人気ブログランキング |
今回、蔦温泉に宿泊しました。
谷地温泉に日帰り立ち寄り湯に入って国道103号線をまた十和田方面に戻って来ました。
e0069615_022362.jpge0069615_0221342.jpg
蔦トンネルを過ぎると直ぐです。谷地温泉を出て15分位で右折して蔦温泉に到着です。e0069615_0222383.jpge0069615_022334.jpg
以前もVWタイプⅡで立ち寄った事が有ります。その時は日帰りの立ち寄り湯だけでした。
e0069615_0224337.jpg
どうです?この佇まい、立ち寄り湯だけじゃでなく、宿泊して、ゆっくりの時間を過ごしたいと思いませんかe0069615_0225232.jpge0069615_023269.jpg
久安3年(1147)に湯小屋が有ったとされる秘湯です。明治42年(1909)に旅館となりました。e0069615_0231186.jpge0069615_0232155.jpg
現在の建物は大正7年(1918)に建てられた物だそうです。築!95年ですね。e0069615_18154553.jpge0069615_023401.jpg
玄関先の湧き水がめちゃくちゃ美味しかったですが、チェックインで出された冷たいリンゴジュースも絶品でした。外観からは想像も付かない近代的?広いピカピカの廊下を部屋に向かいます。
e0069615_0234970.jpg
部屋からは風情の有る玄関が見える。部屋にクーラーは無しです。(必要無いくらい涼しかった)e0069615_0235844.jpge0069615_024971.jpg
予定通り早めに着いたので、食事の前に沼巡りの小径を探索して来ました。e0069615_0241924.jpge0069615_0243145.jpg
ビジターセンターを出発!裏から、遊歩道が森の中に繋がっています。森林浴でヒンヤリ!e0069615_0244130.jpge0069615_0245193.jpg
15分くらいの所に蔦沼が現れました。この辺には大小6個の沼が展在しているらしいです。
e0069615_025133.jpg
蔦沼、遊歩道沿いにある沼のなかで最も大きく、周囲1km面積6ヘクタールほど。沼の左手奥にそびえる山が赤倉岳(標高1298m)です。山頂下で起きた火山活動により大量の土砂がこの付近まで押し寄せ、蔦沼をはじめ多くの沼が造られました。と立て看板に有りました。ここで戻り!e0069615_0251156.jpge0069615_0252153.jpg
宿に戻り、夕食の前にひとっ風呂浴びましょう!お気に入りの久安の湯に入ります。
e0069615_0253115.jpg
総ブナ造りの浴槽はお湯の投入口が一つ有るにも係わらず、水面が波打ちしていません!e0069615_025469.jpge0069615_0255532.jpg
以前に来た時は左の木壁の中央に水槽に魚が泳いでました。今回は居ませんでした。e0069615_026519.jpge0069615_0261569.jpg
一ヶ所のお湯の投入口?は少量なのですが、湯船から流れ出る湯量は半端出ないです。この透き通ったお湯の底を覗き込むと板と板の間からアワブクが底板から混沌と源泉が湧いていますe0069615_0262473.jpge0069615_0263496.jpg
パンフレットには約千年前に開湯された、日本で稀少な底板から、ぷくぷくっと湯の玉が湧き出てくる「源泉湧き出し」のやさしい湯です。と!確かに!ユッタリ、のんびりやさしいお風呂です。e0069615_0264488.jpge0069615_0265483.jpg
さ~!夜ご飯ですよ~!部屋食でなく、バンケットルームでの食事となります。e0069615_027510.jpge0069615_0271572.jpg
最初に運ばれてきたのがあつあつ蒸籠!これが前菜。青森野菜夏の彩り、陸奥湾産モスソつぶ、鰻巻 茸シューマイ馬鈴薯サーモン巻の八方盛あつあつをセイロで。お造りは旬青森大鉢海鮮森。奥入瀬水系紅鱒、陸奥湾産帆立 蛸、カンパチ。e0069615_0272684.jpge0069615_0273787.jpg
箸休めバケット オリーブオイル。蒸し物はめちゃくちゃ甘い青森風茶碗蒸し(食べてから撮影)e0069615_0274845.jpge0069615_027586.jpg
焼き魚、八甲田水系岩魚塩焼き、キャラ蕗 なた豆の花。八甲田水系天寿米御飯に香の物e0069615_028775.jpge0069615_0281692.jpg
小鍋、”名物蔦鍋”桜姫鶏 と 山の芋団子e0069615_0282683.jpge0069615_0283654.jpg
夕食の後はまた、お風呂です。今度は泉響の湯に来ました。
e0069615_0284465.jpg
暗い風呂場のここも久安の湯と同じ透き通ったお湯がアワブクと底板から源泉が湧いていました。e0069615_0285512.jpge0069615_029925.jpg
ユックリできますが、個人的には久安の湯の方が好きですね!e0069615_0291848.jpge0069615_0292830.jpg
天井は高いです。風呂上りにお約束のファンタ・グレープ!ここには有りました。e0069615_0293998.jpge0069615_0295215.jpg
翌朝で~す!外を覗くと窓ガラスにバッタ!見えますか?ワイルドダロ~!快晴の様。e0069615_030322.jpge0069615_03014100.jpg
朝食です。朝食もバンケットルームでバイキングです。e0069615_0302865.jpge0069615_0304436.jpg
朝、弱い私!少量の野菜サラダに和洋折中の寄せ集め!e0069615_0305361.jpge0069615_031447.jpg
なんだか分からないけど完食してしまいました。皆さん信じられないでしょ!これだけとはe0069615_0311635.jpge0069615_0312715.jpg
しかし!ここの水はおいし~!です。持って帰りたいくらいですがレンタカーです。e0069615_031374.jpge0069615_0315194.jpg
チェックアウトして次に行くぞ!!今日は少しハード・スケジュールだ!GO!
by van-shop | 2013-08-30 00:58 | 温泉 | Comments(0)
<< 竜飛岬に行く前に三厩のお寿司や... いよいよ温泉です。谷地温泉に立... >>