人気ブログランキング |
御朱印シリーズ!成田山の次は山形の上杉神社にその後、小野川温泉に
今回この20ページ目も、11ページ目のrossoさんの案内で亀岡八幡宮の次に来て、タイムアウトで御朱印を頂けなかった所。1ヵ月ぶりに再来訪して見ました
e0069615_22381278.jpge0069615_22382912.jpg
大本山成田山仙台分院に来てみました。祈願・祈祷を主に行う寺院として知られ、境内に日本一高い場所にある不動明王像が設置されている寺院としても有名である
e0069615_22385072.jpge0069615_223929.jpg
大本山成田山仙台分院は宮城県仙台市青葉区にある真言宗智山派の寺院で、昭和57年開山と比較的新しい寺院です。正式名称は成田山経ヶ峰国分寺で、総本山は京都の智積院、大本山は千葉の成田山新勝寺であり、国分寺は新勝寺の分院である。
e0069615_22391664.jpge0069615_2239451.jpg
大本山成田山仙台分院の護摩祈祷はご本尊不動明王の前に壇を設け、いろいろな供物を捧げ護摩木という特別につくられた薪をたいて不動明王に祈願する真言密教の秘法だ!
e0069615_22395785.jpge0069615_2240835.jpg
本堂、隣の寺務所の1階、受付で御朱印を頂きました。
e0069615_22404937.jpge0069615_2241141.jpg
それから20日後の9月30日に東北自動車道を福島に梨を買いに出向いた時の話。
e0069615_22411466.jpge0069615_22412780.jpg
福島飯坂ICで下り、県道5号線(フルーツライン)に向かい、お気に入りのお店に
e0069615_22414359.jpge0069615_22415695.jpg
いなか一番「服部」です。試食も豪快にいっぱい!出してくれます。帰りには気前のいい女将さんがいつもオマケしてくれます。この時期は桃も終わり梨を買い求めました
e0069615_22422380.jpge0069615_22423758.jpg
梨も買ったし、と言う事で得意のよっこ寄りの血が・・・山形の米沢に向かってました
e0069615_22424760.jpge0069615_2252538.jpg
この時は、まだ、高速道も開通していないので国道13号線での走行
e0069615_22435018.jpge0069615_2244294.jpg
何処かこの辺の温泉はないかな?とナビで検索!その場所が上杉神社駐車場だった。折角ここに来たのだからと御朱印帳を取り出し、上杉神社に走りました。上杉謙信像です
e0069615_2244179.jpge0069615_22443215.jpg
伊達政宗公生誕の地の石像もある。全国でも数少ない国管理の神社、別格官幣社です。明治9年、上杉謙信、上杉鷹山を祭神として、米沢城本丸跡に建立された。 明治35年に別格官幣社となり、その際に鷹山は摂社に祀られ松岬神社となった。江戸時代後期から明治時代初期に流行した藩祖を祀った神社のひとつ。「毘」と「龍」の旗で出迎え
e0069615_22444365.jpge0069615_22445729.jpg
奥に入ると2っの鳥居が有る。真直ぐの参道の一番奥に拝殿が有りました、その前にも門が有ります。上杉神社は、山形県米沢市丸の内に鎮座する神社で、松が岬公園(米沢城本丸跡)にあり、戦国時代の武将・上杉謙信が祀られています。明治時代の神仏分離令、廃城令により上杉謙信の遺骸が城内から上杉家廟所に移されましたが、明治4年(1871年)に謙信の霊魂を神式で祀るため大乗寺の僧侶が還俗して神官となり、米沢藩中興の名君である上杉鷹山も合祀し、上杉神社が創建されました
e0069615_22451122.jpge0069615_22452481.jpg
米沢藩祖である上杉謙信公を祀る神社、旧米沢城本丸の奥御殿跡に建てられています。大正8年(1919)の大火で本殿は焼失。現在の本殿は大正12年(1923)、明治神宮や平安神宮の設計者として知られる米沢市出身の文化勲章受章者・伊東忠太により竣工されたものです。
e0069615_2245574.jpge0069615_22461124.jpg
御朱印帳21ページ目に、お札・お守りの授与所で御朱印を頂きました。
e0069615_2253746.jpge0069615_22532422.jpg
御朱印を頂いた後は、温泉です。小野川温泉共同浴場「滝の湯」を見つけました。
e0069615_22533767.jpge0069615_22535047.jpg
入浴券は250円でした。こじんまりした脱衣所、扉は無くビニールカーテン!
e0069615_2253592.jpge0069615_22541232.jpg
御影石で枠組まれた湯口から小野川の湯が投入されており、脱衣室の壁紙には42℃設定と書いて有りますが、湯船の設置されている温度計は44℃を指し示して、熱いです。完全掛け流しで、浴槽縁から洗い場へ惜しげも無くお湯が溢れ出ています。
e0069615_22542332.jpge0069615_22543642.jpg
小野川温泉には3つの共同浴場が有るみたいです。他のもう一つが小野川温泉のシンボル的共同浴場「尼湯」です。ロケーション的にも、絵的にも観光客向けかな?
e0069615_22545324.jpge0069615_225588.jpg
こちらは滝の湯で出会った地元の人が熱いと言っていたので、中を覗くだけにしました。滝の湯はイッパイだったのにこちらは200円なのに誰も居ませんでした。
e0069615_22555195.jpge0069615_2256340.jpg
米沢に戻り、夕食です。やっぱり、米沢牛でしょう!と米沢牛「登」に来ました
e0069615_22561748.jpge0069615_22562845.jpg
米沢の登起波の分店で、人気定番メニューの米沢牛しゃぶしゃぶをオーダー!
e0069615_22564052.jpge0069615_22565250.jpgしゃぶしゃぶの上(赤身肉)3900円ですが、流石、米沢牛!とてもリーズナブルに感じました。美味しかった~!その後、ゆっくりと高畠経由で帰って来ました。暗くなったので私のデジカメでは撮れませんでした。
by van-shop | 2018-01-14 00:00 | その他 | Comments(0)
<< 御朱印シリーズ!「竹駒神社」と... 御朱印シリーズ!「伊佐須美神社... >>