<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧
竜飛岬に行く前に三厩のお寿司やさんにお立ち寄り!
8時44分蔦温泉を出発。今日は青森市から陸奥湾を右に竜飛崎を経由して日本海の黄金崎まで
e0069615_23463678.jpge0069615_23464760.jpg
一応!ナビに蟹田町をインプット!国道103号をとりあえず青森市まで行きましょう! e0069615_23465756.jpge0069615_2347620.jpg
昨日、入った谷地温泉を通り、フィールダーは山道でも千回転で40km/hのエコモード!e0069615_23471514.jpge0069615_23472497.jpg
左は猿倉温泉ですが急ぐ旅名ので立ち寄り湯はパス!八甲田山付近!素晴らしいです。 e0069615_23473294.jpge0069615_23474121.jpg
八甲田山の傘松峠(標高1040m)を越え!左に八甲田ホテルを通過です。 e0069615_23474875.jpge0069615_23475822.jpg
直ぐに酸ヶ湯温泉が現れました。このまま国道103号を青森市方向に進みます。e0069615_2348769.jpge0069615_23481618.jpg
この辺からは青森市まで25km程度です。八甲田十和田ゴールドラインに入りました。 e0069615_23482686.jpge0069615_23483494.jpg
八甲田十和田ゴールドラインには八甲田スキー場と八甲田ロープウェイが有ります。e0069615_23484346.jpge0069615_23485374.jpg
八甲田山の麓の萱野高原です。東八幡平に似ているナ~!道が狭くなってきました。e0069615_2349298.jpge0069615_23491288.jpg
岩木山展望所が現れました。残念ながら、雲がかかって岩木山は見えませんでした。e0069615_23492178.jpge0069615_23493066.jpg
青森市内の国道7号線で五所川原方面に一時向かい、国道280号に入り竜飛崎を目差します e0069615_23494037.jpge0069615_23494864.jpg
この国道280号線は北海道の道の様に真っ直ぐ!67kmで竜飛崎のはずです。e0069615_23495889.jpge0069615_2350766.jpg
青森湾から陸奥湾の海岸線を延々と走ります。蓬田村を過ぎ、蟹田町に入り平館村に来ました。e0069615_23501637.jpge0069615_23502611.jpg
この辺の平館海峡の向こうに下北半島が見えます。かなり近いです。e0069615_23503548.jpge0069615_2350443.jpg
不老不死温泉・・・ここにもあるの?ここは不死が漢字だ!黄金崎は不老ふ死温泉だった。 e0069615_23505369.jpge0069615_235129.jpg
平舘灯台です。ちょっと休憩タイム。向こう岸の下北半島!ハッキリと見えました。e0069615_23511221.jpge0069615_23512182.jpg
海岸線沿いの道を走ります。e0069615_23513198.jpge0069615_23514154.jpg
天気も良く下北半島もクッキリと見えます。あっちが仏ヶ浦かな?e0069615_23515144.jpge0069615_2352049.jpg
この辺は三厩湾なのかな・今別町です。e0069615_2352926.jpge0069615_23521923.jpg
青森ツアーの相談役のSさん!三厩に行って秀寿司に寄って来たらいっちゃと!仙台から来たんだよ、と言うんだよと、特命を受けたので探します。そろそろ三厩のはず!e0069615_23522941.jpge0069615_23524063.jpg
目的その?三厩に入りました。秀寿司は何処だ?まずは駅に行って聞いてみょう!ここが駅?
入って駅員さんに尋ねました。戻ってちょっと先だそうですがわがっかな~?行ってみます。e0069615_23525026.jpge0069615_235315.jpg
途中、自転車に乗ったハイカラな老紳士に聞き、やっと辿り着きました。ちょっと見つけにくい所に有りました。暖簾が無い?営業してるのかな~?不安。飛び込んで見ました。丁度、予約が入っているから、食事大丈夫だとのこと。ラッキー!早速、カウンターを占拠!本当はここが予約席!e0069615_2353118.jpge0069615_23532164.jpg
三厩に来たのだから、当然!三厩産の鮪が食べたい。お任せコース6000円もありましたが、みんまや鮪づくし寿司セット3000円にしました。大トロ、中トロ、トロ、赤身のオンパレード!旨い!e0069615_23533135.jpge0069615_23533995.jpg
赤身も光ってました。鉄火の裏巻も美味しいかった。相談役Sさんの特命により、私、仙台から来たんです・・・・話しを持って行きました。何と娘さんの嫁ぎ先が仙台でたまに行くんだそうです。高速使えば4時間で行っちゃうからね!(スピード出し過ぎ)で、調子よく話し込んでいたら・・・・ e0069615_23534918.jpge0069615_23535922.jpg
何と!サービスに鮪の心臓を出してくれると!お新香と小鉢、みそ汁はセットに付いてきました。
ド~ント!鮪の心臓が2つ置かれました。100kg級の鮪の心臓は人間のにぎり拳くらいの大きさ(右側)だそうです。まずは鮮度が一番!漁場に近くないと食べられない代物です。 e0069615_2354987.jpge0069615_23541940.jpg
親方が薄く捌いてくれます。ここでしか食べられないかも?e0069615_23542946.jpge0069615_23544012.jpg
ニンニクの醤油で食べます。で!お味は・・・・・わかんない!e0069615_23544970.jpge0069615_2355036.jpg
癖が無くてさっぱりの味でした。馬刺の様な?五戸で食べた、馬刺の味も忘れた! e0069615_23551229.jpge0069615_23552498.jpg
こちらのチラシは予約の方3名様のです。写真を撮させて頂きました。それにカウンター席をテーブル席に変更、有り難う御座いました。あ~ぁ!美味しかった。安いけど、豪華な昼食だった。
[PR]
by van-shop | 2013-08-31 00:47 | 温泉 | Comments(0)
今回、蔦温泉に宿泊しました。
谷地温泉に日帰り立ち寄り湯に入って国道103号線をまた十和田方面に戻って来ました。
e0069615_022362.jpge0069615_0221342.jpg
蔦トンネルを過ぎると直ぐです。谷地温泉を出て15分位で右折して蔦温泉に到着です。e0069615_0222383.jpge0069615_022334.jpg
以前もVWタイプⅡで立ち寄った事が有ります。その時は日帰りの立ち寄り湯だけでした。
e0069615_0224337.jpg
どうです?この佇まい、立ち寄り湯だけじゃでなく、宿泊して、ゆっくりの時間を過ごしたいと思いませんかe0069615_0225232.jpge0069615_023269.jpg
久安3年(1147)に湯小屋が有ったとされる秘湯です。明治42年(1909)に旅館となりました。e0069615_0231186.jpge0069615_0232155.jpg
現在の建物は大正7年(1918)に建てられた物だそうです。築!95年ですね。e0069615_18154553.jpge0069615_023401.jpg
玄関先の湧き水がめちゃくちゃ美味しかったですが、チェックインで出された冷たいリンゴジュースも絶品でした。外観からは想像も付かない近代的?広いピカピカの廊下を部屋に向かいます。
e0069615_0234970.jpg
部屋からは風情の有る玄関が見える。部屋にクーラーは無しです。(必要無いくらい涼しかった)e0069615_0235844.jpge0069615_024971.jpg
予定通り早めに着いたので、食事の前に沼巡りの小径を探索して来ました。e0069615_0241924.jpge0069615_0243145.jpg
ビジターセンターを出発!裏から、遊歩道が森の中に繋がっています。森林浴でヒンヤリ!e0069615_0244130.jpge0069615_0245193.jpg
15分くらいの所に蔦沼が現れました。この辺には大小6個の沼が展在しているらしいです。
e0069615_025133.jpg
蔦沼、遊歩道沿いにある沼のなかで最も大きく、周囲1km面積6ヘクタールほど。沼の左手奥にそびえる山が赤倉岳(標高1298m)です。山頂下で起きた火山活動により大量の土砂がこの付近まで押し寄せ、蔦沼をはじめ多くの沼が造られました。と立て看板に有りました。ここで戻り!e0069615_0251156.jpge0069615_0252153.jpg
宿に戻り、夕食の前にひとっ風呂浴びましょう!お気に入りの久安の湯に入ります。
e0069615_0253115.jpg
総ブナ造りの浴槽はお湯の投入口が一つ有るにも係わらず、水面が波打ちしていません!e0069615_025469.jpge0069615_0255532.jpg
以前に来た時は左の木壁の中央に水槽に魚が泳いでました。今回は居ませんでした。e0069615_026519.jpge0069615_0261569.jpg
一ヶ所のお湯の投入口?は少量なのですが、湯船から流れ出る湯量は半端出ないです。この透き通ったお湯の底を覗き込むと板と板の間からアワブクが底板から混沌と源泉が湧いていますe0069615_0262473.jpge0069615_0263496.jpg
パンフレットには約千年前に開湯された、日本で稀少な底板から、ぷくぷくっと湯の玉が湧き出てくる「源泉湧き出し」のやさしい湯です。と!確かに!ユッタリ、のんびりやさしいお風呂です。e0069615_0264488.jpge0069615_0265483.jpg
さ~!夜ご飯ですよ~!部屋食でなく、バンケットルームでの食事となります。e0069615_027510.jpge0069615_0271572.jpg
最初に運ばれてきたのがあつあつ蒸籠!これが前菜。青森野菜夏の彩り、陸奥湾産モスソつぶ、鰻巻 茸シューマイ馬鈴薯サーモン巻の八方盛あつあつをセイロで。お造りは旬青森大鉢海鮮森。奥入瀬水系紅鱒、陸奥湾産帆立 蛸、カンパチ。e0069615_0272684.jpge0069615_0273787.jpg
箸休めバケット オリーブオイル。蒸し物はめちゃくちゃ甘い青森風茶碗蒸し(食べてから撮影)e0069615_0274845.jpge0069615_027586.jpg
焼き魚、八甲田水系岩魚塩焼き、キャラ蕗 なた豆の花。八甲田水系天寿米御飯に香の物e0069615_028775.jpge0069615_0281692.jpg
小鍋、”名物蔦鍋”桜姫鶏 と 山の芋団子e0069615_0282683.jpge0069615_0283654.jpg
夕食の後はまた、お風呂です。今度は泉響の湯に来ました。
e0069615_0284465.jpg
暗い風呂場のここも久安の湯と同じ透き通ったお湯がアワブクと底板から源泉が湧いていました。e0069615_0285512.jpge0069615_029925.jpg
ユックリできますが、個人的には久安の湯の方が好きですね!e0069615_0291848.jpge0069615_0292830.jpg
天井は高いです。風呂上りにお約束のファンタ・グレープ!ここには有りました。e0069615_0293998.jpge0069615_0295215.jpg
翌朝で~す!外を覗くと窓ガラスにバッタ!見えますか?ワイルドダロ~!快晴の様。e0069615_030322.jpge0069615_03014100.jpg
朝食です。朝食もバンケットルームでバイキングです。e0069615_0302865.jpge0069615_0304436.jpg
朝、弱い私!少量の野菜サラダに和洋折中の寄せ集め!e0069615_0305361.jpge0069615_031447.jpg
なんだか分からないけど完食してしまいました。皆さん信じられないでしょ!これだけとはe0069615_0311635.jpge0069615_0312715.jpg
しかし!ここの水はおいし~!です。持って帰りたいくらいですがレンタカーです。e0069615_031374.jpge0069615_0315194.jpg
チェックアウトして次に行くぞ!!今日は少しハード・スケジュールだ!GO!
[PR]
by van-shop | 2013-08-30 00:58 | 温泉 | Comments(0)
いよいよ温泉です。谷地温泉に立ち寄り湯!
十和田市現代美術館を堪能して次なる目的地へ移動です。ナビさん、谷地温泉まで!お願い。
e0069615_20354620.jpge0069615_2035586.jpg
ここから33km4時11分頃の到着ですって!便利なんだか面白くないんだか?十和田湖方面にe0069615_20361351.jpge0069615_20362641.jpg
国道102号線で十和田市に入りました。国道103線との分岐点、左に行けば奥入瀬渓流です
*スミマセン!右の写真内のコメント!間違っています。正しくははでなくですe0069615_20363619.jpge0069615_20364533.jpg
奥入瀬渓流には曲がらず真っ直ぐの国道103号線に入りました。左の濁流が十和田湖から奥入瀬渓流を流れてきた川です。快適ドライブ!木漏れ日が漏れて凄くユックリとした時間が過ぎますe0069615_2036547.jpge0069615_2037365.jpg
だんだんと上り坂となって来ました。交通量も少なくのんびりドライブ!e0069615_2037139.jpge0069615_20372154.jpg
木立のせいか、外気温も肌寒い程。本日の宿泊予定地、蔦温泉をスルーして谷地温泉に向かうe0069615_20373091.jpge0069615_20373827.jpg
蔦温泉を過ぎて10分位、走った所に、谷地温泉の看板が現れました。ここ右折だな~e0069615_20374773.jpge0069615_20375669.jpg
高田大岳登山口、八甲田山中、開湯400年の日本三秘湯!湯治の宿「谷地温泉」に到着です。e0069615_2038794.jpge0069615_20381618.jpg
以前、この前をただ通過!閉めたと聞いて、営業していないと思って立ち寄りませんでした。e0069615_20382762.jpge0069615_20383727.jpg
オープンしてます。ロビーの券売機で入浴料500円券を購入!10時~18時無休だそうですe0069615_2038453.jpge0069615_20385441.jpg
落ち着いた館内です。男湯の暖簾!8年前の旅行雑誌を見たら浴場は女性専用と混浴の2つと書いて有りましたが現在は男湯と女湯に分かれたみたいですね。
e0069615_2039369.jpg
ここがヒバ造りの谷地温泉のお風呂。手前が下の湯(霊泉38度)奥が上の湯(白渇泉42度)e0069615_20391581.jpge0069615_20392438.jpg
下の湯は底までハッキリと見える無色透明の温い温泉です。e0069615_20393349.jpge0069615_20394342.jpg
上の湯は乳白色の熱い温泉です。
e0069615_2039513.jpg
入浴の仕方(下の湯から入り次ぎに上の湯にお入り下さい)初めての方はこちらの下の湯(ぬるい霊泉38度)のお湯に30分位ゆっくりとつかって身体をならし、その後は少しずつ時間を長くし1時間の所で上がり、隣の上の湯(白渇泉の熱いお湯42度)に5分~10分入ってから上がって下さい。1日の回数は2回~4回位までとし、身体の疲れないように上手にお入り下さい。と注意書き
e0069615_20395958.jpg
谷地温泉に、それぞれ泉質の異なった温泉の湧き出る源泉が4ヶ所有ります。1つは浴槽の真下から湧く、下の湯(少し温いけれども身体によく効く霊泉38度)と、離れたところから引湯している上の湯(白濁して温まる熱いお湯42度)そして上がり湯に利用している湯量の多い2ヶ所の源泉(36度)です。谷地温泉の効能は特に腰痛、肩こり、アトピー湿疹、皮膚炎、水虫、神経痛、リュウマチ、胃腸病、糖尿病、婦人病、慢性中毒症、切り傷や神経麻痺に有効だそうです。飲料効果としては肝臓病、糖尿病、胃腸病、便秘、気管支炎、神経麻痺などに効果有りとありましたe0069615_2040863.jpge0069615_20401821.jpg
さぁ!上がりましょ!いつものファンタ・グレープ・・・・売ってない!喉が乾いた。ペプシで我慢!
[PR]
by van-shop | 2013-08-27 22:44 | 温泉 | Comments(0)
十和田市現代美術館を訪ねて見ました。
今回の重要目的地の一つ!十和田市現代美術館に立ち寄ろうと十和田市に向かいました。e0069615_22394590.jpge0069615_22395518.jpg
八食センターを出て、また来た八戸北インターから高速八戸道、三沢方面に乗りました。
e0069615_2240433.jpge0069615_22401450.jpg
乗って 直ぐ、一区間の下田百石までの走行です。天候は先程とは段違いに青空が見えます。e0069615_22402361.jpge0069615_22403382.jpg
国道45号線を走り国道4号線を越えると国道102号線なのかな?十和田市街はこの先です。 e0069615_22404335.jpge0069615_22405216.jpg
趣のある両端が木で覆われた道に出ました。しばらく行くとアッ!何か居た?e0069615_2241152.jpge0069615_22411054.jpg
あっ!お馬さんも居た。この建物が十和田市現代美術館なんですね!なんか凄くカッコイイ!e0069615_22411985.jpge0069615_22412862.jpg
道の反対側にもオブジェが至る所に展在しています。駐車場を探す・・・?やっと外れに確保! e0069615_2241375.jpge0069615_22414624.jpg
運が良かったのか?駐車場は中央病院のすぐ裏手、そこから現代美術館まで徒歩で行くのですが、その通りが官庁通りでとても広々として趣のある通りで、歩くのがぜんぜん苦にならない!e0069615_22415653.jpge0069615_2242683.jpg e0069615_22421528.jpg
どうです?歩道に馬の蹄鉄の跡!広い歩道!悠然とした樹木!センスの良い標識!e0069615_22422525.jpg e0069615_22423540.jpge0069615_22424583.jpg
郵便ポストの上にも馬のオブジェ!急に現れた歩道に無造作に置かれたテーブルと椅子(固定してありました)現代美術館近くにも大きな馬のオブジェ!この馬、至る所に有りました。
e0069615_22425996.jpg
ここからはコメント無し!感じると思います。e0069615_2243964.jpge0069615_22432097.jpg
スゥ・ドーホーのコーズ・アンド・エフェクト
e0069615_22433154.jpg
チェ・ジョンファのフラワー・ホースe0069615_22434135.jpge0069615_22435187.jpg
白い建物に描かれた、ポール・モリソンのオクリア
e0069615_2244065.jpg
椿昇のアッタ   真っ赤なハキリアリ
e0069615_2244917.jpg
私的には、この、ロン・ミュエクのスタンディング・ウーマンが一番かな?繊細な迫力です。e0069615_22442027.jpge0069615_22443064.jpg
e0069615_22444066.jpge0069615_22444965.jpg
e0069615_2244596.jpge0069615_22451025.jpg
e0069615_22452026.jpge0069615_22453126.jpg
ここに来たら、今回の旅のアドバイザーSさんに黄金のトイレに行ってみたら?と!言われていたので探しました。官庁通りの十和田奥入瀬合同庁舎に入り聞いてみました、が?職員の方も皆??です。職員の方のスマートホンで検索しても出てきません?1億円のトイレと言うのがヒット!その場所を調べるが??粗方の方角を聞き!その辺のおばちゃんに尋ねてみたら、そこだよ!何で?そんな所?と言われてしまいました。行ってみるしかないです!e0069615_22454193.jpge0069615_22455186.jpg
ここがそうかな?改装中で囲いがしてあります。入ってみました。・・・・・・・・e0069615_2246189.jpge0069615_22461198.jpg
男子用トイレですが自分では金ピカのトイレを想像していましたが・・・・・普通!e0069615_22462484.jpge0069615_22463477.jpg
用も足さずに出てきました。・・・・・?何が黄金とか1億円とか言ってるんでしようかね?帰り道に、また馬のオブジェ!お見送りです。調べた所、官庁通りは戦前、旧陸軍軍馬補充部が設置されていたことから「駒街道」という愛称で市民に親しまれているからだそうです。
黄金のトイレは別として十和田市はとてもセンスの良い良い街でした。十和田市現代美術館も一つの部屋が一つのアートで想像以上に素晴らしかったです。 皆さん!お奨めです。
[PR]
by van-shop | 2013-08-27 00:05 | 温泉 | Comments(0)
青森、八戸と言ったらイカ!食べに行くなら、イマデショ!
さ~!夏休みの初日!昨夜はクシデントが有りましたが宿も予約を入れてるので元気良く出発。
e0069615_2254819.jpge0069615_2254176.jpg
と言っても行動するには車が必要です。ジェミニは諦めてレンタカーを借りましょう!宿泊先のすぐ先、バスセンターにニッポンレンタカーが見えます。早速、飛び込み、オーダーしたら、何と予約してないんですか?貸し出し満車ですと・・・・・!トラックなら有るんですけどね~!青森まで行くのでパス!駅前のトヨタレンタカーなら持っているかもしれませんよ!そりゃ行くしかないでしょ!e0069615_22542790.jpge0069615_22543692.jpg
ここはバスセンター!駅まではちょっと遠い、丁度、盛岡駅行きのバスが!乗り込みました。e0069615_22544654.jpge0069615_22545552.jpg
ラッシュ時間は終わったの?車内はガラガラ。ついでに市内観光も!右に見えますは石割桜ですe0069615_2255429.jpge0069615_22551337.jpg
盛岡駅に到着!どこの駅近くにも有るレンタカー屋さんの位置。トヨタレンタは一番奥でした。すいませ~ん!4日間程、お車をお借りしたいのですが!フロントマン!少々お待ち下さい、イヤホーンマイクでやり取り!お客様、只今、キャンセルが有りまして、フィールダーならご用意できますと。何でもイイです。それお願いします。返却は岩手圏内なら無料なので一ノ関支店にしました。e0069615_2255214.jpge0069615_22553010.jpg
やはりレンタカーなのでナンバープレートは岩手500・・・・でした。やっぱり、オートマですe0069615_22553981.jpge0069615_22554853.jpg
それに、使用したことのないナビ付き!走行距離はまだ9374kmまだ3ヶ月の新車でした。e0069615_2255589.jpge0069615_225672.jpg
9時27分出発!国道4号線を北上、このまま行けば191kmで青森ですが、高速道を使いますe0069615_22561547.jpge0069615_22562812.jpg
ナビに今回の最初の目的地、八食センターをインプット!車を停めないとインプット出来ないんですね!やり方が解らなくて色々といじってみました。何とかなりそうです。アナウスの五月蠅いこと!仕事とか街中なら便利かも知れないが、旅行には余り使いたくないですね。旅行の楽しみが半減する。途中、西根辺りで小雨に合いましたが、その先は晴れています。安全運転で!走行車線。e0069615_22563722.jpge0069615_22564612.jpg
東北自動車道、竜が森トンネル1922m通過!安代JCTから八戸自動車道に入りました。e0069615_22565567.jpge0069615_225743.jpg
一戸、二戸の付近を通過!天候は時より小雨ですが晴れ模様です。青森県に入りました~!e0069615_225713100.jpge0069615_22572356.jpg
ナビの言うことを聞いて、左!八戸北に向かいます。ここは凄い雨に遭いました。八戸北ICですe0069615_22573236.jpge0069615_22574132.jpg
ナビさんいろいろ道案内してくれます。ここを右折です!国道45号線に入りました。この45号線をズーット行けば松島、塩釜、仙台に繋がっています。仙台三越前の交差点がこの国道45号線の起点(終点かも?)です。まだ雨は降っています。屋内だろうから平気だよ!e0069615_22575051.jpge0069615_2258115.jpg
ナビちゃん!この先100m先、左折です。と同時に看板、見みっけ!オッ!急に現れた!ここ。e0069615_22581053.jpge0069615_23112190.jpg
他の観光客と飯時間がバッテングしないように早めの時間に到着です。でも駐車場がコミコミ!e0069615_22583434.jpge0069615_22584413.jpg
今回の目的!七厘村での海鮮炭火焼きに挑戦!の七厘村を確認!まだ空いていた。館内探索e0069615_22585343.jpge0069615_2259499.jpg
観光ガイドブックに炭火焼きセット1500円と書いてあったので七厘村でお願いしたら、無い?市場で買って来て下さいと言われた、場所の確保だけしておきます。だと、なので市場内をグルグル!何にするかな?流石に八戸八食センター!規模が違います。おっきい~!品数豊富。e0069615_22591514.jpge0069615_22592563.jpg
イカもタコも新鮮、安いけど私でも、こんな大きいの余しちゃう!帆立にサザエ!これだな!e0069615_22593468.jpge0069615_22594581.jpg
元気のいい、おんちゃんのかけ声に捕まちゃいました。蟹まで買わされた。後ろで焼くように捌いてくれます。即、七厘村に戻り、予約していたテーブルに着きました。もう混んでる。ラッキー!e0069615_22595656.jpge0069615_230615.jpg
これが七輪です。炭も赤々と燃えていました。2時間300円。ライスもオーダー(値段忘れました)
e0069615_23017100.jpg
特大帆立!にサザエこれは焼くのでしょうが、岩牡蠣は生で食べるのか?一緒に焼いちゃえ!
e0069615_2302652.jpge0069615_2303754.jpg
      プリプリの岩牡蠣!             サザエにホタテ!丁度!食べ頃!e0069615_2304676.jpge0069615_2305613.jpg
好物のイカです。丸焼き。切れ目が入ってないので丸かじり!げそとイカのふ?焼いていいの?e0069615_231666.jpge0069615_2311670.jpg
イカのふ?焼いたら、大変なことに、油?なんだね。火柱がボ~!蟹が真っ黒焦げ!にe0069615_2312589.jpge0069615_2313660.jpg
蟹の半分は焼かずに食べたら、その方が美味しかった。余計な事として、何でも焼けばいいと言うもんでは無いのでした。でも、ここ海鮮炭火焼き処だからね!イカふは生で、醤油で食べるにかな?あ~ぁ!食った~。出発すっかな~!帰り、七厘村は行列になっていました。順調な滑り出しです
[PR]
by van-shop | 2013-08-26 00:10 | 温泉 | Comments(0)
2013年の夏休み~!何処かにいかなくちゃ。
2013年の夏!やっと暑くなって来た仙台、VANshop仙台は8月20~23日まで臨時休業ですe0069615_10193185.jpge0069615_10194572.jpg
今年は例年より、なが~い!休みを頂きました。で!ジェミニにETCも取り付けたし、オイル交換もしたし、工具箱も積んで出発OK~!休みを最大限活かすように前日の閉店ごの出発です。e0069615_10195476.jpge0069615_1020494.jpg
ちょっと早く閉店、GO!明るいが夕暮れの仙台宮城インターから東北自動車道に乗りますe0069615_10201322.jpge0069615_10202378.jpg
自分で装着したETCで専用レーンを無事通過!(3回目かな?)まずは盛岡方面に向かいます。e0069615_10203340.jpge0069615_10204454.jpg
東北自動車道下り線、渋滞は無し。ジェミニは追い抜き車線を快調に走行(この辺までは)です。e0069615_10205422.jpge0069615_1021483.jpg
岩手県に入り花巻ICを過ぎた頃、虫の知らせ?か紫波SAに立ち寄り、小休止。再出発!e0069615_1021154.jpge0069615_10212699.jpg
何かが違う?紫波ICから一般道へ!大事を取って高速を下りました。ゲートを出て左折!すぐ?e0069615_10213534.jpge0069615_10214635.jpg
エンジンストール!楕速で路肩に停車!エンジンルームを覗き込むとラジエター液が噴出した形跡有り。温度計に異常は無かったけどな~。私的見解だと、ウォーターポンプが壊れた模様!ジェミニのウォーターポンプはタイミングベルトで駆動です。ウォーターポンプが破損した場合、タイミングベルトも回らなくなりエンジンがストールしたと考えられる。エンジンを開けて見ないと分からないですね!だとすればタイミングベルトも駄目?と言うことは、ピストンとバルブが当たってこのエンジンご臨終か~!止まったときエンジンがら異音はしなかったので助かっていることを祈ります。それよりこれからの旅の行動です。まずはこの場を何とかしなくちゃ!と、思いついたのが近くの矢巾の岩手医大の那谷教授が脳裏に。早速電話!事の次第を話したら、快く来て貰える事に!教授に大学の駐車場に牽引して貰って預かってもらおう!持参の牽引ロープを用意して待つ!e0069615_10215660.jpge0069615_1022550.jpg
救世主那谷ニューミニ・クーパー到着!さ!牽引をお願い致します。・・・・・?引っ張るフック何処にあるの?取り説とにらめっこ!なんと、ニューミニクーパーは牽引されるフック(前側)は有りますが、牽引する(後ろ側)にはフックが有りません。この車、助けて貰うばかりの車か~!残念。e0069615_10221742.jpge0069615_10222747.jpg
那谷教授、JAFで運んで貰ったら!早速JAFに電話してみました。流石に的確な受け答え。料金を聞いてみました。JAFに加盟していないので岩手医大駐車場まで2万円を超えると・・・・・・!あちらのアドバイスとして保険に加入していればそのロードサービスを受けた方がよいのでは?と。そう言えば、この前に御厄介になったな!そちらにも電話!レッカー10万円までなら無料だそうです。即、頼みました。しばし待ちましたがレッカー車到着!盛岡から来たようです。e0069615_10223657.jpge0069615_10224663.jpg
レッカー距離で金額が変わる見たいですがここから仙台までだと10万から2.3万の超過料金が発生する様ですが、自分が岩手医大駐車場まで来て牽引して帰ることを考えたら断然安いです。e0069615_10225654.jpge0069615_102379.jpg
ジェミニを仙台の自宅までの搬送はこの旅の後で、一時盛岡のロードサービスに保管して頂くことに、私は那谷教授に乗せられて本日の宿に向かう。とその前に急いだので教授室に帰還e0069615_10231734.jpge0069615_10232865.jpge0069615_10233889.jpg
那谷教授!ごめんなさ~い!10時半を回っちゃいましたね。夜の構内は静かですe0069615_10235133.jpge0069615_1024258.jpg
那谷教授室?玩具倉庫!あらら~!まだ増えましたね~!e0069615_10241220.jpge0069615_10242457.jpg
他の場所にもまだまだ有るそうです。今、話題の零戦も有りました。e0069615_10243594.jpge0069615_10244613.jpg
VANのレターカーデガン!VANトレー!ご愛好有り難う御座います。e0069615_10245699.jpge0069615_1025961.jpg
程なく盛岡に旅行の時の常宿、大和旅館に到着。遅くで誰も居ません。勝手知ったる・・・・で!
こうなったら、前向きに、ひと風呂浴びて、明日からの作戦会議?だ~!
[PR]
by van-shop | 2013-08-25 15:07 | 温泉 | Comments(2)
2013年の夏休み!臨時休業のお知らせ!
他県ではかなりの気温上昇と異常雨量のニュースが聞かれる昨今!仙台も暑くなってきました。
e0069615_13161219.jpg
お陰様で先日、6月末決算を無事に決算申告を終えることが出来ました。仙台南税務署と仙台南県税務所に仙台市民税務所に行って法人税を納めて30期を終えることがで来ました。e0069615_13162568.jpge0069615_13163799.jpg
法人税って思っていたより納めなくてはならないんですね。これを基に節税に勉めたいと思います
e0069615_13164893.jpg
本題です!ちょっと一段落したところで、夏休みを頂きます。
期間は8月の20日(火)から23日(金)まで臨時休業とさせて頂きます。

青森方面を今回はジェミニ。ハンドリングbyロータスで回ってくる計画です。ETCを付けたので高速道を使おうと考えています。余談ですがVWタイプⅡは健在?ですよ。
それでは、行って参ります!帰ったらブログで報告します。お楽しみに!
[PR]
by van-shop | 2013-08-19 13:54 | van | Comments(0)