数字では無いでしょうか?お店で汲んで来た大慈清水でコーヒーを入れてみました。旅の思い出が詰まった味がします。青森、岩手は美味しい物や自然はいっぱい!良いところでした。是非、又!同じコースで走りたいものです。天気の良い時に!
[PR]
by van-shop | 2008-08-30 22:41 | car | Comments(5)
さ~!お盆休み計画実行!その6 八幡平は気温11度?
まだ、8月の21日だと言うのに、十和田湖は観光客がまばらでした。ガソリンが高騰のせい?
e0069615_2051880.jpge0069615_20512577.jpg
そんな湖畔の103号線を走り、青森県と秋田県境を越えます!紅葉の時期に来てみたいな~!e0069615_20514460.jpge0069615_20515554.jpg
大湯温泉郷を素通り?して、鹿角市を経て282号線を八幡平に !山に雲が懸かっている、心配e0069615_2052616.jpge0069615_20521912.jpg
今度は国道341号をかなりの勾配を登って来ました。東トロコ温泉で記念撮影?温泉には入りません。さ~!八幡平アスピーテラインの入り口に差し掛かりました。なんと?ここは気温11度?e0069615_20523084.jpge0069615_20524099.jpg
八幡平アスピーテライン・霧・小雨?すれ違う車さえ有りません? 大沼温泉、ここも記念撮影のみe0069615_20525375.jpge0069615_2053573.jpg
後生掛温泉?看板を見つけました。霧で視界がゼロ!何処に有るやら?すぐにふけの湯入り口e0069615_20531642.jpge0069615_20532626.jpg
急勾配を霧の中!グニャグニャ。やっと頂上?といっても全く感動無し!ただただ登ってきただけ!チョット先に秋田県と岩手県の県境杭が有ります。昨年は反対側からここまで来たよな~!e0069615_20533726.jpge0069615_20534836.jpg
昨年、同様、アスピーテライン頂上より樹海ラインに左折!すぐに昨年、入湯した藤七温泉です。e0069615_20535832.jpge0069615_20541058.jpg
今回は雨?で車外に出るのが億劫(お湯疲れも有るから)で、温泉には入りませんでした。快調に八幡平樹海ラインを下って来ました。松川温泉も有りましたが時間的の余裕からパス!やっと八幡平温泉郷に到着しました。ヘビーな1日が終わった!この辺ですこしユックリと休みとします
[PR]
by van-shop | 2008-08-29 21:55 | 温泉 | Comments(0)
さ~!お盆休み計画実行!その5 それでは帰途につくか?
起床8時?曇り!マリーン・ハウスくどうの朝食、抜き?後から見たらイカの料理だった!失敗。
e0069615_22481886.jpge0069615_22482911.jpg
天候のせいか、観光の気持ち無くして、早々に大間を出発!仏ヶ浦の方には行かず、昨日来た国道279号線をむつ市方面に戻ります。右手に津軽海峡、その奥にぼんやりと北海道が・・・e0069615_22484395.jpge0069615_22485599.jpg
恐山にも寄らず、ただひたすら279号線をまずは野辺地、目指して走りました。むつはまなすライン!ず~~~~っと真っ直ぐな道、道幅も来た時の338号線より広い!雨の中でもスピード、みんなガンガン(VWの最高速は110km?)だしてる。この辺は幾分気温が和らいだ?でも14°?e0069615_2249780.jpge0069615_22492057.jpg
ただただ、むつはまなすラインをま~すぐ!陸奥湾が見え隠れしている!晴れたら最高だろうな~e0069615_22493227.jpge0069615_22494830.jpg
青森県なのに横浜?風車発電器が前に現れました。この辺も多いですね!そう言えば、来る時も帰りも、ダンプカーが多いのにビックリ!この辺が日本の電力の源!発電基地の構築?が進んでいるのでは?むつはまなすラインの途中、いくつか海水浴場が有りましたが、開店休業状態!こちらはお盆で夏は終わってしまうのか?雨もさらに強くなって来ました。寒いので、のへじ駅でトイレ・タイム!綺麗なトイレ、いや駅でした。弁座にヒターが入っていたのに感激?寒いのね~e0069615_2250394.jpge0069615_22501771.jpg
野辺地から4号線で十和田市まで、そこから102号線に入って十和田温泉郷を通り!奥入瀬渓流を目指します。102号と103号線の分かれ道!奥入瀬渓流の橋の上!雨で増水、濁流?e0069615_22502931.jpge0069615_22503916.jpg
薄暗い、雨の木立道をチョット行ったら、今回の第三の目的、水だしコーヒーの奥入瀬湧水館が!e0069615_22505273.jpge0069615_2251559.jpge0069615_2251187.jpg
四季折々の彩り鮮やかな奥入瀬渓流。大自然の息づかいをタップリ含んだナチュラルミネラルウォーターの文句、奥入瀬源流水。この工場でペットボトルに詰めていました。早速二階の喫茶室へe0069615_22513159.jpge0069615_22514441.jpg
こちらも常連Sさんご推薦処!5~11月で1日50杯の限定!3リッターの奥入瀬源流水を約12時間かけて抽出された「水だしアイスコーヒー」を飲むこと!420円でした。因みに浪漫珈琲(ホット)は370円。朝から何にも口にしていません!何か食べ物をと探しました。ホット・サンド(315円)でごまかした。帰るとき、女性だけガヤガヤと?結構、人気が有るのかな!でも、腹減った~e0069615_22524367.jpge0069615_22525423.jpg
そう言えば、手前にホテルらしき物が有ったな?そこで昼飯にしょう!そこは「奥入瀬渓流ホテル」でした。旅立つ前に本で見た?立派な処です。岡本太郎先生作として巨大暖炉「森の神話」高さ8.5m重さ5トンのブロンズ製の煙突??の下でランチしました。魚介のピラフ(スープ・サラダ付き)一流のホテルそのまま、1500円とリーズナブル!秋の紅葉時期は満杯なんでしょうねe0069615_2253954.jpge0069615_22532098.jpg
さ~ここからが奥入瀬渓流遊歩道(全長14.2km)の始まり!雨の奥入瀬も良いかもね!e0069615_22534769.jpge0069615_22535944.jpg
雨でも、かなりの人が、遊歩道を(雨具装備で)歩いて行きました。所要時間は70分と有ります。私は車なので、2ヶ所有るパーキングに停めて、覗くだけ!幸い?この雨で川の流れは絶好調!e0069615_22542449.jpge0069615_225436100.jpg
雲井の滝!2段に屈折して落差25mの滝壺へ、水量が豊富で最も人気の記念撮影スポット。e0069615_22544850.jpge0069615_2255482.jpg
奥入瀬渓流出口!子の口を左折!R103号線で休屋へ!ここまで来たなら見なくちゃ!乙女をe0069615_22551321.jpge0069615_22552239.jpg
雨は上がりました。靄にかかった十和田湖もなかなかな物です。さすがにボートは出ていませんe0069615_22553220.jpge0069615_22554128.jpg
十和田湖のシンボル「乙女の像」までは駐車場から、結構歩きます!1953年十和田湖国立公園指定15周年を記念して、作られました。詩人・彫刻家の高村光太郎の最後の作品。モデルは智恵子夫人と言われています。     さ~!次は八幡平に向かいます!また、雨が?
[PR]
by van-shop | 2008-08-28 01:08 | car | Comments(0)
さ~!お盆休み計画実行!その4 大間、マグロだ~!
風間浦村から279号線15kmで?いよいよ今回の目的地大間です。仙台から530kmの距離!
e0069615_20311325.jpge0069615_20312780.jpg
遠~かったな!雨さえ降ってなければ、快適なドライブ・コースなのに!何とか、明るい内に到着e0069615_20314131.jpge0069615_20315134.jpg
ここは本州最北端!大間崎。冬には下から雪が降る?と言われるだけ有って雨も、横殴り!津軽海峡は強風地帯なの?めげずに外へ!記念撮影。マグロと釣り師の腕の奥には、岬から600m程先の弁天島に立つ大間崎灯台が見えました。島には弁財天が祭られ、漁師に信仰されているe0069615_2032398.jpge0069615_20321410.jpg
モニュメント撮影後、じゃ、宿でも探すかとチョット走ったら、なに?予約したマリンハウスくどうが有りました。VANの常連Sさんのお薦め!マグロづくしコースでと、普通の宿泊は6800円とリーズナブル、しかしマグロづくしコースを頼むと、19800円になります。マグロ料理が13000円の計算ですね!Sさんの話し、ま~ず、余すから!大食間の私、期待して来ました。外は嵐??e0069615_2048161.jpge0069615_2048149.jpg
お膳に乗り切らない程の大きさ!マグロのトロ、赤身。Sさんのアドバイス!生ものから平らげろと!後からだとやんだぐなっから(方言です)カマ焼きの大っきい事!これだけでご飯要りませんe0069615_20492167.jpge0069615_20493312.jpg
マグロ・サラダ!にユッケ風マグロ!1つ1つの量が半端じゃないです。味も美味しい!
e0069615_20511732.jpge0069615_20513162.jpg
マグロの胃袋?だとか、肝臓??何だかんだ、説明を受けたけど?食べるのに必死で??e0069615_20514787.jpge0069615_2051572.jpg
マグロの目玉の煮付けです。大きいのが2つ!味?解りません!覚えていないけどマグロの鍋も出てました。普通の私ならご飯を貰いながら、おかずにと、食べるのですが、ご飯の入る隙間ないe0069615_20521063.jpge0069615_20522245.jpg
この辺はウニも有名なのかな?イクラも出てました。ホタテとイカが無い!マグロづくしだから!e0069615_20523778.jpge0069615_20524797.jpg
この辺で、ご飯?マグロ茶漬けにマグロ澄まし汁!美味しかったな~!後悔する程の量でした。e0069615_20533490.jpge0069615_20534586.jpg
        6800円の宿泊コース          19800円のマグロづくし宿泊コース
隣の人の普通のコースと私のマグロづくしコース、この差 !普通のイカコースもそそられるな!e0069615_20535840.jpge0069615_2054990.jpg
一夜明けた、津軽海峡、雨は上がりましたが、曇天です。昨夜も本来なら、イカ釣り漁船の漁り火が見えると期待していたのですが、それどころじゃありませんでした。目の前の石川啄木歌碑ですe0069615_20541880.jpge0069615_20542891.jpg
本州最北端の地、北緯41度33分、東経140度58分に碑がそびえ立ちます。その奥、大間崎の沖合に浮かぶ弁天島は周囲2.7kmの小さな島に高さ37mの白と黒のストライプの大間崎灯台。普通、灯台は周りの景色と同化しないように白で統一されているのですが、豪雪地帯?などではかえって見えにくく、白/黒(赤もあるかも?)に塗り分けられているそうです。そのまた奥!北海道!がうっすらと見えました。17.5kmしか離れていないんですね!下風呂温泉ぐらい?
[PR]
by van-shop | 2008-08-26 22:36 | car | Comments(2)
さ~!お盆休み計画実行!その3 下風呂温泉だ~!
尻屋崎から、またまた雨の中を279号線ひた走り!イカの町「風間浦村に到着!身体が冷えてる
e0069615_16275374.jpge0069615_1628968.jpg
今回の旅の為にエンジンを降ろして万全を期していたのに、まだ8月!暖房は要らないだろうと、ヒーターは未装着!服もTシャツばかり用意!慌ててトレーナーを取り出しました。こんな冷えた身体を癒すのは、温泉でしょ!と言うことで、背後の山と下風呂漁港の狭い間に有る下風呂温泉にe0069615_16281910.jpge0069615_16283384.jpg
温泉街をグルグル公衆浴場探索!と言っても300mを往来だけ?戦時中、工事が中断された幻の大間鉄道橋の下をくぐり、やっと見つけました。「新湯」です区民100円村民150円私300円e0069615_16284643.jpge0069615_16285945.jpg
下風呂温泉は古く室町時代から知られた湯治場。硫黄泉で傷に効能があるそうです、泉温は47~72°と熱かったです。泉質は硫黄泉で白濁色、疲労回復・神経痛・気管支端息・皮膚病・リウマチ性に効く!と有りますが、取りあえず暖がとれればと!多分、ここは漁獲の話題の社交場!e0069615_16291791.jpge0069615_16293195.jpg
最初に探し当てたのが山側に有った「新湯」帰り道に出会ったのがこの「大湯」こちらが良く紹介されてるみたい?雨が降っていなければ、津軽海峡を眺めながらの「足湯」にも入りたかった!e0069615_1629455.jpge0069615_16295575.jpg
イカ好きな私!ここはチェック済み!が?しかし、活イカ備蓄センターに来てみれば、だ~れもいません!雨も降ってるし、時間も押しているし、食べれませんでした。この施設日本で唯一イカのレースが行われています。元祖イカサマ・(烏賊様)レースです。7~10月20mの水槽でイカを泳がせ順位を競う!イカのオーナーになってレースに勝つか、予想的中させるると村の特産品が貰える。出走したイカ君達はその場で刺身で食べられてしまいます。やりたかった。次はすぐ大間だ!
[PR]
by van-shop | 2008-08-26 18:10 | 温泉 | Comments(0)
さ~!お盆休み計画実行!その2 尻屋崎だ~!
馬肉を食して、五戸を後に、また北上!八戸を迂回して、338号線にショートカット!15kmぐらい
e0069615_19144676.jpge0069615_1915298.jpg
三沢付近!左が45号線です、が真っ直ぐ六ヶ所村方面に!そう言えば、ネコ足の運転士さんの実家はこの辺でないの?雨だから?交通量は少な目。道幅も広くないね!でも真っ直ぐ!突然、陸上自衛隊・六ヶ所対空射場管理隊の看板!雨でか?原子燃料リサイクル施設を見落とした。多分!右側の木立の奥は太平洋なのだろうと思いながら、ひたすら真っ直ぐに走る、VW快調!e0069615_19151845.jpge0069615_19153272.jpg
やっと、海岸線が見えました。天気が良かったらもっと感動!したろうな。しばし海岸線をまた338号線北上!東通村付近?右手にガソリンのCM?に出てた風力発電の風車群!すご~い!e0069615_19154498.jpge0069615_19155799.jpg
思わず、車を停めて、写真を撮りまくり。凄い数です。原子力発電だけじゃなく、風力発電のエコも発達している所なんですね!多分、風が強い場所でも有るのかな?一機はとても大きいんですよe0069615_1916978.jpge0069615_19162040.jpg
尻屋岬港を通過、左に尻屋崎に行く無人のゲートが現れました。遮断機は馬は外に出ない様になのかも知れない?と後で思いました。ゲートを入って、すぐ右手に牧場があり、そこで親子の馬が!寒立馬だ、と即!記念撮影!2頭だけかな?と思って(数が少ないと本に書いてあったので)カメラ、バシバシ?後であの様な事になるとは?そこから津軽海峡を左に尻屋崎灯台に向かいます。曇ってはいますが、雨は降ってません!ラッキー!本州最北東端に到達しました~!e0069615_19163241.jpge0069615_19164596.jpg
「尻屋崎灯台」海上保安庁、八戸海上保安部と有りました。太平洋と津軽海峡の交わる、難破岬と呼ばれる海の難所に明治9年(1876)に東北初の洋式灯台が建てられました。晴れていれば、この白い尻屋崎灯台は周りのマリンブルー(海)とスカイブルー(空)に映えただろうに!残念e0069615_19165768.jpge0069615_19171076.jpg
半島を半周する形で灯台を過ぎると左は太平洋!気象のせいか荒々しい!と?右手に馬の大群e0069615_19172293.jpge0069615_19173635.jpg
あららららぁ~!ストップ!ストップ!寒立馬さんが横断中!後ろも~?優しそうな目してるな~!〈寒立馬〉の由来は昭和45年正月二日に尻屋小学校・岩佐勉校長が「東雲に勇み嘶く寒立馬筑紫ヶ原の嵐ものかは」と書き初めに詠んで、以後、寒立馬と呼ばれるようになりました。その名が示すとおり、雪の吹きすさぶ中、寒さや風雪にじっと耐える姿が印象的。南部馬を祖先に持ち、改良を重ねた田名部馬をブルトン種などと交配し、尻屋地区独自の農用馬にしていたもので、粗食や寒さに強いのが特徴。一時は9頭まで減り絶滅が心配されましたが現在では30頭程まで回復しています。この場所はアタカと呼ばれ、冬を越す場所!今日は寒いのでここまで移動したの?e0069615_19174930.jpge0069615_1918096.jpg
寒立馬とその生息地は青森県の天然記念物に指定されています。①寒立馬は下北の風土と馬産の歴史が作り上げた歴史的文化遺産。寒立馬は遅くとも藩政時代から自然放牧に順応し、厳冬期の厳しい環境に適応した形質を獲得し寒立馬独特の野性的風貌と生活を身に付けた。この様な歴史的背景と生態的特徴を合わせ持つ馬は他に例を見ない。②環境に適応した形態的・生態的特徴。寒立馬は寒冷風雪と言う環境に適応した体毛を生している。蹄は底面積が広く、野草地から海岸に至る砂利を往来する事によって底にデコボコが生じ、そのことが柔らかい地表面や雪面を歩行する場合、滑り止めの役割をしている。③環境保持の面で果たす役割。寒立馬の生息地である尻屋崎には、国・県の絶滅危惧種に指定されている「シコタンキンボウゲ」が生育しているが、寒立馬はこれを採食せず、多種の植物を採食する事から、他種植物との生存上の競い合いを避けることとなり、シコタンキンボウゲの良好な生存を手助けしている。  お次はどこだ~!
[PR]
by van-shop | 2008-08-25 21:49 | car | Comments(0)
さ~!お盆休み計画実行!その1
8月20・21・22日と臨時休業の貼り紙!も貼ったし、閉店時間だ!さ~!出発。目指すは盛岡
e0069615_2271387.jpge0069615_2272880.jpg
なんだ~?折角の連休なのに、お天気が?よろしくない。予定をオーバーで旅館大和に到着!e0069615_227421.jpge0069615_2275392.jpge0069615_228782.jpg
こちらの旅館は昨年もご厄介になりました。素泊まり駐車場込みで4800円安い!綺麗だし   チェックインが11時過ぎていたので、車は駐車場の一番前に!これがしんどい事に?なりましたe0069615_2282237.jpge0069615_228351.jpg
仙台から何も食べず、ノーストップで来たので、空腹です。これまた去年と同じ中華屋さん「北王」でレバー野菜とワンタンを食べました。とても美味しいですよ。前回と同じオーダーかも?e0069615_2285063.jpge0069615_22917.jpg
翌朝で~す!しんどい事とは、私のVWタイプⅡが駐車場を塞いでいる為に他のお客様の出発に邪魔になると言うことです。前回は鍵を預けて、移動をして貰ったのですが、女将さんから、この様な車は気をつかて運転出来ないと言われ、朝が弱い私は、7時の移動に向けてスタンバイしていたのでした。出発は9時!二度寝しました。朝は晴れてたのにな~!4号線、盛岡出たら、雨がe0069615_2291436.jpge0069615_2292580.jpge0069615_2293615.jpge0069615_2295073.jpg
盛岡まで180km玉山区で3000円分(17.3L)給油、リッター173円。まずは二戸に向かって、ひたすらR4を北上。雨は段々酷くなって来ました。通風口から雨が吹き込み、右足にポタリ!雨漏りです。まずは第1のチェックポイント馬仙峡?多分!雨で見落としてます。ただ走るだけ?e0069615_2210123.jpge0069615_22101220.jpg
雨の中、なんだか解らない内に五戸に入りました。第2のチェックポイントで馬刺を食します。五戸署のすぐ裏に有りました。馬肉料理焼き肉各種のレストラン「ささ木」です。ここは佐々木精肉店も営んでます。今回のツアーコンダクターのSさんご推薦で来てみました。Sさ~ん!寄りましたよ~e0069615_22102235.jpge0069615_22103498.jpg
馬刺し800円癖が無く、ちょ~美味い!次に馬肉の焼き(義経)1100円これも美味かった。中央に有った鍋の豆腐が又、美味しい。締めに桜鍋800円結構ボリームが有ってもう勘弁てな感じ?
この旅はまだまだ続きます。次にご期待!尻屋崎に向かいます。
[PR]
by van-shop | 2008-08-24 23:31 | car | Comments(2)
お盆休み!無謀な計画の最終調整?
いよいよ、本日!閉店後、計画実行の日がやってまいりました。それに向けて最終調整です。
e0069615_1511238.jpge0069615_1512168.jpg
エンジン、ブレーキ・足回りは整備しました。まだ手つかずは電気系、心配なのでちょっと調整e0069615_1513173.jpge0069615_1514495.jpge0069615_1515311.jpg
一応、清掃してグリース・アップしておきました。新しいポイントに交換して、ポイントギャップ調整(カム・ドエルアングルテスター使用)、タイミングライトで点火時期調整。プラグも4本新品に換えときました。これで、予備の部品は積んだし!青森県大間市まで行けるだろう?もちろん、高速道路は使用しません、ひたすら国道を走ります!天気と身体がどうなるか?心配。
なので、VANshop仙台は8月20・21・22は臨時休業とさせて頂きます。無事に帰って来れれば23日から営業!します。<(_ _)>
[PR]
by van-shop | 2008-08-19 15:24 | car | Comments(4)
今度は、前ですか?
先日、後ろのマーカーランプ?を取り付けたばかりのニュービートル!今度は前ですね!了解!
e0069615_2005231.jpge0069615_201391.jpg
部品は後ろをやった時から、揃っていたようです!レンズが一万五千円、配線が五千円也?e0069615_2011375.jpge0069615_2012696.jpg
前は簡単な様な?ヘッドライト・ユニットを外せば何のこと無いですが、しかし?自分の車でないので、また、緊張。外し方を聞いてて貰って正解でした。4.5mm(小さい)のソケットレンチでロックを解除して、ストッパーを押し下げて、ユニットを引き抜くだけでした。バルブ切れの時は簡単かもe0069615_2014672.jpge0069615_2021179.jpg
配線のため電源をテスターで探している間、オーナーは前照灯の低のバルブ(H7)を交換してたe0069615_2022132.jpge0069615_202473.jpg
配線が済んでしまえば後は簡単!レンズを押し込むだけ!次にヘッドライトユニットを挿入です。e0069615_20368.jpge0069615_203195.jpg
右側は比較的に隙間は有りましたが、左側はフィルターやバッテリーが邪魔です。やるしかないe0069615_203316.jpge0069615_2034058.jpg
パズルみたい?何とか交換に成功です。ほ~んと!他人の新車をイジルのは疲れますね!
[PR]
by van-shop | 2008-08-16 20:34 | car | Comments(0)
お盆休みに向けて、VWタイプⅡの最終修理?
前回の定休日にはエンジン周りの修理で終わってしまいました。今回は足回りの修理です。
e0069615_22418.jpge0069615_224153.jpg
足回りと言っても、ブレーキ関係です、この頃、チョット違和感を感じてましたので。まずは後ろからe0069615_224285.jpge0069615_2244012.jpge0069615_2245388.jpg
46mmのソケットにパイプレンチを繋いでドラムを外します、かなりのトルクで締められています。やっぱり!ブレーキ液が漏れてました。早速、ブレーキ周りを外して、清掃、乾燥です。e0069615_225611.jpge0069615_2251956.jpge0069615_2253279.jpg
分解したついでなのでシャーシブラックで塗装をしておきました。ブレーキシューの残はまだまだ残っていましたが、新しいのが1個?有ったので、換えときました。ドラムも塗装!e0069615_2254610.jpge0069615_2255863.jpg
いつもの要領でブレーキ調整!後ろが完成!では前に移りましょう!はい!ジャッキ・アップ!e0069615_2261174.jpge0069615_2262124.jpge0069615_2263629.jpg
前は33mmのソケットで、(右側は普通のネジ込みですが、左側は逆ネジです。失敗したら大変!)分解。前後とも左側は何でもなかったのですが、右側の前後が両方、ブレーキ液漏れを起こしてました。当然!分解、清掃、乾燥シャーシブラックによる保護塗装をしました。e0069615_2265120.jpge0069615_22735.jpge0069615_2271723.jpg
後ろは1個のシリンダーですが前は2個のシリンダーでブレーキシューを開きます。その1個が液漏れの原因!予備に確保の部品を組み付けました?レイトバス用?微妙に合いません!残念e0069615_2273225.jpge0069615_2274152.jpg
こうなったら、今までの物を修理でやらなくちゃ!シリンダーの内部を水ペーパー1000番でホーニング?カップだけを新しい物からコンバート!ブレーキシューは前4枚は新品に交換!完成。e0069615_2275963.jpg                    これで 安心してどこまでも行けるぞ?
あひるちゃ~ん!盛岡は通過だけだけど、コースの予定内だよ~ん!
[PR]
by van-shop | 2008-08-15 23:00 | car | Comments(4)