人気ブログランキング |
VWタイプⅡのヘッドをブラストしてタコ棒でトントン!!
スラストシャフトは直しましたが、なんか?大事になって来た、VWタイプⅡの修理
e0069615_23172752.jpge0069615_23174386.jpg
手持ちの拙い工具でやっとバルブを外したので、綺麗にしましょう!
e0069615_23175252.jpge0069615_2318138.jpg
バルブをドリルに取付、回転させてサウンドペーパーで吸気も排気も磨きました。
e0069615_23181280.jpge0069615_23182578.jpg
この時点で、バルブスプリングも溶剤に漬けて置きます。ポートを手で磨き!
e0069615_23183584.jpge0069615_23184571.jpg
500番から1000番にあげて、ツルツルに仕上げました。効率が良さそう!
e0069615_23185668.jpge0069615_2319624.jpg
吸気系のポートもポカピカ!なるべくガスがスムーズに通る様に満遍無く磨く
e0069615_23191563.jpge0069615_23192528.jpg
今回はバルブガイドはそのままで修理はしないので、手持ちのバルブを総動員して対応
e0069615_23193533.jpge0069615_23194491.jpg
クリアランスの一番良さそうな物を組み合わせる事にしました。何とかカップル誕生!
e0069615_23195520.jpge0069615_2320412.jpg
仕上げはバルブコンパウンドを付着させ、タコ棒で吸いつかせてトントンと擦り合わせ
e0069615_23201467.jpge0069615_23202639.jpg
トントン、グルグル4本のバルブを研磨。バルブもヘッドの方もグルット研磨痕
e0069615_23203743.jpge0069615_23204815.jpg
これで密着性が増し圧縮が保たれるでしょう。この際、バルブスプリングも総動員
e0069615_232109.jpge0069615_23211226.jpg
ここで、有難い助っ人登場!Oさん(K松君)からVW空冷専用工具を借りて来ました。
e0069615_23212787.jpge0069615_23215457.jpg
片手で楽々です。さすが、VW空冷専用工具、嘘みたい?力が要らないで済む
e0069615_23213976.jpge0069615_2322860.jpg
四苦八苦して外した時のあの大変さが嘘の様!4本のコッターピン固定が即!出来た
e0069615_23224082.jpge0069615_23225298.jpg
これで何とかヘッドのプチ・オーバーホールは出来上がりました。プッシュロッドも総動員して良いものを探しておこう! 
つづく!
by van-shop | 2018-02-10 00:00 | car | Comments(0)
<< VWタイプⅡのヘッドを組み上げ... VWタイプⅡのスラストシャフト... >>