ジェミニの屋根だけ磨いてみました。
およそ2年前に事故で、全塗装を施したのですが、綺麗に塗装はされていましたが、自分としては満足していませんでした。なので、自分で磨きを掛ける事にしました。
e0069615_224970.jpge0069615_2241868.jpg
屋根の部分の写真ですが隣の家の屋根がギザギザに見えるでしょ!塗装面の研磨をします。e0069615_2242892.jpge0069615_224381.jpg
まずは、一部だけ試験施工して見ました。3000番の極細耐水ペーパーで軽く削ります。e0069615_23358100.jpge0069615_226131.jpg
水磨ぎが済んだら研磨剤の肌調整・ペーパー目消しのコンパウンドとポリッシャーで磨きますe0069615_2261320.jpge0069615_2262355.jpg
使用した研磨剤は石原ケミカル(株)のユニコンコンパウンド8000-LS。細目のコンパウンドと重量の有るシングルポリッシャーで施工。これだけでもペーパー傷は無くなりました。e0069615_2263379.jpge0069615_2264219.jpg
次は、中磨きです。ペーパー目消しの極細コンパウンド8025-LSにRYOBIのランダムサンダーで施工しました。段々と細かなコンパウンドにして鏡面加工まで持って行きます。e0069615_2265214.jpge0069615_227284.jpg
やっと、仕上げの工程です。仕上げ用の超微粒子仕上げ剤8040-LSコンパウンドで入念に磨きました。見て下さい!ツルツルでしょ!満足の仕上がりです。屋根の4分の1だけ綺麗に。e0069615_227111.jpge0069615_227208.jpg
結構、大変な作業でしたが結果に気を良くして、翌日、屋根全体を磨く事にしました。e0069615_2273074.jpge0069615_2274023.jpg
今回は、本気で丁寧に作業に入ります。3000番耐水ペーパーで屋根全体の粗削り。塗装面の角を削って下地が出る予防策でマスキングテープを貼り、あの重いシングルポリッシャーで施工。屋根なので作業態勢が悪く腕、腰に負担が来ます。中途半端で止められません!e0069615_227505.jpge0069615_22802.jpg
脚立に乗って、運転席側から始めました。この作業が一番疲れる。コンパウンドが雪見たいe0069615_228989.jpge0069615_2282651.jpg
助手席側も同じように施工し、工程の半分が終わりました。e0069615_2283651.jpge0069615_2284520.jpg
次は、中磨きに入ります。ランダムサンダは軽くて楽ですね。私のシングルポリッシャーは回転を制御出来ないタイプなので、回転数が高く高熱になりコンパウンドが焼けて固くなり塗装面に傷を付ける場合も有る。(テクニックでカバーしてました)その点このランダムサンダーは名前の通りランダムに回転しておまけに回転も調整出来る優れものでした。大分前に手に入れてましたがこんなに良いものだとは知らず道具箱に大切にしまって有りました。こまい振動です。e0069615_2285650.jpge0069615_229539.jpg
やっと!仕上げの最終工程です。この作業もランダムサンダーで行いますが、それに使うバフと言うスポンジはコンパウンドの粗さによってそれ用のバフを使用します。この超微粒子仕上げ剤にはちょっと柔らかめの肌理の細かいバフで対応しました。真剣に真面目に頑張りました。e0069615_2291579.jpge0069615_2292667.jpg
やればやっただけの結果が出ます。マスキングテープを外し屋根に映る天井にニンマリ!e0069615_2293611.jpge0069615_2294570.jpg
これも、ガレージが有ったから余裕で出来た仕事です。屋根だけは綺麗になったけど?屋根下はどうしょう?やるしかないですね。次はトランクかボンネットその後が側面ですかね!筋肉痛が治ったら始めよう!シングルアクションのポリッシャーより電動ギヤアクションポリッシャーが欲しくなった。高いからな~!でも、容易に研磨作業が捗るんよな~。
[PR]
by van-shop | 2017-02-24 02:34 | car | Comments(0)
<< ジェミニJT190の磨きを完成... たまには身体に良い食事?荒井駅... >>