ダックスホンダST70Zの再生開始!
VANshop仙台を閉めてから早!7ヶ月が経ちました。今だ、毎日、車を磨いたり直したり?日帰り温泉に行ったり、プラプラしています?今回、ダックスを再生しようと動き出しました。
e0069615_2254216.jpg
私のダックスは昭和45年(1970年)7月16日17:00納車とメモが有った。新車購入です。e0069615_22541717.jpge0069615_22542812.jpg
ダックスホンダST70Zと言うハンドル部分とボディ部分が分離して簡単に車に積める奴ですe0069615_22543815.jpge0069615_22544995.jpg
排気量は72cc最高速度は75km/h、登坂能力18°、全長1.510m全巾0.580m全高0.960m、車両重量65kg燃費は85km/L(25k/h)タンク容量は2.5L の主要諸元です。満タンで200km走る計算ですね・・・?バッリーは6V仕様です。この時点では不動車ですe0069615_22545990.jpge0069615_22551169.jpg
まずはエンジンオイルを抜きます。プラグも外しました。クランクケースも外します。e0069615_22552447.jpge0069615_22553638.jpg
シリンダーヘッドカバーに両サイドカバーを外すとカムスプロケットが現れます。フライホイールを固定して3本のボルト緩めて、外すとスプロケットは外れますe0069615_22554737.jpge0069615_2255592.jpg
スプロケットをずらしてカムチェーンを開放してシリンダーヘッドを引き抜きました。バルブですe0069615_22561039.jpge0069615_22562217.jpg
バルブロッカーアームシャフトを特殊工具(ただのボルト)?で引き抜きます。そうするとバルブロッカーアームとカムシャフトが外れました。結構、綺麗な状態です。e0069615_22563612.jpge0069615_22564854.jpg
シリンダーヘッドケースとカムシャフトにバルブロッカーアームにシャフトです。e0069615_2257350.jpge0069615_22571683.jpg
いよいよバルブを取り外します。が?車用のスプリングコンプレッサーしかなくて何とかエキゾースト側だけは外すことが出来ました。インレット側・・どうしょう? e0069615_2257291.jpge0069615_22574075.jpg
MINIクーパーの時に使った手を使いましょう!適当なロングソケットを押し当て、ゴムハンで叩くと一瞬に外れます。これでバルブは外れました(たったの2本です) e0069615_22575130.jpge0069615_2258348.jpg
20年以上動かさなかったからか?何にもしないのにインレットバルブが曲がって居ました。こんな事って有るんですね?他はドリルに取り付けて掃除しておきました。 e0069615_22581486.jpge0069615_22582588.jpg
ヘッドケースも洗浄剤に付け洗いしたら、綺麗になりました 。e0069615_22583695.jpge0069615_22584893.jpg
ついでに外側はブラストして新品同様に!
レストアは始まったばかり、まだまだ続きます。たまにはバイクのネタ如何でしょうか?
[PR]
by van-shop | 2016-09-11 00:05 | car | Comments(0)
<< ダックスホンダST70Zのヘッ... ちょっとさぼって気が付いたら4... >>