撮り溜めていた件その4!昔の山寺立石寺に上ったネタ!
撮り溜めたその3の続き、向かい側!にも行った話。このネタは2016年7月にVANshop仙台の閉店後、有志が初めてお泊りで集う記録です。これから大間の休日や風間ヶ浦のアンコウ尽くしなどのおじさん旅行記のスタート!原因にもなった重要な事柄です
e0069615_024475.jpge0069615_02581.jpg
車を提供とドライバー担当のH山君、それにMネさん、幹事のジュンさん、N実さんに私!この時すでにこれからの旅のパターンが築き上げられていた様ですね!M岡和尚様は黄色のVWワーゲン・ビートルで現地の天童で合流!初めてで皆さんウキウキ!e0069615_031148.jpge0069615_033174.jpg
まずは今夜の宿泊先、天童温泉 桜桃の花 湯坊いちらくに早目のチェックインしました!M和尚様の紹介で特別に便宜を図って貰いました。すぐに観光に出発です。e0069615_034744.jpge0069615_04348.jpg
最初はホテルから程無い所、織田信長を神と祀る神社・建勲神社に来てみました。丁度、この時期は夏越の大祓式。夏越祓(なごしのはらえ)とは、茅の輪をくぐる事によって、半年間の汚れを祓い清めて無病息災を祈願する行事です。e0069615_042849.jpge0069615_0575.jpg
茅の輪のくぐる仕方は、茅の輪の正面に立ち一礼します。最初は茅の輪を潜り左からまわります。そのまま茅の輪の前で一礼して、次は右にまわります。茅の輪の前で一礼して、次は左にまわります。最後に拝殿で一礼します。*茅の輪をくぐる際に「祓い歌」を唱えます。1回目の左回りの時は、水無月の 夏越の祓する人は 千歳の命 延といふなり。2回目右回りの時、思うこと みなつきねとて 麻の葉を 切りに切りても祓いつるかな。3回目左回りには宮川の 清き流れに 禊せば 祈れることの 叶わぬはなし!と唱えます。茅の輪をくぐる時の足は左からだとか?…丁度に宮司 鎌倉景昭さんがいらして、祈祷のほか、天童織田藩の歴史などの話を伺えました。「天皇から名前を賜り、神と祀られているのは、数多い武将の中でも織田信長公だけじゃないのかな」と話す。
e0069615_052020.jpge0069615_053367.jpg
織田信長を祭神とする建勲神社。明治維新の際、天童織田藩は、官軍(新政府軍)に味方したこと、藩祖信長の功績を讃え、明治政府より信長に建勲神たけしいさおのかみの神号を賜り、建勲神社たけいさおじんじゃとして、明治3(1870)年に日本で最初に舞鶴山に祀られました。はじめ、「健織田社たけしおだのやしろ」だった名称を改め、「建勲神社」となった。地域では、「けんくんじんじゃ」と呼ばれ親しまれているそうですe0069615_05455.jpge0069615_06163.jpg神社の中に入ってみました。そこには織田信長の肖像画が飾られていました。戦乱の世となっていた戦国時代の日本の天下統一をめざした織田信長。しかし、家臣、明智光秀による本能寺の変で自害という形で幕が降りました。信長の嫡男ちゃくなん 信忠も知らせを受け出陣しましたが、結果的には自害。やがて嫡孫ちゃくそんの秀信も亡くなり、嫡流ちゃくりゅうは途絶えましたが、信長の血縁で江戸時代を生き延び、明治維新を迎えた織田家が四家あります。その中のひとつ、信長の次男、信雄のぶかつの子孫が「天童織田家」です。この肖像画を見て・・・何か親近感を覚えます・・・?この人、N実さんにそっくり!N実さんは織田信長の末裔か?
e0069615_1214114.jpge0069615_1215319.jpg
天童から山寺に来ました。これからが本番です。駐車場に車を停めて、さあ!行くぞ。e0069615_122812.jpge0069615_1222296.jpge0069615_1224458.jpg
チョット疲れた、続きは後程書きます。悪しからず。e0069615_122578.jpge0069615_1231143.jpge0069615_123244.jpge0069615_1234191.jpge0069615_1235448.jpge0069615_124716.jpge0069615_1242370.jpge0069615_1243532.jpge0069615_1245042.jpge0069615_12521.jpge0069615_1251320.jpge0069615_1252724.jpge0069615_1253989.jpge0069615_1255389.jpge0069615_126624.jpge0069615_1261923.jpge0069615_1263251.jpge0069615_1264415.jpge0069615_1265754.jpge0069615_1271289.jpge0069615_1272469.jpge0069615_1273752.jpge0069615_1274822.jpge0069615_128352.jpge0069615_1281740.jpge0069615_129297.jpge0069615_1294690.jpge0069615_130421.jpge0069615_1301639.jpg
# by van-shop | 2019-01-09 00:16 | その他 | Comments(0)
今年初めて山形遠征、七兵衛の蕎麦と日帰り温泉オオタ湯に!
たまにはタイムリーなネタを!今年初めてN実さんからのお誘い!蕎麦食べにいぐべ。
e0069615_23132679.jpge0069615_23135081.jpg
雪も無く穏やかなお正月を迎えた仙台。1月4日早々に山形遠泳に出発!作並街道沿いのニッカ工場の反対側にそびえる岩肌と稜線がゴリラの横顔に似ていると「ゴリラ岩」「ゴリラ山」と呼ばれている鎌倉山があります。特徴ある表側は岩肌がゴリラの顔に似ている事からゴリラ山と呼ばれている様。今日はハッキリとゴリラの横顔に見えた。 e0069615_2313382.jpge0069615_2314140.jpg
国道48号で作並温泉を抜け、関山トンネルに近ずくにつれ雪が多くなって来ました。
e0069615_23141289.jpge0069615_2314258.jpg
関山トンネルです。笹谷トンネル(山形自動車道)に対して細く暗いです。昔は凄く長いトンネルと思ってたが、今通るとこんなに短かった?と感じる。出口が山形との県境e0069615_23143499.jpge0069615_23144613.jpg
やはり山形県側は雪が多い様です。山形の原宿?ここが今日一番雪が深かった地域e0069615_23145771.jpge0069615_2315823.jpg
東根に到着!最近、N実さんのお気に入りの蕎麦屋さん「七兵衛東根店」に来店!e0069615_23151992.jpge0069615_23152941.jpg
4日と言う日が悪かったのか時間的に良くなかったのか、入り口前から待ち人の行列。待ち順はあと5組だが珍しくN実さんが黙って待っている!私は次に備えてスニーカーの紐を緩めて準備万端!そしたら何と!座敷で無くテーブル席に案内された。結び直し!e0069615_23154367.jpge0069615_23155323.jpg
問題はないけど肩透かしを食った感じ。早々に着席。スタッフが少なく厨房は大忙し!
e0069615_2316464.jpge0069615_23161619.jpg
入口で待ち、着席してからも配膳も待たされた。その間に気になったお箸の話。みやぎ発の天然素材のまったく新しい箸「ホタテ箸」。ポリプロピレンとホタテの貝殻を粉砕した原料で安心安全。防腐剤や漂白剤などの化学薬品を一切使用していないので、健康リスクも軽減。破棄されるホタテの貝殻を」使用しているので、森林伐採による環境破壊(洪水・温暖化助長)が無いそうです。待ってました!キクラゲとワラビが来た
e0069615_23162980.jpge0069615_23164145.jpg
今日はおとなしく、板そばの並盛(約1.5玉)880円を注文。大根おろし汁で食べます
e0069615_23165446.jpge0069615_2317548.jpg
味音痴の私も美味しいと(量も・・)感じる蕎麦です。流行るのが分かる感じがする
e0069615_23171826.jpge0069615_23173016.jpg
最後にそば湯が運ばれて美味しく飲み干しました。量的にも結構、満足!e0069615_23174257.jpge0069615_23175463.jpg
七兵衛東根店から少し戻って、東根のよってけポポラに立ち寄りです。e0069615_2318618.jpge0069615_23182022.jpg
広い店内にはりんご、ラフランスがいっぱい!私はジェラート売り場に一直線。e0069615_23183395.jpge0069615_23184345.jpg
入口で券売機でジェラート2種類カップを購入!奥の店内でオーダー。e0069615_23185655.jpge0069615_2319793.jpg
分からないので可愛い店員さんにお薦めを聞いたらブルーベリーが人気だとか!私はあまのじゃく、ではないのですが焼きいも、リンゴをチョイスしました。
e0069615_23191865.jpge0069615_23192926.jpg
量的に少ないかな?とも思いましたが、食べて見るとなかなかベストな量でした。お味は最初に芋の味を食べて、後から来るなるほどね~!の味、リンゴは果実そのものが入っていてリンゴだ~の味で、どちらも美味しかったです。次回は何たべよかな~!e0069615_23194073.jpge0069615_23195142.jpg
いつもの如く、次は温泉です。山形のはしご湯治なる案内本を頼りに近場のオオタ湯にe0069615_2320252.jpge0069615_23201431.jpg
私は来た記憶が無いのですが、N実さん昔来たと!・・・見たような?は気はする。e0069615_232026100.jpge0069615_23204055.jpg
室内は木造で如何にも公衆浴場的な感じです。妙に落ち着く!e0069615_23205351.jpge0069615_2321486.jpg
泉質はナトリウム-塩化物・硫酸塩泉神経痛で、皮膚病、胃腸病などに効果がある。e0069615_23211641.jpge0069615_23213028.jpg
何となく、このお湯の出口、見た事ある様な?このような形の温泉の投入口、他には無いですよね!やっぱり、以前に来てるのかな?休み処も在るのに帰途に着きましたe0069615_23214743.jpge0069615_23215997.jpg
戻りは、来たコースをそのまま帰りました。国道48号関山大滝を通過!e0069615_23221561.jpge0069615_23222997.jpg
狭く薄暗い関山トンネルに差し掛かりました。トンネルの出口に宮城県境の看板。来た時も出口(今来た時は入口)に山形県と表示されていた。じゃ!関山トンネル部分は両県に属さないの?笹谷トンネルには中央に県境の壁が有りましたから分かるけど。e0069615_23224049.jpge0069615_2323157.jpg
仙台市内に帰って字ました。雪は全然無く、まだ明るいです。幾分、日が長くなって来た感じがします。今年もドンドン楽しく動き回れる様に頑張ります。
# by van-shop | 2019-01-07 00:00 | 温泉 | Comments(0)
撮り溜めていた件その3の続き!山寺千手院観音にお参り
天童のやま竹で美味しい蕎麦を食べて、観光?に山寺へゴルフRで向かいました。
e0069615_23551780.jpge0069615_23552984.jpg
前もって御朱印帳を持参する事の話、しっかり持って向かった先は山寺千手院ですe0069615_23553937.jpge0069615_23554965.jpg
立派な観世音、名の鳥居が寺院入り口の階段の前に建てられています。寺院なのに鳥居があるのは余りない(余り気にしてなかった)組合せだそうです。そもそも納税で日本一になったという斎藤一人氏が奉納した鳥居で、その名も「ついてる鳥居」だそうです。恋愛運をよくしたい人は、鳥居の右の柱に抱きついて「ついてる」を十回となえて下さい、金運大吉にしたい人は、鳥居の左の柱に抱きついて「ついてる」を十回となえて下さい。と!よくばって一度に両方やってはいけませんよ!と注意書き。
e0069615_121429.jpge0069615_1221158.jpg
当然!御利益期待でみんなセミの如く柱にしがみつき「ついてる」を10連呼!オジサンみんな色気より金銭を選択、順番についてる、ついてる。効き目が有ると嬉しいな!e0069615_23561978.jpge0069615_2356309.jpg
本来の目的はこれから、最初の階段を登ると、踏み切りも柵もなく、いきなり現れる線路。境内へと続く階段の途中を、電車が通過する。一応、「キケン!!列車に注意」e0069615_23564062.jpge0069615_23565174.jpg
仙台市と山形市を結ぶ「JR仙山線」現役の線路。踏切がない為、電車が通過する際に、警笛を鳴らしますが、まさかこんな境内を電車が走っているとは思いもしませんよね
e0069615_2357086.jpge0069615_23571045.jpg路線内侵入の合法的?に踏切?も渡ったし先を急ぎましょう!階段がキツイ!階段を上り切り、持参した御朱印帳を・・・?あれ、暗いな?今日は休みですか~ぁ!ここで私の定休日来場のジンクスが開花?御朱印は次回、来た時にでも、となりました。e0069615_23572019.jpge0069615_23573050.jpg
ここ山寺千手院は、正式には「宝珠山 立石寺 千手院 」と言い、過去に何度も災害にあってきた寺院である為、創建の由来については不明です。現在の御堂は、宝暦2年(1752年)に京都・清水寺の講中(こうじゅう)の方々の基金によって再建されたもの。本尊は、慈覚大師(円仁)作とされている木像の千手観音菩薩立像ですが、過去の火災で焼け焦げてしまった為、秘仏として安置されています。
e0069615_2357403.jpge0069615_23575166.jpg
最上三十三観音第二番札所の御朱印を諦め、言われるままに本堂の裏山に向かいますe0069615_235813.jpge0069615_23581231.jpg
最初から往来が出来ない様な一人がやっとの狭い急な山道を黙々と登ります。e0069615_23582831.jpge0069615_23584353.jpg
この道は「やまでら天台のみち」とも呼ばれ、円仁がこの地を訪れた際に修行として使っていたとされる場所。落葉の道は歩き易いですが所々泥道が有り、足を取られ尻もちをついてしまいました。先頭集団は遥か上の方です。それらしき岩肌が現われました。e0069615_2358561.jpge0069615_2359748.jpg
あと少し!で目的地。垂水不動尊の方へ向かう、蜂の巣のように穴が空いた崖が出現e0069615_23591851.jpge0069615_23593190.jpg
崖のくぼみにはひっそりと佇む鳥居や神社が。流石!最年少のH山君上まで上りましたe0069615_23594413.jpg
e0069615_2359578.jpg
さらに左奥には、垂水不動尊や円仁が修行宿として使われていたとされる場所も残っています。この宿跡場や不動尊、神社一帯を垂水遺跡、崖のくぼみにある神社や鳥居周辺を垂水霊境と呼ぶそうです。看板には、垂水遺跡・ほの暗いここ垂水霊域には、大正時代頃まで山伏の居住修行の姿が有った。一説によると、目の前の窟は山寺を開山(860年)した慈覚大師円仁の修行宿跡とされる。巨大な岸壁一面の蜂の巣状の穴、洞には古峯神社、稲荷神社が祀られている。また、巨大な岩の割れ目から水が滴り、中ほどの暗がりに不動明王が拝される。左手の岩肌には、千手観音様が線刻されていたと伝えられる。我々はここ垂水遺跡を見て引き返しましたが、上る途中、道を譲って追い抜いて行った青年は、ここから更に城岩 七岩、修験場などを巡ると、更に上って行きました。e0069615_021053.jpge0069615_022746.jpg
それでは上って来た山道を下山?しましょう!下りは上るより大変だ、特に滑る道はe0069615_024063.jpge0069615_025560.jpg
下に到着頃に、プァ~ン!と警笛、あっ!電車がシャッターチャンスを逃してしまったe0069615_031268.jpge0069615_032535.jpg
参道内にちょっとした珍スポット、それは、参道を横切るように敷かれた線路ですe0069615_1332395.jpge0069615_1333768.jpg
入口の鳥居迄戻って来ました。山形県を代表する観光スポットのすぐ隣(山寺・立石寺の登山口から850mほど北東部に進んだ場所)に位置しながら、人通りもほとんど無いe0069615_1335536.jpge0069615_134820.jpg
先程の踏切のJR仙山線、仙台~山形間の山形県側の山形駅の立ち寄りました。e0069615_1342177.jpge0069615_1343682.jpg
山伏の格好をした人に声を掛られた、ここでしかお目に掛かれない非常に珍しい光景を見ることができる穴場的なスポットかな?遠く向うに見えるのが貞観二年(860年)に創建された立石寺(通称、山寺)五大明王を祀る道場五大堂は、崖に突き出す様にお堂が立ち、山寺を一望することができる絶景スポット(赤い矢印)
e0069615_1345079.jpge0069615_135373.jpg
この辺で一休み!ジェラート屋さん「COZAB GELATO」で休憩タイムです。
e0069615_1351793.jpge0069615_1353021.jpg
ジェラート2種が500円、3種で600円です。何を頼んだか忘れた!パンナコッタ・ラズベリーとベイクドチーズケーキだったかな?e0069615_1354353.jpge0069615_1355930.jpg
一階店内で購入!商品を持って2階の席で外を眺めながら食べました。美味し~い!e0069615_1361364.jpge0069615_1363377.jpg
2日後の12月25日には来年の3月末頃まで冬期休業になる所でした。セーフ!こんな時期でもお客さんは頻繁に訪れていました。繁忙期は超人気店なんでしょう!ここも女性好みのお店でした。誰か、一緒に来てくれる女子は居ないかな?さっき「ついてる鳥居」に恋愛運をよくしたい人は、鳥居の右の柱に抱きついて、と!自分は、鳥居の左の柱に抱きついて金運を選んじゃったからな!お金を持ってここに一人で来るのも悪くない!
# by van-shop | 2019-01-05 00:00 | その他 | Comments(0)
撮り溜めていた件その3!山形のM和尚様にゴルフRを見せびらかせのついでに天童のやま竹で蕎麦
ゴルフR納車を聞きつけた、M和尚様が是非見たいと!リクエスト!12月23日に出向く
e0069615_23533726.jpge0069615_23534876.jpg
まだゴルフRに試乗していないMネさん、とジュンさんにもお声かけ!まず私を拾ってe0069615_23535818.jpge0069615_23541061.jpg
10日前には着いて居なかったドライブレコーダーが装着されていた。8万円もする360度撮影の優れものらしい!あおられ運転の証拠動画にすると・・・言ってたけど、H山君!自分が、あおっても動画に残るよ!やばくない?途中、Mネさんと合流。e0069615_23542169.jpge0069615_23543342.jpg
茂庭台でジュンさんを拾って山形へ向かいますが、ここから私がハンドルを握りますe0069615_23544830.jpge0069615_2354597.jpg国道286号で暫らく行って川崎町で宮城川崎ICより山形自動車道に乗りました。e0069615_23551021.jpge0069615_23552189.jpg
まだこの時はセントメリー・スキー場には雪が有りませんでした。笹谷トンネルです。e0069615_23553283.jpge0069615_23554253.jpg
山形県に入り関沢ICで下りました。山形側は路肩に雪が残って居ました。e0069615_23555294.jpge0069615_2356232.jpg
山形市の広谷寺に到着、M和尚様がお出迎え、ゴルフRでちょっと試乗運転を!e0069615_2356119.jpge0069615_23562278.jpg
運転を現オーナーに戻り、みんなで蕎麦を食べに天童迄。東北中央自動車道に山形上山から乗りました。対面走行ですね!まだ、建設途中な様で福島とはまだ所々繋がっておらず、ここから河北町までの区間の始発ICとなって居て一つ前の天童ICで下りました。e0069615_23563246.jpge0069615_23564597.jpg
M和尚様に案内されたのは竹蔵蕎麦 やま竹と言うお洒落な料亭風な蕎麦屋さんです。e0069615_23565679.jpge0069615_23571269.jpg
やま竹の営業時間は11:00~14:30売り切れ次第終了!定休日は毎週水曜日、第3火曜日です。入口を入ったら既にエントランスには順番待ちの人々が!人気店の様です。e0069615_23572476.jpge0069615_23573813.jpg
古民家を改装した、都会では一般的な店内、超高級そうなオーディオがジャズを奏でていました。私が山形で来ている蕎麦屋さんの中では山形ぽく無い佇まいですね!e0069615_2358114.jpge0069615_23581261.jpg
ここの木の割箸、忘れましたがメモにウンチクが書いて有ってお持ち帰り下さいと?未使用の物、持って帰って良いのかな?山形の蕎麦屋さんでは殆ど有る七味唐辛子。e0069615_23582459.jpge0069615_23583895.jpg
鴨居にお薦めの天ぷらのお品書きがぶら下がっていた。まいたけの天ぷら(490+税)e0069615_23584926.jpge0069615_2359098.jpg
おためし価格として牡蠣の天ぷら790円が690円+税、たらの白子天ぷら(890円+税)e0069615_2359151.jpge0069615_23592637.jpg
私は鴨汁せいろ1480円(税別)を注文しました。当然!大盛り300円増しe0069615_23593734.jpge0069615_23595062.jpg
岩手山合鴨の鴨ロースが二切れ。別な器に鴨汁が入って来ました。美味しいです。e0069615_00071.jpge0069615_001125.jpg
蕎麦は、山形にしてはお上品な!細麺で喉越しが非常に良かったです。山形の蕎麦は美味しい。そば湯も上品でした。ここは女性と来たい所ですね!M和尚様!粋な所をご存知ですね!そばを食べたら次の楽しみが待ってます。何処に連れて行かれんだ~?
# by van-shop | 2019-01-04 00:00 | car | Comments(0)
撮り溜めていた件、その2!H山君がVWゴルフタイプRで来てくれた。
このネタは昨年の12月13日の事で、最近の部類です。新型と言う事で旬の内に
e0069615_23551713.jpge0069615_23553530.jpg
前回のブログに引き続き登場のH山君。VWゴルフタイプRが納車されたとお披露目会e0069615_23555013.jpge0069615_2356353.jpg
ゴルフR には、ゴルフ史上最強パワーの最大出力310PSのエンジン、最大出力228kW
(310PS)が備わる。400Nm(40.8kgm)2の強大なトルクを2,000~5,400rpm2という広い回転域で発生。じゃじゃ馬か?と思うけど大人の走りが出来る車です
e0069615_23561436.jpge0069615_23562451.jpg
ゴルフ Rには専用デザインの18インチホイールに225/40R18のタイヤを履く。リヤ・エンドには左右に2本ずつ4本のマフラーが配置され、迫力の排気音が楽しめる
e0069615_23563591.jpge0069615_23564649.jpgゴルフの7代目になるのかな?こんな!VWゴルフの中で、もの凄いハイパワーの車なのに、これでもか~!と言う様なデフォルメされていない。大人しいRのエンブレムだけです。そこが気に入って購入したとH山君。私も同感、猫を被ったライオン?ですね。
e0069615_23565734.jpge0069615_2357839.jpgH山君、この車の選択の一要因にマニアルミッションの設定が有ったからだそうです。今、国産車は殆どがATミッションでマニュアルは絶滅危惧の状態です。聞いた話では、ヨーロッパは殆どがマニュアルミッションだと聞きます。当然私はマニュアル派です。嬉しい事に私のジェミニを運転してマニュアルを再認識したと。残念な事にこのマニュアル設定の輸入車これが最後だそうです。この事がH山君の背中を押したんだね!e0069615_23572090.jpge0069615_23573047.jpg
試乗会と見せびらかしにN実さんの所に。BMWのM2にVWポロ。ここはドイツか?e0069615_2357408.jpg
e0069615_23575029.jpg
それでは3人で試乗会に出発。BMWのM2オーナーN実さんがハンドルを握ります。e0069615_2358128.jpge0069615_23581269.jpg
先ずは飯でも食べましょう!と言う事で七ヶ浜に向かいます。ウィンドウ越しに松林の有った菖蒲田海岸に東日本大震災で残った松が細々と立っていました。復興は遠い!e0069615_23582955.jpge0069615_23584228.jpg
新鮮な海鮮類が食べられると言うので七ヶ浜町花渕浜に有る七のやへ来てみました。駐車場には車が無い、休みか?確認に入口に・・・営業日。ご入店です。e0069615_23585535.jpge0069615_2359862.jpg
入って直ぐが鮮魚コーナー。あれ?お客様が殆ど居ない。隣が海鮮浜焼き小屋はま太郎e0069615_23592288.jpge0069615_23593712.jpgこちらが目指してきた七のや。ここもお客は無し!食券を購入に券売機に行って見ると、品切れ?七のや海鮮丼だけ大丈夫と店員さんから言われました。もうそれで充分!それ2人前お願いします!N実さんは食べたばかりとコーヒーだけ。セルフサービスe0069615_23594823.jpge0069615_00145.jpg
流石!看板メニュー。新鮮な海鮮類がテンコ盛り。1890円は安いか!完食後、試乗会e0069615_032665.jpge0069615_034638.jpg
今度は私が運転させていただきました。ロードインプレッション!乗った第一印象、想像していたよりずっーと大人しい。サスペンションもそうですが街乗りに全然疲れを感じさせない。スパルタンの感じはしなかった。日帰り温泉でも行きますかと言う事で三本木の三峰荘へ向かう途中!ワィンディングロードに差し掛かったらゴルフRの力を垣間見た。まだ新車で慣らしの時なのでおとなしくアクセルを踏んでいましたが、4WD四輪駆動の走行安定性にはビックリ!やはりRは別物で、この先フルスロットルが楽しみe0069615_04576.jpge0069615_042211.jpg
ここは、私のお気に入り、三本木に有る三峰荘です。久々の入館です。e0069615_053563.jpge0069615_055216.jpg
ちょっと足が遠のいていたのには、浴場の写真撮影が禁止となったからも有るかな~ぁ?この写真は以前の物です。やっぱりここ三峰荘は良いですよ!e0069615_061072.jpge0069615_062450.jpg
風呂上がり後、夕飯でもと再度運転のN実さんH山君を強引に夕闇の中を中田の食彩へと向かいました。H山君ごめんね!拉致した様で。奥様に謝ってて下さいe0069615_063813.jpge0069615_065327.jpg
早速、お二人はビール。私はお茶。美味し~い!メインデッシュはナメタ定食を注文。e0069615_07994.jpge0069615_072520.jpg
ここは何を食べても美味しい!N実さんはブリカマ定食を頼んでた。どうH山君、美味しかったでしょ!と言ってもこちらがご馳走になっちやったかな!満足の一日でした
# by van-shop | 2019-01-03 00:00 | car | Comments(2)