山形の山寺に行くはずの道が磐司岩の先で・・・・・!
磐司山荘の向かえ側に仙台市秋保ビジターセンターが有ります。そこから先!車両通行止・・?e0069615_23281198.jpge0069615_23282333.jpg
折角、ここまで来たんだ、生ける所まで行ってみよう!と入り込む!ここから舗装が無くなった! e0069615_23283535.jpge0069615_23284736.jpg
2km先通行止の立て看板。お構いなしに橋を渡ります。廻りは綺麗、山奥に入った感じ。e0069615_2329061.jpge0069615_23291290.jpg
直ぐに湧き水所が現れました。今回はスルー!所々は舗装になっています。磐司岩に到着ですe0069615_23292452.jpge0069615_23293539.jpg
磐司岩は、名取川上流の二口沢と大行沢の中間に 屹立する、安山岩質凝灰角礫岩・火山角礫岩からなる柱状節理の大連壁で、二口沢の北岸を表磐司(陽磐司)、南岸を日陰磐司と称し大行沢に屏立する方を裏磐司と呼んでいます。なかでも表磐司は高さ80~150mもの垂直な岸壁が3km以上の長さに連なり、その壮大な自然の造形美は圧倒的な迫力で見るものに迫り、特に秋の紅葉の時には感動的な美しさを見せています。昭和20年2月22日、国指定名勝「磐司」と看板に書いて有りました。今日は緑の森から雲谷がかかってボヤ~と幻想的です。この時期もいいよe0069615_23294692.jpge0069615_23295791.jpg
チョット一休みしたら、行動開始?デコボコ道をさらに奥へ! 何だ?ありゃ!ゲート出現!e0069615_23301137.jpge0069615_2330221.jpg
立ち入り禁止。う~ん・・・・・!もはやここまで!これじゃ行くに行けない、残念。 e0069615_23303217.jpge0069615_23304115.jpg
VWタイプⅡを置いて、ゲートのあちら側を徒歩で探索!ゲートの脇をすんなりです。 e0069615_23305310.jpge0069615_2331491.jpg
すぐに橋が有りました。その手前には道に土砂崩れ痕に倒木が散乱。整備されていません。e0069615_23312255.jpge0069615_2331362.jpg
VWタイプⅡに戻ったら、ゲートの向に車・・・・が?営林署の職員さんですかね?ゲートの鍵を開けてこちら側に来ました。聞いてみたら、以前、期間限定で少し開通させた事が有ったそうで、もしかすると?10月頃にまた開通させるかもの事でした。ここから山寺まで10kmも無いそうです。e0069615_2331498.jpge0069615_2332197.jpg
あと少しだったのに、ゲートを通らせて下さい!とは言えませんでした。来た道をUターンです。e0069615_23321350.jpge0069615_23322455.jpg
来た時は気がつきませんでしたが、6月だと言うのに残雪です。今年は雪が多かったからね!e0069615_23323458.jpge0069615_23324631.jpg
こんな細い道もあるんですよ!対向車は無人の信号機で大丈夫ですけどね。このまま秋保に戻るよりこの辺を左折すれば国道48号線に出るはず、近道だ。e0069615_2332569.jpge0069615_2333770.jpg
。このトンネル、上は道も線路も何も有りません。動物用通路と書いてあります。獣道を寸断させないようにの心ずかいですね。共存共栄です。 ここを左か?狭い道です。e0069615_23332172.jpge0069615_23333324.jpg
くねくね登って、たどり着きました。西仙台ハイランド入り口です。       つづく!
[PR]
by van-shop | 2014-06-21 01:04 | 温泉 | Comments(0)
<< 西仙台ハイランド・レースウェイ... 定休日!何処の温泉がいいかな~! >>