人気ブログランキング |
白石湯沢温泉「旅館やくせん」に行って来した。
午前中に白石の駅前で白石うーめんを食べ、早速に今回の目的!「やくせん」の湯に向かいます
e0069615_21505217.jpge0069615_2151270.jpg
この道は前回、岩風呂「かつらの湯」に入った時に通った道です。右折で小原温泉。真っ直ぐですe0069615_21511197.jpge0069615_21512141.jpg
国道113号線です。暑いけれど三角窓からの風が気持ちいいです。新小原大橋に来ました。e0069615_21513099.jpge0069615_21513929.jpg
橋を渡ってすぐ左折!材木岩方面へ ここまでは前回と同じ!その先、下戸沢宿に入りましたe0069615_21514972.jpge0069615_21515896.jpg
下戸沢宿を過ぎてすぐ!「旅館やくせん」の看板!右折です。到着、車がいっぱい!混んでる?e0069615_2152849.jpge0069615_21521924.jpg
ここが白石市下戸沢宿場内「白石湯澤温泉、旅館やくせん」です。日帰り入浴は500円です。e0069615_2152281.jpge0069615_21523691.jpg
こちらの温泉はロケーションが良いとは思えません!売りは泉質なんでしょうね!評判は良いみたいです。お風呂に入る前に、「やくせん飲泉場」の部屋に立ち寄り!飲用の温泉は垂れ流し。 e0069615_21524546.jpge0069615_21525448.jpg
最近、お腹の調子が良くない私!駆け付け2盃を飲み干しました。ちょっと硫黄臭い 。お風呂へe0069615_2153426.jpge0069615_21531319.jpg
パンフレットによると宮城県と福島県との県境に下戸沢という宿場集落があり江戸時代からお湯が湧き出ていました。その名が、白石湯沢温泉と呼ばれています。しばらくの間は、利用されずにおりましたが、平成6年に泉質を調べたところ、日本でも数少ない「含石膏芒硝泉」と分析され、飲用にも適した素晴らしい温泉と判明!「旅館やくせん」としてスタートしました。広いお風呂場ですe0069615_21532239.jpge0069615_21533211.jpg
1200年来の天然自噴の温泉で、かけ流しです。透明なあっさりした湯です。明日が休みだった。e0069615_2153424.jpge0069615_21535380.jpg
泉質は含石膏芒硝泉(ナトリウム、カルシウム、低張性弱アルカリ性低温泉)。効能は浴用:慢性皮膚病(アトピー)、動脈硬化症、切り傷、火傷、神経痛、筋肉痛、五十肩、打ち身、くじき、冷え性。飲用:慢性胆のう炎、胆石症、慢性便秘、肥満症、糖尿病、痛風。に効くと有ります。色々な病気が良くなったと届いた手紙が脱衣所に貼られていす。さ!上がりましょ!あれ?いつもの? e0069615_2154382.jpge0069615_21541163.jpg
玄関近くに 有りました。プファ~!やはり湯上がりはファンタ・グレープでしょ!お世話様でした~e0069615_21542157.jpge0069615_21543134.jpg
山中でも直射日光が当たる所は55℃もあります。室内も同じ55℃。早く走って風を入れよう。 e0069615_2154405.jpge0069615_21545065.jpg
福島県には向かわず、戻りました。茅葺き屋根伝いの下戸沢宿を通過。また白石方面に向かう。
さ~!帰りは、どんなコースでしょうか? ・・・・つづく
by van-shop | 2010-07-26 23:30 | 温泉 | Comments(2)
Commented by rosso at 2010-07-27 15:03 x
おっと・・・先日お話されていた温泉がアップされている。。
なかなか身体に良さそうな温泉ですね、、、運がイイナァ~休みの前日だったとは・・・
江戸情緒が残る職場町ですね!!是非自転車で走ってみます(^^)
Commented by van-shop at 2010-07-29 20:52
rossoさん、定休日!あぶなかったです。
今思うと、確かにあの飲む温泉、効くかもです。
自転車での立ち寄り湯、疲れが取れるかも!
この旅の後半、牛乳騒動です?
<< 白石湯沢温泉「旅館やくせん」の... 休みだ!VWタイプⅡでお出掛けだ! >>