<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
お仕事!VANサンプル展示&パタ-ンメイドの受注会を開催
たまには、お仕事のネタで!皆さん、聞いて下さい。
e0069615_23253190.jpg
9月20日~29日VANシーズンアイテム&パターンメイドの受注会を開催致します。
e0069615_23254542.jpg
サンプルを確認しながら先行注文が出来ます。と言っても、今年は大変に申し訳無いのですが、好調商品が続出?この先行受注会でも品切れ商品が出ています。まだ品切れになる前の予約をお奨め致します。是非、お店に足をお運び下さい!e0069615_23255588.jpge0069615_2326569.jpg
同時、VANとボートハウス『夢のコラボレーションシリーズ』も販売中!残りわずかとなりました
e0069615_23261449.jpg
お誘い合わせの上、ご来店下さい!お待ち致して居りま~す。
[PR]
by van-shop | 2013-09-21 00:01 | van | Comments(0)
一ノ関から新幹線で仙台へ
e0069615_2051656.jpge0069615_20511656.jpg
e0069615_20512596.jpge0069615_20513471.jpg
e0069615_20514358.jpge0069615_2051527.jpg
e0069615_2052210.jpge0069615_20521112.jpg
e0069615_20525754.jpge0069615_2053782.jpg
e0069615_20522045.jpge0069615_20523086.jpg
e0069615_20523985.jpge0069615_20524821.jpg
e0069615_20531735.jpge0069615_20532661.jpg
e0069615_20533587.jpge0069615_20534594.jpg
e0069615_20535439.jpge0069615_2054439.jpg

[PR]
by van-shop | 2013-09-20 21:01 | 温泉 | Comments(0)
一ノ関に行くのに時間が余ったので花巻のマルカンデパートに
旅行初日、ジェミニのアクシデントにより盛岡で借りたレンタカーのでの旅となりました。この旅も最終日、レンタカーの返却日です。1時30分までに一ノ関駅に行かなくちゃ!e0069615_23154336.jpge0069615_23155282.jpg
早めの行動(普段は苦手)?酸ヶ湯温泉を出発して予定(青森から岩手って思ったより近かった)より早く来てしまい、 途中の花巻ICから国道4号を花巻に立ち寄り。マルカンデパートを探す!市街をグルグル!見っけました。裏の駐車場に祝甲子園出場!の貼り紙、惜しくもこの時は負けちゃってました。でも良い所まで行ったよね!日本を騒がせた。ここに駐車してデパートへ向かう!e0069615_2316143.jpge0069615_23161440.jpg
8階建ての昭和的なデパートです。エスカレ-ターで6階の展望大食堂に上ります。e0069615_23162613.jpge0069615_23163512.jpg
エスカレーターは5階まで。この上の階です、階段を上がると展望大食堂の後ろからの入ります e0069615_23164470.jpge0069615_23165417.jpg
懐かしい感じ!食堂に入ろうとしたら、・・・下の階とは別の建物か?と言うくらいに人がいる! e0069615_2317369.jpge0069615_23171281.jpg
後ろから入ったので食堂を横切り入り口(エレベーター側)の食券売りに来ました。目的はこれ! e0069615_23172292.jpge0069615_2317316.jpg
全国テレビ放送で話題になった、特大ソフトクリームを食べに来ました。早速、食券を購入! e0069615_23173926.jpge0069615_23174919.jpg
満席で空いた展望絶景場所をすかさず確保!ついでにナポリタン(420円)もオーダー! e0069615_23175893.jpge0069615_23181313.jpg
この食堂に来たら何となくナポリタンが食べたくなりました。昭和の感じだな~!量は多いe0069615_23182196.jpge0069615_23183126.jpg
お~!きたきた。みてみて!この大きさ。すばらしいでしょ!150円です。箸で食べましたe0069615_23184186.jpge0069615_23185072.jpg
ふ~ぅ!食った~!そう言えば、1時間前に紫波SAでソフトクリーム食べたんだっけな!ミニサイズの110円の奴(これで普通のと変わらない)で良かったかも?でもブログネタの為に!今日もテレビ局が取材に来てました。この大食堂、清掃も行き届き居心地満点、後世に残したい場所ですe0069615_2319050.jpge0069615_2319980.jpg
特大ソフトとナポリタン(これも量多め)を食った。12時12分だ一ノ関に向かうか! e0069615_23191943.jpge0069615_2319296.jpg
国道4号はどっちだ?ナビさん!ナビの言うことを聞かず、市内をグルグル。一ノ関まで49km
[PR]
by van-shop | 2013-09-16 23:22 | 温泉 | Comments(0)
酸ヶ湯温泉から発って一ノ関に1時30分まで着かないと?
いよいよ本日は、旅行4日目、色々と有りましたが最終宿泊地の酸ヶ湯温泉を出発です
e0069615_054681.jpge0069615_06949.jpg
国道103号を少し走り、左折して国道394号に。前回、青荷温泉から来たときの道です。 e0069615_062649.jpge0069615_064394.jpg
酸ヶ湯温泉を発ってまだ少し、現在8時35分。なだらかな道を下りて行きます。 e0069615_07199.jpge0069615_07173.jpg
まもなく展望台らしき所が現れました。チョット立ち寄り!ここがS氏特命の城ヶ倉大橋ですか?e0069615_07317.jpge0069615_074695.jpg
城ヶ倉渓谷を過ぎしばし走ると以前に無かった(工事中)スノー(風かも)シェルターが 現れます。e0069615_08473.jpge0069615_082023.jpg
記念ポイント!借りての走行距離は850kmですが総走行距離が10000kmに達しました。e0069615_08417.jpge0069615_09169.jpg
黒石温泉郷を経て東北自動車道の黒石インターチェンジから乗り盛岡方面に向かいます。 e0069615_091760.jpge0069615_093621.jpg
大鰐弘前を通過。交通量はさほど多く有りません!法定速度厳守!碇ヶ関トンネルに入りました e0069615_095847.jpge0069615_0102471.jpg
チョット秋田県に突入です。十和田ですね。ジェミニが何でも無かったら奥入瀬渓流をまわるのにe0069615_010539.jpge0069615_0111322.jpg
オッ!ばが早いニューMiniが抜いて行きました。サービスエリヤ停車中、こちらはノンストップで抜いてやった!すぐまた抜き返されたけどね!梨木トンネルです。もう岩手に入ってるのかな? e0069615_0112861.jpge0069615_0114396.jpg
安比だと思ったら安代ジャンクションだ!右方向の盛岡方面にハンドルを切ります。左は八戸自動車道。出発の時のルートで八戸に行っちゃう!来たときの八食市場に又行きたいな~!e0069615_0311075.jpg e0069615_0115993.jpg
北緯40°線を通過!松尾 八幡平も通過中!この辺にも良い温泉がいっぱい有りますね。e0069615_0121665.jpg e0069615_0123890.jpg
岩手山が見えて来ました。2038mの綺麗な山ですね。岩木山の1625mより高いe0069615_013011.jpg e0069615_0132972.jpg
現在10時25分、酸ヶ湯を出発して2時間で出発して高速に乗った滝沢に戻って来ました。e0069615_0135235.jpg e0069615_0141134.jpg
盛岡で借りたレンタカーは乗り捨て岩手県内なら無料なので盛岡も矢巾も通過です。e0069615_0142933.jpg e0069615_0145399.jpg
4日前ジェミニが突然のエンジンストールに見舞われた紫波インターチェンジも通過!でも・・・まだ10時46分?一ノ関に早く着いちゃうな~!紫波サービスエリヤで様子を見るか?e0069615_0151770.jpg e0069615_0154285.jpg
紫波サービスエリヤ。おや?ぺこちゃんの、いわて牛乳ソフトだ!300円一つちょうだい!e0069615_0155959.jpg e0069615_0162537.jpg
それでもまだ11時!余裕有りすぎ。高速を下りて国道4号を行こう!花巻から下りました。e0069615_0165422.jpg e0069615_0172052.jpg
花巻のインターチェンジで下りては見たけれど、温泉に立ち寄る時間は無い、そうだ!良い考えe0069615_0174721.jpg e0069615_0183193.jpg
テレビで紹介していたデパートに行ってみよう!どこだ、どこだ?花巻駅目当てに行ってみっか!
[PR]
by van-shop | 2013-09-15 00:34 | 温泉 | Comments(0)
いよいよ最終宿泊先です。酸ヶ湯温泉に来ました。
すっかり気いった八甲田ホテルを出て、ほんの3分下った所が酸ヶ湯温泉に到着です。
e0069615_23152119.jpge0069615_23153175.jpg
2回目の訪問ですが前回は立ち寄り湯に入っただけ、今回はお泊まりです。e0069615_23154033.jpge0069615_23155020.jpg
やはりそこで宿泊して鄙びた温泉に浸かり、ゆっくりと過ごす。立ち寄りとは全然違う顔が!e0069615_2315593.jpge0069615_2316101.jpg
「酸ヶ湯」この温泉も日本でも入ってみたい温泉トップ10には常に入ってますよね!広い玄関e0069615_23162094.jpge0069615_23162977.jpg
ここにも八甲田ホテルでも見かけた、棟方志功書の額縁が!登山客の為かエントランスも広いe0069615_23163845.jpge0069615_23164843.jpg
奥の左右が客室に通ずる入り口。同系列の八甲田ホテルとは和と洋の趣が違います。両方いいe0069615_23165669.jpge0069615_2317694.jpg
私の泊まった、昭和の感じの部屋。窓の下は川が流れています。クーラーは入らない位涼しいe0069615_23171528.jpge0069615_23172439.jpg
早速、温泉に入りに行きましょう!右写真中央が女性専用の内湯です。男湯は向い側に有りすe0069615_23173511.jpge0069615_2318428.jpg
千人風呂は洗い場が無いので、その前に内湯の「玉の湯」で(男女別々)身体を洗い流しますe0069615_23183571.jpge0069615_23184510.jpg
ファンタ・グレープが有りました。プファ~!風呂上がりの1本こだえらんね!直ぐ、部屋で夕食e0069615_23185663.jpge0069615_2319666.jpg
     夏の酸ヶ湯膳です。             先付け、青森県産 長芋の千切り梅肉掛けe0069615_23191619.jpge0069615_23192693.jpg
前菜、青森県産カシスヨーグルト寄せ。牛サガリ燻製。茄子田楽焼。わさび枝豆。
造り、近海の鮪と烏賊のお造り
e0069615_23193537.jpge0069615_23194597.jpg
   焼き物、岩魚塩焼。ふき味噌添え。    陶板、ホエー豚陶板焼 旬の野菜 おろしポン酢 e0069615_23195612.jpge0069615_2320643.jpg
煮物、陸奥湾産帆立と金山産山の芋のゆば包み 地の野菜 銀あん掛け。
新肴、鯖鯟 蕪ばさみ 黄味酢 木の芽
e0069615_23201423.jpge0069615_23202545.jpg
酢の物、青森県深浦産「ぎばさ」鹿の子胡瓜。 
冷鉢、地鶏のサラダ風リンゴペクチン入りヨーグルトドレッシング
e0069615_23203469.jpge0069615_23204462.jpg
フルーツ、青森県産 姫りんごワイン漬。     香の物、大根と白菜の葉くるみ漬e0069615_23205430.jpge0069615_2321424.jpg
青森県産米の美味しいご飯!おひつでお代わりしました。     お味噌汁!e0069615_23211367.jpge0069615_23212369.jpg
食事の後は、あの「ヒバ千人風呂」に入りましょう!混浴ですが入り口は右左、別です。e0069615_23213310.jpge0069615_23214353.jpg
混浴を守る会の混浴に入る三か条が掲げてありました。ここは撮影禁止なのでポスターでどうぞe0069615_23215375.jpge0069615_232222.jpg
160畳程の巨大な総ヒバ造り、柱が1本も無い大浴場です。源泉の4つ有る浴槽は全部、異なる源泉からの投入で、中でも熱湯は、浴槽の底から湧く源泉です。名前に反して、ぬるめで体の芯まで温まることからこう呼ばれているそうです。私は一番大きな四分六分の湯が気に入りました。
大浴場に入って早速、ご就寝。     おはようございます。朝です、部屋にはトイレも洗面所も付いてません。共同洗面所で朝支度です。何か!修学旅行みたいな、懐かしい感じ。e0069615_23221163.jpge0069615_23222075.jpg
朝食は部屋食でなく、玄関の2階に有る明るい広々とした食堂でバイキングです。奥にも部屋がe0069615_23222869.jpge0069615_23223984.jpg
山菜とか御当地の食材に目が行きます。定番的な品をチョイス!写真を撮るの忘れてました。e0069615_2322498.jpge0069615_23225918.jpg
仕上げの牛乳です。腰に手をやって片手でグゥイ!とやりたかった。窓際から駐車場が見えますe0069615_232381.jpge0069615_23231851.jpg
朝飯も食ったし今日のスケジュールは長距離になりそうなので早めに出ましょう!登山者が多いe0069615_23232769.jpge0069615_23233846.jpg
このレンタカー、盛岡で借りたのですが返却の際、岩手県内なら乗り捨て無料と聞いていたので、仙台に一番近い一ノ関駅のトヨタレンタカー屋さんまで行くことにしました。そこからは新幹線を使う予定です。で!ナビさんに一ノ関までをインプットしました。さ~!帰るぞ。
[PR]
by van-shop | 2013-09-12 23:57 | 温泉 | Comments(0)
酸ヶ湯の前に八甲田ホテルに来てみました。
青森自然公園ねぶたの里から2日前に通った道103号線を蔦温泉の方向に戻ります。
e0069615_015323.jpge0069615_0151545.jpg
ねぶた観賞後の木立の中をユックリとドライブ。十和田八幡平国立公園。八甲田山が綺麗です e0069615_015269.jpge0069615_0153577.jpg
八甲田十和田ゴールドラインを走行!八甲田ロ-プウェイによっこ寄り!スキー何年もしてないな e0069615_0154430.jpge0069615_0155713.jpg
この辺は 昨日、通った道をただ戻ってるだけです。も直ぐ、今夜の宿泊先の酸ヶ湯温泉です。e0069615_016736.jpge0069615_0161682.jpg
見えてきました、とんでもない積雪の宿、酸ヶ湯温泉。今年の冬に山形県の肘折温泉に行きましたが、そこも豪雪地帯で5mの積雪が有りました。結構な雪でジェミニで行くのを断念したくらい。だけれど、酸ヶ湯温泉はその上を行く6mとか?冬の酸ヶ湯温泉にも来てみたいものです。 e0069615_0162651.jpge0069615_0163690.jpg
ナビのお陰?で早めに着いたので、この上の八甲田ホテルに行ってみましょう!と、その前に? e0069615_0164521.jpge0069615_0165543.jpg
S氏の特命その?まんじゅうふかしに立ち寄ること!有りました。細いデコボコ道を下りていきます、Uターンできっかな?これか?温泉の噴きだし点みたいです。その先に有りました。e0069615_01742.jpge0069615_0171366.jpg
まんじゅうふかし!知る人ぞ知るユニーク温泉です。服を脱がずに温泉効果が得られる名物施設、木製のベンチが蓋をした桶のようになっていて、腰掛けると、蒸気で体を温めてくれる仕組み!男性の先客1名がいらっしゃいました。ここは女性専用なのでしょうかね?半分で仕切って”ちんちんふかし”が有っても良いと思うんですけど!私だけでしょうか?こんな事言ってるの。 e0069615_0172354.jpge0069615_0173338.jpg
まんじゅうふかしのベンチの向こうは温泉の川になっています。湯気ぼうぼう!その奥が東北大。e0069615_0174226.jpge0069615_0175479.jpg
さ~!次ぎ。直ぐ隣です。カップルでクリスマスを迎えたい人気NO1の八甲田ホテルです。 e0069615_018958.jpge0069615_0181919.jpg
ブナの森に抱かれた高原のリゾートホテル。アメリカ杉のエントランスにカナダパインの丸太を用いたロビー!木の温もりが感じられるロッヂ風ホテルです。酸ヶ湯温泉と経営が一緒みたいです。e0069615_0182996.jpge0069615_0183972.jpg
フロント・スタッフに昼食だけ取れるかと先に確認したら、確認しに行ってくれて、快く!カレーなら大丈夫ですと。早速、車を駐車して入ってみました。いや~!一流ホテルですね!敷居高いですe0069615_0184856.jpge0069615_019163.jpg
いや~!無垢の太い木をふんだんに使った室内!贅沢な空間です。センターには古いピアノがe0069615_0191027.jpge0069615_0192045.jpg
テーブルと椅子もひとつひとつ不揃い、それがまたお洒落なんですね~!バーカウンターもe0069615_0193080.jpge0069615_0194047.jpg
コーナーに置いてある備品も一流のセンスと言った感じ!本物志向ですね!ここはイイ!e0069615_019494.jpge0069615_020056.jpg
シャンデリヤも控えめ、暗くなってからのライティングも見てみたいものです。運ばれて来ました。e0069615_0201043.jpge0069615_0202066.jpg
オーダーしたのはホテル特製のビーフ・カレー(1,890円)にサラダとコーヒーのセット(630円) e0069615_0203089.jpge0069615_0204032.jpg
こんな美味しいビーフ・カレーを食べたのは初めてです。ビーフステーキが入っているかと思ったくらいの肉とカレー味が何とも言えません!ん~!美味い。またコーヒーも美味いんだなこれが! e0069615_020501.jpge0069615_021039.jpg
帰りのフロント・エントランス、棟方志功書の習字?に版画?本物でしょうね!威厳が有りました。
駐車場に戻る途中に後方に建物からおとなしい、大きな犬が出てきました。何か有名な・・・とか(後で解った)写真撮るの忘れた。残念!また来たいホテルでした。でも宿泊も高級な値段でしたe0069615_0211059.jpge0069615_0212155.jpg
国道103号線の直ぐ上にゲートが有り、冬期閉鎖はここまで。ホテルまでは除雪されるのでしょうね!さ~!酸ヶ湯温泉に向かいましょう!途中に東北大学植物園八甲田山分園が有りました。気温23℃ 8月なのに涼しいです。
[PR]
by van-shop | 2013-09-09 00:31 | 温泉 | Comments(0)
青森 ねぶたの里に来てみました。
ツアー・アドバイザーSの特命?鶴田町で岩木山をバックに鶴の舞橋を見よ!無事完了!で次は
e0069615_0122616.jpge0069615_0123628.jpg
青森市に有るねぶたの里に!こちらもS氏の特命?です。一応!ナビにインプット。ここは出た。e0069615_0124584.jpge0069615_013852.jpg
岩木山を右に見ながら国道339号線を弘前方面に向かわせられました(ナビに)?e0069615_0132359.jpge0069615_0133374.jpg
JR五能線の掛落林踏切で深浦で見たのと違う立派な車両と遭遇。弘前行きかな~?e0069615_0134576.jpge0069615_0135520.jpg
ナビさんのご要望の通り?県道?35号を浪岡方面に誘導!途中の沿川警察官駐在所を通過e0069615_014488.jpge0069615_0141568.jpg
青森市の看板!そこから長いトンネルが現れました。トンネルを抜けたらコカ・コーラの会社?e0069615_0142826.jpge0069615_0143843.jpg
で!国道7号線に出ました。ナビに高速優先の設定した為、東北自動車動に左折指示!e0069615_0145217.jpge0069615_015470.jpg
浪岡インターチェンジよりETCレーンで青森自動車道に乗りました。時間に余裕!優先。e0069615_0151498.jpge0069615_0152373.jpg
東北自動車道から分岐点で青森自動車道に乗り青森市街地へ!程なく青森中央ICで降ります。e0069615_0153341.jpge0069615_0154347.jpg
一般道に降りて、交差点・左です!ナビの言う事を聞きます。また国道7号線に出ました。e0069615_0155262.jpge0069615_016261.jpg
ナビ任せにしばらく走ったら、ねぶたの里の看板。400m先だって!やっと到着。車が少ないな~e0069615_0161194.jpge0069615_0162146.jpg
e0069615_0163270.jpge0069615_0164213.jpg
e0069615_0165168.jpge0069615_017134.jpg
e0069615_0171043.jpg
ねぶたの里、青森自然公園内に有り、大型ねぶた10台を展示、ねぶた手作り体験も出来ます。e0069615_0172276.jpge0069615_017332.jpg
薄暗い館内にねぶたが並んでいます。右のねぶたは平成20年度出陣の「聖徳太子現る」製作は内山龍星。用明天皇の子、厩戸王子は、穴穂部王子によって父、兄弟を、殺害されやむなく大和を後にした。数年が経ち、風の便りで穴穂部王子が即位し大王になったと聞き大和に戻る事を決意した。一方、穴穂部王子は、仏教徒を集め処刑を繰り返し、弾圧を強めていた。ある日、一群の人々が数珠繋ぎにされた姿で柵の中央に引き出された。すると柵の一方が開かれ、豹の群れが走り込み仏教徒達の喉を噛み裂き殺戮していた。すると黒駒にまたがり厩戸王子が現れ、次々と豹の首をはね、仏教徒達を柵の外へ逃し、雑兵を切り捨て、穴穂部王子を一刀両断した。その後大和国は平和になり厩戸王子は即位し聖徳太子となった。の説明分がありました。e0069615_0174385.jpge0069615_0175332.jpg
左のねぶたは平成21年度出陣の義と愛「直江兼続」製作は千葉作龍。戦国乱世の時代「直江山城守兼続」は名将「上杉謙信景虎」の養子「上杉景勝」に幼少の頃から仕えた上杉家の重臣である。「織田信長」の死後、「豊臣秀吉」と同盟し朝鮮出兵の功により米沢三十万石の領主となった。しかしその秀吉も病死、やがて天下は「徳川家康」に傾いていた。上杉の力を恐れる家康の天下取りの策略に「直江状」を送るなど、「石田三成」に対し「義」を貫き、天下分け目の関が原の戦いでは、西軍として隣国「最上義光」と「北の関が原」を戦った。しかし、三成は敗れ景勝は米沢三十万石に減封される。その後、兼続は質素な生活に身を置きながらも、軍備のほか領民の為に尽力、農業、土木事業などにも力を入れ上杉家への「愛」を貫いたという。このねぶたの場面は、愛染明王」の加護のもと、「越後の龍」と称された上杉謙信の化身に見守られ、「義と愛」をもって戦う文武両道の智将「直江山城守兼続」の勇姿である。e0069615_018351.jpge0069615_0181487.jpg
左のねぶたは、川中島の合戦です。戦国時代、北越を支配する上杉謙信と、甲州信濃を統一した武田信玄は、領地をめぐる激しい攻防を繰り返し、十二年にわたり激戦を展開した。永禄四年(1561年)両軍、最後の決戦とすべく臨んだ戦いが世に名高い「川中島の合戦」である。謙信三十二歳、信玄四十一歳のこの時、両軍合わせて八千名を越える兵が戦死し、血を血で洗う大戦であったと後世に伝えられている。武田軍の奇襲の裏をかき、深く立ち込める朝靄の中、武田陣営に切り込んだのは上杉軍勢であった。しかし、別働隊の到着により数で勝る武田勢に背後を突かれ、戦況は一変する。「風林火山」の甲州軍旗が揺れ動く中、謙信は千曲川を渡り、信玄に三太刀切りつける。その刀を、信玄が軍配で受け止めたちいう。伝説の場面を表現したのがこのねぶたである。世に語り継がれる謙信と信玄の一騎打ちであるe0069615_0182583.jpge0069615_0183427.jpg
左のねぶた、「三国妖弧伝」            右はその裏側だったと思います。 e0069615_0184555.jpge0069615_018549.jpg
e0069615_019465.jpge0069615_0191357.jpg
e0069615_0192348.jpg
以前、五所川原の立佞武多を見ていたので、青森のねぶたはもっと大きいのと想像していました。見てみたら結構、コンパクトなんですね!五所川原の立佞武多はインパクト有りました。e0069615_0193368.jpge0069615_0194358.jpg
ねぶたの下の部分ここを引っ張り舞わすんだね!この館内でねぶたの運行体験ショーが1日4回行われている。が時間が合わず未体験です。人数が少なくてもショーは有ったのかな~?e0069615_0195614.jpge0069615_020671.jpg
ねぶたの顔の部分の紙貼り体験の出来ます。但し、一枚100円が掛かるみたい?
五所川原の立佞武多を見たときにも有った、金魚形のねぶた!カワイイ!e0069615_0201536.jpge0069615_020254.jpg
こちらは平面型の弘前ねぷた!青森ねぶたが動なら弘前ねぷたは静のお祭りだそうです。e0069615_0203532.jpge0069615_0204542.jpg
「みちのく太鼓」この大太鼓は樹齢三百年の天然杉でつくられており、直径が11尺2寸(3.36m)長さ13尺2寸(3.96m)の日本で有数の大きさを誇っています。叩きましたが、とんでもない音が出ます。ストレス解消に良いかもですよ。リズム感が無いのに気づかされましたけどね!
[PR]
by van-shop | 2013-09-08 00:24 | 温泉 | Comments(0)
ガソリンも入ったし!次の特命?鶴の舞橋に向かいましょう
ガソリン計残量0警告灯点き放し!何とか、深浦のガソリンスタンドに辿り着き、給油完了!
e0069615_2314736.jpge0069615_23143725.jpg
これで一安心!ゆっくり深浦の町でも見ましょうか?港で小休止。これが深浦駅か!ちっせ~!e0069615_23145091.jpge0069615_2315258.jpg
本日の特命は富士見湖パークに行って鶴の舞橋を見ること!昨日来た国道101号線を北上ですe0069615_23153715.jpge0069615_23154611.jpg
国道101号線の海側に五能線の線路が有りました。途中晴れていたり、雨だったりまちまちですe0069615_23155642.jpge0069615_231667.jpg
鰺ヶ沢に戻って来ました。雨の、かそせ道の駅いか焼き村を通過!その後は晴れています。e0069615_23161694.jpge0069615_23162864.jpg
千畳敷海岸で一休みしていたら五能線に電車が来ました。早速追い掛けます。e0069615_23163729.jpge0069615_23164794.jpg
しばらく国道101号線とJR五能線は併走します。速度もゆっくりでゆうゆう追い掛けられます。e0069615_23165643.jpge0069615_2317699.jpg
五能線とはしばらく併走してお別れです。青空も見えてきました。焼きイカ通りのバイパスを走る。e0069615_23171529.jpge0069615_23172582.jpg
前回は焼きイカ通りを迂回するバイパスのお陰で、美味しい焼きイカを食べ損ねた!今回は来る時にちゃんと焼きイカ通りで食べました。この先、青森観光大使犬わさおのお店ですがスルー!e0069615_23173474.jpge0069615_23174449.jpg
ナビに鶴の舞橋とインプットしてもそれらしき場所がピックアップ出来ない?鶴田町の役場にインプット!でも?国道101号線を五所川原に行きそうな勢い?岩木山の麓のはずだけど?岩木山が後ろに遠ざかるし!ナビを無視して少し戻り岩木山方面に向かいました。自分の感を信じろ!e0069615_23175489.jpge0069615_2318420.jpg
この辺はリンゴ畑が多い、真っ直ぐな道路が続きます。あらら!捕まちゃったのね!自分も気を付けなくちゃ?鶴田町付近に来ましたが、それらしき看板も見当たりません?仕方がないので、コンビニ(ローソン)に駆け込みました。親切に出てきてこの道の二つ目の交差点を右・・・・と案内してくれました。早速!店員さんの言うとおり曲がって真っ直ぐ・・・その気配、感じないんですけど?e0069615_23181454.jpge0069615_23182331.jpg
途中!水元警察官駐在所が有ったので尋ねたら、留守でした。向側にレトロな昭和の学校風の鶴田町立水元小学校が有ります。ここは閉鎖されて何処かこの近くに移って居る様でしたね。e0069615_23183347.jpge0069615_23184349.jpg
このまま直進です。おや?有った、鶴の舞橋1kmの看板!この辺かな?左に行ってみましょう!e0069615_23185340.jpge0069615_2319229.jpg
お~!それらしい橋が遠くに見えます。ここだここだ。富士見湖パークの売店に到着です。e0069615_23191178.jpge0069615_23192181.jpg
鶴の舞橋、津軽富士見湖に架かる橋で青森県産ヒバ材を丸太3000本、板材3000枚を使用した全長300mの日本一長い木造の三連太鼓橋。鶴が羽を広げたような形が名前の由来かな?e0069615_23193487.jpge0069615_23194525.jpg
それでは、はしを?渡ってみましょう!架け替えたのでしょうか?新しいです。結構、長いですねe0069615_23195585.jpge0069615_2322968.jpg
廻堰大溜池の沿革、古記によると、この為池は岩木山を水源とする白狐沢からの自然流水による貯水池であったものを、万治3年(1660年)に四代藩主津軽信政公が、樋口権右衛門を廻堰大堤奉行に任命し、柏村地方の用水補給の為の堤防を築き用水池にしたものと記録されている。その後、豪雨、融雪と自然災害により元禄、寛政、文政、明治、大正と堤防が決壊し、そのたびに大修理が加えられ関係者の苦難は多大なものであった。しかしこの長期にわたる努力と地域住民の献身的な働きかけにより、国や県の手により堤体や取水施設等の整備がなされ現在のため池となっている。貯水量は、1,100万トン(直接かんがい面積393ヘクタールと県内でも最も大きな人造湖であり、当地域の重要な農業施設となっています
e0069615_23232965.jpg
このため池は周囲11kmのうち堤長4,178m堤高7mと日本でも有数の大きなため池であり、ことに堤長に関しては日本一です。  残念なことに今日は岩木山の頂上に雲が掛かってました。e0069615_23235478.jpge0069615_232463.jpg
ため池に映る壮大な岩木山の姿から「津軽富士湖」の名称で親しまれており、また古くから豊富な淡水魚類、野鳥の宝庫としても知られている。だそうです!
[PR]
by van-shop | 2013-09-07 00:02 | 温泉 | Comments(2)
黄金崎不老ふ死温泉に宿泊です。
入ってみたい温泉ランキングで常に上位にランクされる不老ふ死温泉が予約できました。
e0069615_2317141.jpge0069615_23171088.jpg
夕日の名所、艫作崎に立つ人気温泉宿。波打ち際の露天風呂はひょうたん形の混浴と楕円形の女性専用が。食事は通年味わえるアワビやサザエ、に近海で揚がった魚介料理が楽しめる。前回、ここに宿泊しようとしたら満杯!ただ立ち寄っただけで、日帰り温泉入浴も無しでした。e0069615_2317196.jpge0069615_2317289.jpg
前回は雨の中VWタイプⅡでの来訪でしたが、今回はレンタカーで宿泊です。露天風呂の日帰り入浴は8:00~16:00(最終受付15:30)なので、宿泊しないと夕日に染まる波打ち際の絶景温泉に入れないのです。宿泊すれば日の出から日没までOK!ただし天候に左右されます。e0069615_23173757.jpge0069615_23174660.jpg
広いフロアーに他の宿泊者もドンドン入場して来ます。カウンターでチェックイン!二階の部屋に案内されました。その際に車のガソリン残が少ないので買い置きは有りませんか?とたずねたら!有りませんの返答でした。困ったな!それはそうとサンセット!今日はどうでしょうかね!e0069615_23175581.jpge0069615_2318596.jpg
部屋から日本海がクッキリ天候もバッチシ!これは期待できます。まず内風呂で身体を流しますe0069615_23181498.jpge0069615_23182377.jpg
新館大浴場です。この風呂でも十分なくらい日本海の大パノラマ湯船です。海が光ってるe0069615_23183389.jpge0069615_23184272.jpg
洗い場も広く数も多いサウナも併設してあります。眼下にあの露天風呂!が見えましたe0069615_23185269.jpge0069615_2319287.jpg
そこから日本海パノラマ展望風呂に出てみました。ここもなかなかなものです。ここでも十分!
e0069615_23191489.jpg
どうです!いい眺めでしょ!あの暗い日本海のイメージが良くなりましたe0069615_23192521.jpge0069615_23193691.jpg
一旦、部屋に戻って、日の入り時間(18:30)の30分前に露天風呂に行くようスタンバイ!e0069615_23194893.jpge0069615_23195827.jpg
部屋から見えた夕日も綺麗でした。新館から本館を経て露天風呂に向かいます。露天風呂到着
e0069615_2320849.jpg
最高~な日没が見られました。感激!左手がひょうたん型の混浴。右上に女性専用が有ります
e0069615_23201720.jpg
完全に日没した日本海!赤く夕日が出てきました。これもまたいい!e0069615_2320271.jpge0069615_23203659.jpg
部屋からの日没も綺麗な赤で最高でした。では夕食会場に行きましょう。 いただきま~す!
e0069615_23204514.jpge0069615_23205523.jpg
食前酒は弘前産リンゴの林檎酒 先付け、久六島(青森県最西端の無人島)産のさざえの壺焼きe0069615_2321969.jpge0069615_23211831.jpg
お造り、深浦産鯛・鰤・平目・本鮪の4点盛り。焼き物、活鮑の陶板焼き(ステーキでした)e0069615_23212714.jpge0069615_23213694.jpg
      鍋物、田舎風魚鍋。             焼き肴 艫作産メバルの塩焼き。e0069615_23214613.jpge0069615_23215540.jpg
    酢の物、深浦産の恵胡点天の酢の物。         水物 鮑の水物e0069615_2322634.jpge0069615_23221790.jpg
蒸し物、津軽風茶碗蒸し(栗の甘露煮でかなり甘いです) 小鉢、深浦産のかわはぎのぬたe0069615_23222724.jpge0069615_23223715.jpg
香の物、自家製の胡瓜と枝豆の漬け物。           飯物、ちらし寿司e0069615_23224769.jpge0069615_23225781.jpg
お蕎麦、深浦特産つるつるわかめ蕎麦温麺     イクラの入った、なにやらわからない奴?e0069615_2323699.jpge0069615_23231650.jpg
デザートに青森産りんごシャーベット!部屋に戻ってファンタグレープで酒盛り?おやすみなさい!e0069615_23232521.jpge0069615_23233626.jpg
おはようございます!外はと言うと、昨日とはうって変わって、あらら凄い雨!!です。e0069615_23234674.jpge0069615_23235863.jpg
朝食です。バイキング形式!朝は弱い方なので小食で少しのご飯とサラダにおかずです。e0069615_2324888.jpge0069615_23241935.jpg
部屋に戻る際、外を見渡せば、先ほどよりは小降りになったかな?チェックアウトの際、駄目元でまた買い置きのガソリンが無いか尋ねました。やはり無いそうです。近くにガソリンスタンドが無いんだから少しぐらいの予備ガソリンを確保しても良いと思うんだけど。カスカスで来る客、私だけで無いと思うのですがね。それに前日に分かっているのだから、確保して来るとかのサービス体制は無いのでしょうか?自分が悪いのだけど!でも隣の町(深浦)のガソリンスタンドまで大丈夫ですよ!何て言うけど俺の車を確認して言ってんの・・・あ~雨も降ってるしガス欠が心配!e0069615_23242721.jpge0069615_23243721.jpg
とりあえずナビをセット。ここから深浦の町まで5kmくらいか?スタンドまで持ってお願い!e0069615_23244796.jpge0069615_2324563.jpg
国道101号線を左折、深浦方面に!燃料を食わないようにエアコンを切って窓全開,1000回転数より回さないのケチケチのエコ運転に徹しました。でも60km/hは出るんだね!e0069615_2325644.jpge0069615_23251593.jpg
ヒヤヒヤ!ドキドキ!しながら走ってます。小降りから晴れてきました。あ・あ・有った~!エネオスe0069615_23252659.jpge0069615_23253640.jpg
あ~良かった、まにあった。とりあえず5000円分入れて下さい!ジョ~!31リッター入りました。メータを見ると満タン近くまで上がってました。めちゃくちゃ燃費がいいですね!山道、高速走行含めて471km走行でリッター中り15km・・・町乗りならもっと伸びると思いますね!
ジェミニなら倍は食うだろうな~!タイプⅡなら3倍だ。
[PR]
by van-shop | 2013-09-05 23:59 | 温泉 | Comments(2)
鰺ヶ沢のイカ焼き通りに行くぞ~!
e0069615_23105211.jpge0069615_2311259.jpg
e0069615_23111246.jpge0069615_23112010.jpg
e0069615_23113097.jpge0069615_23113834.jpg
e0069615_23114768.jpge0069615_23115673.jpg
十三湖を通過中!湖と言うより海だね!真っ直ぐな県道12号?の先に雲が架かった岩木山e0069615_2312986.jpge0069615_23121960.jpg
以前、青森県観光大使犬わさお、の処でイカ焼きを食べました。観光客も多いしイカも作り置きだったので美味しくありませんでした。そんな経験からここはスルー!遠目にわさおは居たような?e0069615_23122963.jpge0069615_23123868.jpg
以前は秋田県から入ってバイパスを走行!イカ焼き通りは通りませんでしたが今回はシッカリとe0069615_23124759.jpge0069615_23125524.jpg
鰺ヶ沢ここ海の駅わんどに立ち寄りです。「わさお」と飼いの菊谷さんが出逢った場所だそうです。e0069615_2313435.jpge0069615_23131315.jpg
ツアー相談役のSさん特命その?鰺ヶ沢相撲館を見るべし!お言葉通りやって来ました。e0069615_23132140.jpge0069615_23133099.jpg
鰺ヶ沢相撲館の土俵は本来、直径が4.55mですが約3分の2しかなく、土の盛り上がりも省略されています。迫力は有りましたよ!陸奥の里の化粧まわし、です。e0069615_23133837.jpge0069615_23134731.jpg
       綾川の化粧まわし                 舞の海の化粧まわしe0069615_23135620.jpge0069615_2314593.jpg
        これも舞の海のか?                日大校章化粧まわしe0069615_2314133.jpge0069615_23142252.jpg
1階にスイカとメロンが列んでました。ツートンタカミという品種?糖度16~17度と高く、割った時の赤と緑が色鮮やかで赤肉メロンの最高峰!数量限定商品の様です。海の駅わんどの駐車場e0069615_23143142.jpge0069615_23144097.jpg
鰺ヶ沢の海の駅わんどを後に今回こそ元祖イカ焼き通りに来ました。ここに来たかった。e0069615_23144976.jpge0069615_23145756.jpg
イカ・カーテンです。美味しそうな鄙びた店を選びました。おばちゃんが焼いてます。e0069615_231583.jpge0069615_2315175.jpg
あれ?焼き上がったのしかないの?の問いに、新しいの焼いてやるよ!と。うれし~!e0069615_23152789.jpge0069615_23153764.jpg
さっさっさ!と焼いて、ぱっぱっぱと切って、はい!出来上がり!これだよ!焼きイカ!はe0069615_23154760.jpge0069615_23155562.jpg
やっぱ!焼きたてのホカホカ!プリプリ。旨いね~!満足して国道101号を南下!e0069615_2316565.jpge0069615_23161454.jpg
只今の時刻3時15分黄金崎まであと少し余裕の時間!日本一の大イチヨウの看板!e0069615_23162322.jpge0069615_23163535.jpg
アドバイザーSの特命その?銀杏の木を見できたらいいちゃ!命令には背けません!Uターンe0069615_23164412.jpge0069615_2316535.jpg
木の根っこの部分です。カメラに入り切れません!実際も凄い存在感が有ります。e0069615_2317223.jpge0069615_23171112.jpge0069615_23172370.jpg
国指定天然記念物の北金ヶ沢のイチョウは樹齢1000年以上、高さ31m幹回り22mで垂れ下がっている沢山の気根・乳垂から「垂乳根のイチョウ」と呼び古くより神木として崇拝信仰されているそうです。今は青々としてただの大木にしか見えないけど紅葉したら凄いだろうと思う。e0069615_23173482.jpge0069615_23174416.jpg
はい!次ぎ。途中、JR五能線と併走、ローカルな、せんじょうじき駅に到着!e0069615_23175340.jpge0069615_2318384.jpg
その向側、千畳敷海岸に来ました。前回は雨で車からの見物だったかな?e0069615_23181230.jpge0069615_23182034.jpg
今回は天気もいいし海岸に下りて見ましょう!これが千畳敷海岸だ!e0069615_23182935.jpge0069615_2318386.jpg
何でもそうだけど、実際に見たり、触ったり経験が大事だ!思ったより良いところでしたよ!e0069615_23184865.jpge0069615_23185679.jpg
気温も26℃と凌ぎやすい、そろそろ良い時間だ。今夜の宿泊先は黄金崎の不老ふ死温泉です。
[PR]
by van-shop | 2013-09-01 23:53 | 温泉 | Comments(0)