ダックスホンダST70Zのポイント&コンデンサー交換
やっと、エンジンの点火時期調整に入りました。やり方はインターネットを参考にしました
e0069615_23393483.jpge0069615_23394536.jpg
最初は、ポイントの擦り合わせ、点火時期を合わせだけで大丈夫かなと思ったけれど? e0069615_23395667.jpge0069615_2340728.jpg
フライホイールの穴からドライバーを突っ込んでポイントの隙間調整をします。確認はフライホイールの合わせマークと本体のマークとが交差した時に予め配線していた豆電球が点灯した時に合わせました。これで、完璧かと思われましたが、意外な落とし穴が・・・? e0069615_23401881.jpge0069615_23402926.jpg
キックして、プラグからの火花を確認しようとしましたがいくら踏んでも火花は出て来ません!なんだろう?頭の中をあれこれ疑うところが・・・?また、エンジンを降ろすことに! e0069615_23403922.jpge0069615_23405039.jpg
まず疑ったのは点火コイルです。予備に新品を持っていたのでこれと交換です。 e0069615_23405987.jpge0069615_23411095.jpg
点火コイルが車体本体の一番下に取り付けて有りますが簡単に交換できると思ってました。見てみると新旧、点火コイルの取付ボルト間隔が違う!まいったな~! e0069615_23412023.jpge0069615_23413165.jpg
仕方が無いので、新しい点火コイルに合わせてボルト穴を新設し取付ました。 e0069615_23414290.jpge0069615_23415322.jpg
エンジンを本体に戻し、キックしても点火せず!点火コイルでは有りませんでした。うむ!次に思い立ったのがエンジンとの配線の断線です。テスターで測りながらカプラーも新品に交換 e0069615_234237.jpge0069615_23421345.jpg
ここまで来たなら、電気系統をオーバーホールしましょう! e0069615_23422496.jpge0069615_23423414.jpg
特殊工具をフライホイールに取り付け、ん!固い?一気におぃやぁ~!外れました。 e0069615_23424426.jpge0069615_23425690.jpg
心臓部?が現れました。まずは、みんな外して綺麗にしましょう! e0069615_2343746.jpge0069615_23431837.jpg
プライマリーコイルも外します。配線がコンデンサーに半田付け、これも外す。 e0069615_23433022.jpge0069615_23434076.jpg
消耗品でも有るポイントとコンデンサーは新品に交換します。 e0069615_23435152.jpge0069615_2344318.jpg
ポイントです。片方に日立のマークが有りません?同じ形してるから大丈夫でしょう!このポイントは日本電装と2種類のうちの日立製の方ですね。コンデンサーは全く一緒でした。e0069615_23441457.jpge0069615_23442699.jpg
新旧のポイント2052円です。コンデンサーも日本電装と2種類ですこちらは1404円です。e0069615_23443780.jpge0069615_2344474.jpg
エンジン本体にプライマリーコイルを取り付け、新品のポイントとコンデンサーを半田付けで取り付け 、日立製の刻印が有るフライホィールを被せます。e0069615_23445895.jpge0069615_23451029.jpg
フライホイールを10mm六角ナットで固定しました。これで、良いかなとキック!・・・まだ駄目です!まだまだ先有りますからね!飽きずに見てください!   じゃ!
[PR]
by van-shop | 2016-09-22 23:46 | car | Comments(0)
<< 動け~!ダックス。 ダックスホンダST70Zの配線... >>