姥湯への途中!峠駅と峠の茶屋へ立ち寄り!
10月も半分過ぎました。姥湯も11月初めに冬の閉鎖で入浴できないと言う事で、前回はVWタイプⅡでの訪問でしたが、今回はジェミニ行く事にしました。紅葉の土曜日、混んでそう?
e0069615_2319073.jpge0069615_23191194.jpg
去年にも友達とチャレンジしましたが、余裕をかまして遅く発ったら姥湯は3時30分でクローズ!仕方なく下の滑川温泉に入った。事も有り、9時30分出発です。e0069615_23192195.jpge0069615_23193295.jpg
天気は長雨の後の快晴、ドライブ日和!大事を取って高速道を三陸道から向かいます。e0069615_23194544.jpge0069615_23195955.jpg
東北自動車道は土曜日でもあり、めちゃ混みです。自分の運転に陶酔して写真を撮るのも忘れる様なジェミニの快調さ!に福島のインターチェンジを過ぎてから撮影を思い出しました。e0069615_2320972.jpge0069615_23202575.jpg
国道13号線を米沢方面に向かいます。やはり車は多いです。e0069615_23203619.jpge0069615_23204656.jpg
快適な気候と道です。左には完成まじかの福島、米沢間の高速道が見えます。e0069615_23205799.jpge0069615_2321878.jpg
東栗子トンネルが現れました。2376m有ります。出口を過ぎると!e0069615_23211928.jpge0069615_23213091.jpg
板谷大橋が有り、もうそこは隣の山形県の米沢市です。すぐに左折です。e0069615_2321403.jpge0069615_23215034.jpg
曲がり角には標識が!姥湯温泉と滑川温泉に五色温泉入口。ここから山道の始まり。e0069615_2322291.jpge0069615_23221325.jpg
狭い県道?をぐにゃぐにゃ上って行くと米沢と姥湯方面の分岐点が現われました。e0069615_2322233.jpge0069615_2322354.jpg
細い林道は果てしなく続きます。この辺はまだ紅葉はしていませんね!e0069615_23224617.jpge0069615_23225643.jpg
峠の大石庭「力餅」の看板が!御腹が空いたので右折、食事に立ち寄りましょう!また細い道e0069615_2323644.jpge0069615_23231721.jpg
ここは初めての来訪です。VWタイプⅡの時はスルーしました。峠の力餅屋さんです。e0069615_23232916.jpge0069615_23234072.jpg
何でこんな辺鄙な場所に?昔ながらの茶屋?でもどんどんお客様が入店してきます。e0069615_23235011.jpge0069615_2324096.jpg
女将さんのお薦め秋の特別メニューきのこ汁の餅セット1500円をオーダーしました。きのこはこの辺で採れた新鮮な物だそうで、写真の花猪口茸(ハナイグチ)と言う茸が入っている。餅はつきたて、ふわふわもっちりでした。胡麻、ずんだ、納豆、餡子、胡桃の5種類にきのこ汁。美味しかったけど・・・量がな~!でも、餅って腹持ちが良いのか?暫らく腹が減らなかった。e0069615_23241181.jpge0069615_23304323.jpg
来た時には気にも留めていなかった廃墟?トイレが有ると言うので行ってみてビックリ!e0069615_2331173.jpge0069615_23313838.jpg
昔のスイッチバックの駅でした。線路も錆びてはいますが有ります。奥は新しい?e0069615_23315198.jpge0069615_2332414.jpg
失礼しました!現在稼働中の「峠」駅でした。在来線では1日、下り米沢方面が6本。上り福島方面が6本停車。新幹線も通過?します。昔、急こう配を列車が上るには!方法としてスイッチバック方式が採用された様です。行ったり来たりのなだらか走行。この様な施設が4ヶ所有ったそうです。4回スイッチバックして上ったんですね。乗ってみたかったな~!e0069615_23321587.jpge0069615_23322521.jpg
無人駅ですかね?始発は下り7:45.上りは7:35。最終は下り21:35上り20:58でした
e0069615_2332561.jpg

話には聞いていたけど、サプライズ!突然の?登場に感激しました。こんなに立派とは思っていませんでした。肝心のトイレは、仮設簡易トイレ?2棟ありました。(綺麗でしたよ)
[PR]
by van-shop | 2016-10-17 23:33 | 温泉 | Comments(0)
<< 姥湯温泉への難所! BMWの車高調取り付けのお手伝い! >>