東根のさくらんぼが届いた!
今、私は完全に夜型人間になってしまった。なので起床時間もかなり遅い時間です。N実氏が来なければ、お昼の起床が当たり前のサイクルになってしまった。
e0069615_233287.jpge0069615_23321868.jpg
起きてすぐ、(顔は洗いましたよ)バーニャンのパンを買いに行きました。
e0069615_23322817.jpge0069615_23323960.jpg
買いに行く車のラジオで地震の事を知りました。津波は無いようですね!帰りの車の中は出来立てパンの良い匂いがプンプン!我慢できずチョットつまみ食い(毎度の事)
e0069615_23324943.jpge0069615_23325989.jpg
やはりバーニャンのパンは美味しい!いつもならこのまま遠出するのですが、なんでだか、帰宅してしまった。そうしたら大和運輸の不在持ち帰り票がポストに有った
e0069615_2333879.jpge0069615_23331639.jpg
山形の和尚様、森岡さんからだ!寝てる時か、それともパンを買いに行ってる最中か?ドライバーさんに、即!電話。再お届けで無く取りに伺いますと。ジェミニで行く
e0069615_23332953.jpge0069615_23334076.jpg
卸町の営業所なので近くです。15分も有れば着きました。事務所に行ったらまだ、ドライバーさんが持って、こちらに戻ってないと。今電話で帰ってると聞いたと言ったら、トラックまで取りに行ってくれた。無事に品物を受け取りました。
e0069615_23335185.jpge0069615_2334144.jpg
わ~ぁ!一昨日、東根の直売所であまりに高いので購入を断念したあの東根のさくらんぼです。
e0069615_23341286.jpge0069615_23342298.jpg
佐藤錦です。東根市は、最上川の支流で乱川(みだれがわ)の扇状地に位置する。水はけが良過ぎて水田に向かず、昔から畑地として利用されていた。明治の初め、内務省が西洋果樹の苗木を配布。サクランボも含まれていたが、収穫期が梅雨と重なるせいで実が割れてしまう。その上日持ちもしないとあって、生産量は伸びなかった。そう言う中で、新しい品種を作れないか!そう考えたのが、佐藤栄助翁。事業に失敗したため、東根町(当時)の中心部から南方に移り住み、広大な松林を開墾する毎日だった。好奇心が旺盛なことに加え、果樹栽培が趣味だった彼は、果肉が固くて酸味のある「ナポレオン」と、甘いが保存の難しい「黄玉(きだま)」に着目。交配によりできた実を発芽させて苗木を作り、そのなかで良いものを移植して育成した。大正11(1922)年、初結実をみる。さらに選別を重ね、2年後、ついに最も優れた1本、すなわち原木の育成に成功。本格的に取り組んでから、15年余りの歳月が過ぎていた。忘れてはならないのが、苦闘する栄助翁を年若い友人の岡田東作翁が支えたこと。一方の栄助翁も、研究熱心で植物全般、とりわけ果樹に関する知識の豊富な東作翁を信頼し、二人は兄弟のようなきずなで結ばれていたという。当初、新品種を「出羽錦」と名付けようとした栄助翁に対し、東作翁は「佐藤錦」としては、と提案。砂糖のように甘いと喜び合ったことに由来するそうだが、それだけでなく、栄助翁を兄と慕う東作翁の友情と敬意の表れでもあったのは間違いない。東作翁の努力で普及が進み、佐藤錦はサクランボを代表する品種へと成長を遂げた。生みの親が栄助翁、育ての親が東作翁と言われる。初夏の食卓を華やかに彩る佐藤錦。先人らの情熱を映すかのようなルビー色の実を、今年も多くの人が楽しみに待つ。さくらんぼの品種を代表する「佐藤錦」が、佐藤栄助翁の情熱と努力により初めて実を結んでから百年余になります。そしてその原木から苗木を普及させたのは岡田東作翁です。いわば佐藤栄助翁は生みの親、岡田東作翁は育ての親とも言えます。とインターネットで調べたら出て来た。なる程!ウンチク無しで確かに美味しい!です。森岡さん毎年ありがとうございます。
[PR]
# by van-shop | 2018-06-19 00:00 | その他 | Comments(0)
「無想庵つくもそばぎり」でそばを食べた後はひまわり温泉ゆららです
前回では山形市の無想庵つくもそばぎりで鴨汁付き板そばを食べました。
e0069615_22285115.jpge0069615_2229240.jpg
毎度の如く、食べた後は温泉に行くのですが、いつも行き当たりばったり!今回もつくもそばぎりの駐車場でもう使い過ぎてボロボロの山形、日帰り温泉マップで探す。
e0069615_22291183.jpge0069615_22292082.jpg
印が付いてて、大体、載ってる所は制覇しました。最近、行って無い所は・・・
e0069615_22292984.jpge0069615_22293852.jpg
中山町のひまわり温泉ゆ・ら・ら、に決定。5年振りか?その時はベンツで来た記憶が?それからBMW320そしてアウディA5、今回がBMWのM2。N実氏、車を替え過ぎ
e0069615_22294742.jpge0069615_22295760.jpg
前に来た事が有るが、印象に残ってない。どうだったのか?100円リターンの靴箱
e0069615_22301156.jpge0069615_22302197.jpg
入浴券300円を券売機で購入!フロントに渡し、一段高い明るい廊下?を進みます
e0069615_22303266.jpge0069615_22304172.jpg
突き当り手前で、右が男湯、左が女湯。土曜日だと言う割には入店客が少ない様な?
e0069615_22305479.jpge0069615_2231567.jpg
大浴場「もがみ」外が見える狭くは無いが広くもない、明るい脱衣室。浴室への扉です
e0069615_22311727.jpge0069615_22312918.jpg
大浴場の窓?が壁面いっぱいガラスで開放感バッチシ!湯船も大きいです。サウナルームやジェットバスも完備されていました。これで300円だからね!
e0069615_22314590.jpge0069615_22315851.jpg
大浴場、女湯の「せせらぎ」と男湯「もがみ」には、それぞれ泉質の異なる2種類の源泉があり。オープン当初から使用している中山町2号源泉(愛称 ひまわりの湯)は、あったまりのお湯で、平成21年4月11日に通湯した中山町3号源泉(愛称 いずみの湯)は、すべすべ感のあるお湯だそうです。あつめのお湯とぬるめのお湯が有ったがどちらがどちら?両方共、温度差は有りましたが、差ほど熱くは無かったです。
e0069615_2232838.jpge0069615_22321954.jpg
中山町から東根に向かい、サクランボ狩りで渋滞であろうと天童に迂回コース!
e0069615_22323126.jpge0069615_22324484.jpg
国道13号に出て、国道48号に入りました。途中、サクランボを購入の為、立ち寄り
e0069615_22325613.jpge0069615_2233915.jpg
観光バスがいっぱいの販売所に一旦は入りましたが、何か相性が悪く、すぐ出て来てしまった。そこからすぐ先の販売所に入りました。ふる里、観光、果樹園と言ってた。さくらんぼ狩りの受付(大人1620円)もしてました。さとう錦250g2パックで3240円。高い!鮮度が違うのかもしれないが、ひまわり温泉ゆ・ら・らでは1パック500円だった。N実氏が900円で1パック購入!私は贈る所も無いし諦めた。
e0069615_22332313.jpge0069615_22333643.jpg
仙台に向かいます。考えれば仙台から来た時、山形は雨だろうと覚悟していたが違った
e0069615_22334925.jpge0069615_2234490.jpg
国道48号の関山街道、昔からある、暫らく立ち寄ったことが無い大滝を通過!
e0069615_22341685.jpge0069615_2234274.jpg
関山トンネルまで上って来ました。このトンネルが県境。気温は11℃を示してます
e0069615_22344279.jpge0069615_2235224.jpg
後から開通した笹谷トンネルとは全然違う明るさです。昔は長く感じたこのトンネルも今は短く感じます。お化けが出た昔の笹谷トンネルとは違うのかもしれない!
e0069615_22352415.jpge0069615_22353836.jpg
トンネルを抜けた所が宮城との県境。こちらは曇り空、小雨交じりで気温10℃。
e0069615_2236373.jpge0069615_22361580.jpg
国道48号で愛子まで下りて来ました。曇り空ですが雨は降ってません!
e0069615_22362664.jpge0069615_22364130.jpg
青葉山トンネルまで帰って来ました。結構、長く感じます。笹谷トンネルは4車線化前までは3385m(338 = ササヤ)でした。これに対し2,233mの仙台西道路内のトンネル。
e0069615_22365454.jpge0069615_2237671.jpg
青葉山トンネルを抜けるとすぐに川内トンネルに入り、出口はもう仙台のビルの真っただ中!仙台は大きな街だと再認識!しました。でも山形は、昔に比べるとだいぶ近くなりました。6時間も有ればそば食って、温泉に入って優に戻ってこれるのです。又行きたいです。
[PR]
# by van-shop | 2018-06-18 00:00 | 温泉 | Comments(0)
山形に行って無想庵「つくもそばきり」で板そばを食った。
今日も、N実氏からの電話で起こされた!山形にそば食べにいぐべ!即、了解!
e0069615_23325387.jpge0069615_2333440.jpg
今日は流石に梅雨入り!と言う様な天気です。自宅に来てすぐ、向かいました。
e0069615_2333164.jpge0069615_2333287.jpg
今日は土曜日、さくらんぼ狩りで東根に行く国道48号は混むだろうな?避けよう
e0069615_23333878.jpge0069615_23334952.jpg
市内で迷ったけれど結局は、愛子から秋保の公衆浴場前を通るいつものコースです
e0069615_2334098.jpge0069615_23341095.jpg
気温は13℃と寒いくらい。釜房ダム横を通って釜房湖畔をいつもの様に走る。狭いグニャグニャした道をBMWのM2は快調に飛ばします。最近、調子を上げた。
e0069615_23342078.jpge0069615_2334304.jpg
国道286号と国道457号(多分、青根に行く道)が混相の笹谷峠への道。この辺は11℃
e0069615_23343986.jpge0069615_23344968.jpg
この辺から、笹谷峠方面を見ると、ガスってる。この分だと山形は雨か?覚悟する。
e0069615_23345987.jpge0069615_23351232.jpg
笹谷峠をショートカットする為に笹谷インターから山形自動車道の高速に乗ります。
e0069615_23352824.jpge0069615_2335403.jpg
笹谷トンネルです。これが無かったら笹谷峠を行くと時間的には1・2時間は違う
e0069615_23355134.jpge0069615_2336239.jpg
いつもの様に関沢インターで下り、国道286号に。あの芋煮会用のビッグ鍋が現われる
e0069615_23361487.jpge0069615_23362659.jpg
その先に人気そば屋さんの琳が有ります。ここはいつも車がいっぱい!スルーしました
e0069615_23365421.jpge0069615_23371479.jpg
我々が気に入っている、無想庵「つくもそばぎり」に今回も浮気をしないで来店です。
e0069615_23372594.jpge0069615_2337374.jpg
毎度の如く、店内にはお客様がいません!いつもの板そばを注文しました。
e0069615_23374823.jpge0069615_23375830.jpg
私は、鴨汁付きの板そばを頼みました。生山葵を摺るのは、いつもN実氏の仕事です。
e0069615_2338929.jpge0069615_23382172.jpg
当店では、地物山形産(最上早生・でわかおり・来迎寺在来種等)と北海道産の玄ソバ(階上早生等)を、店頭にございます山梨塩山蟻巣石の石臼製粉機で、毎日自家製粉しております。そば本来の自然な甘味と上品な香気が当店そば切りの特徴で十一(といち・そば粉十に割粉一)の手打ちそば切りでございます。毎日必要量のみの粉挽きとそば打ちですので、。売り切れた場合は少々お待ちいただくこともございますがご了承ください。とメニューに書いて有りました。鴨汁に入っている鴨肉、美味しいです。520円増しは安いくらい!そばも美味しいですが何と言ってもタレが美味しい
e0069615_23383293.jpge0069615_23384463.jpg
板そば(1080円)は、ざるそばの1.75倍の盛りですが、スルスル入って、すぐに完食!そば湯で、おしまい!
久々の山形、まだ続きが有りますよ!温泉です。
[PR]
# by van-shop | 2018-06-17 00:01 | その他 | Comments(0)
遠刈田温泉街を散策!豆乳ソフトクリームを食べて見た
N実氏と昼飯を寿司吉で食べて遠刈田温泉を迷いながら探し大忠に入館、前回の続き!
e0069615_22454434.jpge0069615_22455493.jpg
遠刈田温泉で初めて入った「大忠」では、なかなか良い日帰り入浴が出来ました
e0069615_224648.jpge0069615_22461344.jpg
日帰り入浴なので、ゴロっとする場所が無くすぐ出て来ました。そう言えば遠刈田温泉街を頻繁には来てはいるが歩いた事が無い。で!プチ探索に歩いてみました。
e0069615_22462514.jpge0069615_22463582.jpg
お風呂上がりで喉が渇きました。そう言えば、大忠の、この辺にソフトクリーム屋さんが有ったよな?道路向かいの先に豆乳ソフトクリームの旗を見つけた。
e0069615_22464786.jpge0069615_22465839.jpg
「はせがわ屋」さんです。豆腐屋さんが作る豆乳ソフトクリーム、豆腐の味がした。
e0069615_2247814.jpge0069615_2247187.jpg
N実氏は大変、敏感な体質で食べれる物の種類が少ない!卵とか牛乳が駄目だと言うが、豆乳と言う事でトライしてみました。ソフトクリームを口にするのは何十年振りだそうです。天気も良く、店の前のベンチでいい大人がペロペロ!完食。
e0069615_22472813.jpge0069615_22473734.jpg
はせがわ屋さんのお向かいが公衆浴場「壽の湯」です。ちょっと見ていきましょう
e0069615_22474640.jpge0069615_22475721.jpg
ここはいつも混んでいるのですが、今日は駐車場に車が1台も止まってない。ちょっと覗くと誰も入浴している人は無さそうです。N実氏に自分だけ入って来るからと入館!
e0069615_2248799.jpge0069615_22482047.jpg
入浴料は330円です。神の湯の方には結構入っていましたが、こちらの壽の湯には3回目くらいです。小さいイメージが有りましたが、こんなに大きかったか?人が居ないからですかね!遠刈田温泉公衆浴場のお湯は熱い!ここも前回来た時は凄く熱かった。今回はそれ程(43℃位)でもない?壁の貼紙をみたら時間んで泉温を調整しているみたいでした。朝方と夕方は熱く(45℃)設定してる模様!そこそこで上がる。
e0069615_22483178.jpge0069615_22484229.jpg
大忠さんの駐車場までひと回り!いつも豆腐とお醤油を買ってる手造り、もめんとうふ「大本豆腐店」を通過。今回は購入無し!BMWのM2に乗り込み帰途に!
e0069615_22485781.jpge0069615_2249894.jpg
ほんと!今日は最高のドライブ日和の一日でした。村田町から仙台市に入りました。
e0069615_22492450.jpge0069615_22493833.jpg
天候のせいか?いつも違う帰りのコース!右手に太白山が見えます。国道286号に出た
e0069615_2249492.jpge0069615_2250750.jpg
時間も早く仙台市内にも早く着いてしまう。ぐるっと回って西中田の食彩「和」のオープンと同時に入店。
e0069615_22502190.jpge0069615_22503598.jpg
早速、ビール!私は今回メニューに無いカツオの刺身とたたきの定食!をオーダー!
e0069615_22504818.jpge0069615_2251075.jpg
      カツオの刺身              カツオたたき
e0069615_22511164.jpge0069615_22512216.jpg
     タコのマリネ?酢の物         今日の小鉢はポテトサラダ
e0069615_22513435.jpge0069615_22514680.jpg
アサリでもないハマグリでも無い説明を受けたが忘れたお吸い物!と、美味しいごはん
e0069615_22515721.jpge0069615_2252973.jpg
N実氏、白身の魚の焼きものを頼んでた。名前、忘れた!ここも完食です。何だか今日は疲れた。お風呂をはしごしたからかな?昔なら何てこと無かったのに・・・・歳かな?
[PR]
# by van-shop | 2018-06-16 00:00 | 温泉 | Comments(0)
遠刈田温泉の大忠に入って来ました
梅雨入りしていると言うのに、空っとして気温もそこそこ有って気持ちの良い日です
e0069615_23434587.jpge0069615_2344018.jpg
N実氏、朝早々に(と言っても10時)BMWのM2で寝室の前に横づけ!飯食うべ!
e0069615_23442240.jpge0069615_23443591.jpg
待って!顔を洗って行くから!そして、久々に仙台市卸売市場2階のの「寿司吉」へ
e0069615_23444739.jpge0069615_23445996.jpg
早い時間だからか、並んでる客は2名、待つ事無く、すぐに入れた。ここはやっぱりなかおち丼850円です。ここは焼きものより、生ものの方が良いと、この頃思ってます。お迎えに座ったお兄さんに、美味しそうだったので写真を撮らせて頂きました。刺身定食ですね!1100円は安いと思う。次回はこれにするかな?
e0069615_23451126.jpge0069615_23452428.jpg
帰り際にはもう20人位が並んでますラッキーでした。朝食?昼食を食べた後は、毎度の如く温泉ですが、何処にするか?H山さんの気仙沼に行って見っか?メールで居るか確認して、と言うのでCメールで問い合わせ、その間、気仙沼の方に向かい走り出しました。Cメールの返事がすぐ来ました。残念ながら本人は仙台に帰って来てる様で気仙沼の案は没!H山さんに了解!色麻町かっぱの湯に向かいます。と返事!向かう。
e0069615_23453946.jpge0069615_23454930.jpg
それから、行き先が二転三転!結局、蔵王方面に行ってみようとなりました。
e0069615_23455936.jpge0069615_23461058.jpg
いつもの様に狭い道を山越えです。今、トンネルを掘っている様です。いつ開通かな
e0069615_23462115.jpge0069615_2346364.jpg
県道25号の山間道は好きなコースの一つです。岩沼から柴田町に入りすぐ村田町入り
e0069615_23464641.jpge0069615_23465626.jpg
トンネル向う側に続く道路が急ピッチで造成されている。開通したらかなりの時間短縮
e0069615_2347710.jpge0069615_23471955.jpg
村田町を通過し蔵王町に入りました。この辺に鎌倉温泉、黄金川温泉が近くに有ります
e0069615_23473460.jpge0069615_23474598.jpg
今回は、遠刈田温泉に行って見ます。どこの温泉に入るかはまだ決めてません!
e0069615_2347598.jpge0069615_23481127.jpg
遠刈田温泉街をBMWのM2でグルリ一回り!大本豆腐店の裏の「大忠」にしました
e0069615_23482539.jpge0069615_23483832.jpg
あなたの五感をもてなす宿、旬菜湯宿「大忠」と有りますが日帰り入浴です。
e0069615_23484929.jpge0069615_2349285.jpg
掌から生まれるぬくもりを大切に、小さな宿のこだわりを・・・手造りのもてなし
e0069615_23491531.jpge0069615_23492620.jpg
客室は趣きが異なる9室のみ!館内は全て畳敷きです。受付の隣にはバーカウンター
e0069615_23493764.jpge0069615_23494843.jpg
通路を入って来て暖簾の所が浴室の入口か?と思ったら、そこはトイレでした。隣の小さな暖簾の方が男性用浴室入口です。女性用は先の方です。小物装備品も素敵でした
e0069615_2350057.jpge0069615_23501017.jpg
ちょっと薄暗くてコジンマリとした脱衣所に洗面台には化粧水が完備です。
e0069615_23502143.jpge0069615_23503180.jpg
浴室に入って感激!思っていたより広くて明るいです。
e0069615_23504628.jpge0069615_2351089.jpg
遠刈田温泉は湯神神社隣の7号源泉により6っの旅館と2っの共同浴場に均等に引湯されているそうです。大忠の湯は循環装置や沸かし湯を使わない源泉100%かけ流し
e0069615_23511013.jpge0069615_23512329.jpg
42・3℃の泉温で温くも無く熱くも無く、長く入ってられます。シャンプーや洗剤類も良い物が備えられていました。今回は「檜の湯」に入りましたが、この他に「風みどりの湯」、「紺碧の湯」、半露天風呂に「魔法のりんご風呂」が有るみたいです。なかなか良いお宿の様です。泊まって見たいですね!
[PR]
# by van-shop | 2018-06-15 00:13 | 温泉 | Comments(0)