人気ブログランキング |
自転車バイク、ダイハツ・ソレックスを解体してしまった!
VANshop仙台の開業時は店頭にマスコットとして、赤/白のVWタイプⅡダブルデッキと白いクラシック・ベスパのET-3が居たのを覚えていますか?今回のネタはベスパET3の前の置いて有った、初代のバイクの事です。ベスパに替えてから自宅保管でした
e0069615_23243989.jpge0069615_23245464.jpg
この自転車の様なバイクはダイハツのソレックスSX1(運輸省型式認定番号I-1323)と言います。自動車メーカーのダイハツ工業が35年ほど前にフランスから輸入販売を行った、原動機付き自転車です。詳しいことはダイハツ工業側にも資料が残っていないようで、輸入に至った背景などはまったくの不明とされています。ダイハツ本社のホームページにも掲載されておらず忘れたい過去の遺物なのかもしれません。
e0069615_2325570.jpge0069615_23252073.jpg
ダイハツ・ソレックスとは通称名です。本来はSOLEX5000(ソレックス)と呼ばれ、ソレックスはフランスのキャブレターメーカーです。戦後すぐに自転車に取り付けるエンジンとして開発販売されましたが、のちに自転車とセットで販売開始初代ソレックスから細かい変更はされていますがそのままの形で製造販売されました。
e0069615_2325314.jpge0069615_23254436.jpg
普通は後輪を駆動するのが普通ですが、ソレックスはエンジンを前輪に置いて駆動するシンプルな構造を採用しています。戦後すぐは自転車が貴重品で加工するのに抵抗があったのかもしれません。そのおかげか非常にシンプルな構造に仕上がりました。
e0069615_23255713.jpge0069615_2326920.jpg
ペダル付き自転車の前輪上に49ccの2ストロークエンジンをマウントし、タイヤに圧接したローラーで直接動力を伝達するという独特の駆動方式
e0069615_23262353.jpge0069615_23263478.jpg
全高950、全長1495、車両重量30kg、排気量49CC、最大出力0.4/2500PS/rpm、最高速度18キロ、燃料消費率71km/l、タイヤサイズ2.00-16、製作会社はINFAC-VELOSOLEX。なんだかんだ言っているうちに解体の最終段階の写真になってしまいました。現在は、バラバラのまま解体を待つアウディ80の車内に放置されています。(再生は無理だろうな)昔、動いていた時に会社に来るまでの大きな交差点で、信号に入った時には青だったのに出る頃には赤に変わってた!そのくらい遅くて、足で漕いだ方が早かった。今のアシスト自転車の元祖?
e0069615_232813.jpge0069615_2328956.jpg
チョット今、お宝屋敷?(皆さんから見ればごみ屋敷)の身辺整理?を企てています。先ず、次はスモール・ベスパ50かな?前輪だけバラしました。
e0069615_23282036.jpge0069615_23282943.jpg
ダックス・ホンダは綺麗にレストアし自賠責保険も5年間契約し快調に走ってます。自分の性格上、何かに役立てられる=捨てられない!で事が進みません。誰かに背中をやさしく押されたら解決するんだろうな!ガンコな意志薄弱な私でした。
by van-shop | 2018-01-28 00:00 | その他 | Comments(0)
<< 単相200Vで三相200V用コ... リサイクルショップ「アロッズ」... >>