<   2015年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧
玉川温泉に寄ってみた!けど入浴無し
奥入瀬渓流も十和田湖も綺麗でした。ここまで以前花巻でリタイヤしたジェミニは順調に走行
e0069615_22573912.jpge0069615_22574939.jpg
十和田湖から国道103号で途中の大湯温泉通過?国道282号に入り盛岡方面に向かう
e0069615_22575933.jpge0069615_225884.jpg
左に行けばいつものコースで八幡平山頂で昨年来た松川温泉経由の盛岡ですが、今回はここから右折、国道341号で田沢湖に向かいました。初めてのコース取り。仙北市に入りました。e0069615_22581810.jpge0069615_22582799.jpg
玉川温泉エリヤに入って来ました。田沢湖までは43Km。左折で玉川温泉です。e0069615_22583895.jpge0069615_22584958.jpg
左折で玉川温泉、右折で新玉川温泉です。まず上にある玉川温泉の駐車場に到着!e0069615_22585932.jpge0069615_2259990.jpg
荒々しい山肌がむき出しの方から湯煙が立ち上っていました。手前が玉川温泉でしょうか?e0069615_2259187.jpge0069615_22592895.jpg
ここは駐車していた車の台数と歩いている人の多いのにビックリ!自然の放射線が癌に効くと評判ですからね!高齢者も多いです。遠くにも岩盤浴のお客さんでしょうか?人影が沢山見えます。硫化ガス?と冬に雪崩で死人が出たと記憶してます。e0069615_22593774.jpge0069615_22594727.jpg
玉川温泉には停車くらいで、はい!次ぎ。やはり雪が深いのでしょうかスノーシェルターが2っe0069615_22595843.jpge0069615_230833.jpg
10分で新玉川温泉に到着。湯治館そよ風やビジターセンターが有り日帰り入浴が可能です。e0069615_2301924.jpge0069615_2303054.jpg
新玉川温泉です。皆さん観光バスで来てる様でした。玄関の前をグルリ!入った気分だけ!e0069615_2304098.jpge0069615_2305141.jpg
国道341号に戻り左折、川の側を快調に走り田沢湖方面に!まだここは秋田県でしたね。e0069615_231087.jpge0069615_2311084.jpg
新玉川温泉から45分位で田沢湖に到着。十和田湖より優しい感じに映ります。ただ通過!e0069615_2312061.jpge0069615_2313112.jpg
国道341号もあと少し!田沢湖町から角館からの国道46号(前回のコース)に入りました。e0069615_2314224.jpge0069615_2315271.jpg
仙岩トンネルが出てきました。長かったです。途中に秋田と岩手の県境が有ったかな?e0069615_232179.jpge0069615_2321127.jpg
雫石町に入りパラパラ小雨模様。下風呂温泉の朝飯から何にも食べず只ひた走ってきた。腹が空いて来た。以前、滝ノ上温泉に来た時に寄ったピザ屋さんに行こう!良し、ここを左折e0069615_2322227.jpge0069615_2323210.jpg
玄武温泉にある。ピザレストラン「山ぶどう」です。以前と変わらず、靴を脱いで店内に入る。e0069615_232426.jpge0069615_232523.jpg
カルボナーラとイカとトマト好きな私、当然?トマトと何とか(忘れた)のピッアをオーダー。ここのピッアは外の石釜で焼いていました。カルボナーラもピッアもボリュウムが有って美味しいです。余りに腹が減っていて食べるのにガツガツして一生懸命で写真撮影どころじゃなかったので画像は有りません!食事終了後は小岩井農場経由で盛岡を目差します。e0069615_233378.jpge0069615_2331393.jpg
盛岡で給油。6時半で多少暗くなってきました。盛岡からも高速を使わず国道4号。夜間の走行で仙台までノンストップ、撮影困難で画像無しです。e0069615_2332368.jpge0069615_2333426.jpg
今回のルート。仙台→矢巾(泊)→八戸→むつ市→川内町→仏ヶ浦→大間→風間浦(下風呂温泉泊)→むつ市→十和田市(奥入瀬渓流)→十和田湖→玉川温泉→玄武温泉→盛岡→仙台。我がいすゞジェミニ・ハンドリングbyロータスは何のトラブルもなく好調で1178Kmを走破!ガソリンは77.72L消費で15.16Km/Lの高水準の燃費?でした。また、何処かに行きたくなった。まだここにジェミニ再生ブログをアップしていませんが、以前に花巻で壊れて自宅に搬送され。意地で自分で直しました。通勤には使用していましたが、今回の長距離と高速道の走行は初めて。ちょっと不安でしたが何とかと言うよりも燃費は良いしエンジン快調でこの旅行も終了できました。また自己満足ですが自信を持っちゃったな!とノ~天気な私!機会を見て再生奮闘記でも書きますか!期待しないで待っててね。
[PR]
by van-shop | 2015-09-04 23:05 | 温泉 | Comments(4)
下風呂温泉を出発!下北半島は長い!
「下風呂温泉の歴史」康正年間(1455年~1456年)の地図に下風呂を湯元と記してある。湯元と言うは古く温泉地に冠せられた處にて、其例は関東にて箱根の湯元、那須の湯元(略)などがある。これ等は何れも温泉地として夙に著聞する處であるが、下風呂も既に早くから温泉を以って知られた處である。下風呂温泉は硫黄泉にして、大湯と新湯と二つ湯壷があって二ヶ所に共同浴槽を設けて居る。大湯は貞亨(1684年~1688年)の頃既に湯守が居つて浴場を監理し、遠く諸国より来って入浴する者があった。(昭和13年7月笹澤魯羊 著)
e0069615_0213249.jpge0069615_0214246.jpg
そんな有り難いお湯の、おおぎや旅館の朝風呂に入って、仙台を目指して10時に出発です。e0069615_0215119.jpge0069615_022169.jpg
国道279号を走る、左に津軽海峡、むつ市に入りました。右に曲がれば恐山ですが今回パス!e0069615_0221116.jpge0069615_0222180.jpg
大畑を通過!どこまでも続くのかと、多分桜の並木街道?咲いたらさぞ綺麗でしょうね!e0069615_0223181.jpge0069615_0224254.jpg
下北半島の鉞の首の部分、真っ直ぐな道路です。横浜町に入りました。正面に風力発電の風車が見えました。e0069615_022525.jpge0069615_023212.jpg
ただただ真っ直ぐな道ですが時たま、右に陸奥湾が顔を覗かせます。JR大湊線を跨ぎます。e0069615_0231249.jpge0069615_0232228.jpg
下北半島の首根っこの野辺地町に来ました。陸奥湾とはこの辺でお別れです。e0069615_0233261.jpge0069615_023414.jpg
野辺地の市街地に入りました。今まで信号が無くただ真っ直ぐで逆に疲れましたね!e0069615_0235158.jpge0069615_024185.jpg
これからどうすっかな?高速道を走るか、下を行くか迷ってます。真っ直ぐで国道4号線です。e0069615_0241265.jpge0069615_0242341.jpg
結局、下で十和田市に着いてしまいました。この辺で給油しましょう!2000円分15.29Le0069615_0243316.jpge0069615_0244533.jpg
十和田市に来たら、十和田市現代美術館でしょ!と、前を素通り!お馬さんがお出迎え?e0069615_0245578.jpge0069615_025586.jpg
どこへも止まらず、ひた走り奥入瀬渓流に来てしまいました。e0069615_0251723.jpge0069615_0252811.jpg
奥入瀬渓流は、いつ来ても良いですね!e0069615_025373.jpge0069615_0254771.jpg
やはりここまで来たなら、奥入瀬渓流の遊歩道を歩かなくちゃ!車を停めて降りてみましょう。e0069615_0255736.jpge0069615_026878.jpg
この辺は川幅も広く、流れがなだらかです。e0069615_0262054.jpge0069615_0263065.jpg
上に行くほどに川幅が細くなったり!e0069615_0264179.jpge0069615_026525.jpg
細いところは流れが急ですが、広くなるとなだらか!いろんな顔を見せてくれます。e0069615_027330.jpge0069615_0271477.jpg
雲井の滝、ここはなかでも大きい方の滝ですね!向かいにも林の奥に滝が見え隠れ。e0069615_0272670.jpge0069615_0273678.jpg
「焼山」から「子の口」まで14Kmの奥入瀬渓流は国の特別名勝・天然記念物に指定e0069615_0274637.jpge0069615_0275746.jpg
銚子大滝です。1番人気の撮影スポット?観光客が多かったです。e0069615_028718.jpge0069615_0281731.jpg
奥入瀬渓流を経て十和田湖の子の口に到着。そのまま「休屋」の向かいます。e0069615_028278.jpge0069615_0283862.jpg
十和田湖を右に湖畔を走ると、秋田県の県境に差し掛かりました。小坂町です。e0069615_0284838.jpge0069615_028594.jpg
毎度の撮影スポット、ここが一番、十和田湖が綺麗に見える所だと思う。日本一周しているバイクの隣に駐車。昼飯?食べてたので声を掛けなかった。私も自由に車で日本一周してみたい!北海道に四国・九州、走ってみたい。
[PR]
by van-shop | 2015-09-04 00:30 | 温泉 | Comments(0)