人気ブログランキング |
撮り溜めていた件その3の続き!山寺千手院観音にお参り
天童のやま竹で美味しい蕎麦を食べて、観光?に山寺へゴルフRで向かいました。
e0069615_23551780.jpge0069615_23552984.jpg
前もって御朱印帳を持参する事の話、しっかり持って向かった先は山寺千手院ですe0069615_23553937.jpge0069615_23554965.jpg
立派な観世音、名の鳥居が寺院入り口の階段の前に建てられています。寺院なのに鳥居があるのは余りない(余り気にしてなかった)組合せだそうです。そもそも納税で日本一になったという斎藤一人氏が奉納した鳥居で、その名も「ついてる鳥居」だそうです。恋愛運をよくしたい人は、鳥居の右の柱に抱きついて「ついてる」を十回となえて下さい、金運大吉にしたい人は、鳥居の左の柱に抱きついて「ついてる」を十回となえて下さい。と!よくばって一度に両方やってはいけませんよ!と注意書き。
e0069615_121429.jpge0069615_1221158.jpg
当然!御利益期待でみんなセミの如く柱にしがみつき「ついてる」を10連呼!オジサンみんな色気より金銭を選択、順番についてる、ついてる。効き目が有ると嬉しいな!e0069615_23561978.jpge0069615_2356309.jpg
本来の目的はこれから、最初の階段を登ると、踏み切りも柵もなく、いきなり現れる線路。境内へと続く階段の途中を、電車が通過する。一応、「キケン!!列車に注意」e0069615_23564062.jpge0069615_23565174.jpg
仙台市と山形市を結ぶ「JR仙山線」現役の線路。踏切がない為、電車が通過する際に、警笛を鳴らしますが、まさかこんな境内を電車が走っているとは思いもしませんよね
e0069615_2357086.jpge0069615_23571045.jpg路線内侵入の合法的?に踏切?も渡ったし先を急ぎましょう!階段がキツイ!階段を上り切り、持参した御朱印帳を・・・?あれ、暗いな?今日は休みですか~ぁ!ここで私の定休日来場のジンクスが開花?御朱印は次回、来た時にでも、となりました。e0069615_23572019.jpge0069615_23573050.jpg
ここ山寺千手院は、正式には「宝珠山 立石寺 千手院 」と言い、過去に何度も災害にあってきた寺院である為、創建の由来については不明です。現在の御堂は、宝暦2年(1752年)に京都・清水寺の講中(こうじゅう)の方々の基金によって再建されたもの。本尊は、慈覚大師(円仁)作とされている木像の千手観音菩薩立像ですが、過去の火災で焼け焦げてしまった為、秘仏として安置されています。
e0069615_2357403.jpge0069615_23575166.jpg
最上三十三観音第二番札所の御朱印を諦め、言われるままに本堂の裏山に向かいますe0069615_235813.jpge0069615_23581231.jpg
最初から往来が出来ない様な一人がやっとの狭い急な山道を黙々と登ります。e0069615_23582831.jpge0069615_23584353.jpg
この道は「やまでら天台のみち」とも呼ばれ、円仁がこの地を訪れた際に修行として使っていたとされる場所。落葉の道は歩き易いですが所々泥道が有り、足を取られ尻もちをついてしまいました。先頭集団は遥か上の方です。それらしき岩肌が現われました。e0069615_2358561.jpge0069615_2359748.jpg
あと少し!で目的地。垂水不動尊の方へ向かう、蜂の巣のように穴が空いた崖が出現e0069615_23591851.jpge0069615_23593190.jpg
崖のくぼみにはひっそりと佇む鳥居や神社が。流石!最年少のH山君上まで上りましたe0069615_23594413.jpg
e0069615_2359578.jpg
さらに左奥には、垂水不動尊や円仁が修行宿として使われていたとされる場所も残っています。この宿跡場や不動尊、神社一帯を垂水遺跡、崖のくぼみにある神社や鳥居周辺を垂水霊境と呼ぶそうです。看板には、垂水遺跡・ほの暗いここ垂水霊域には、大正時代頃まで山伏の居住修行の姿が有った。一説によると、目の前の窟は山寺を開山(860年)した慈覚大師円仁の修行宿跡とされる。巨大な岸壁一面の蜂の巣状の穴、洞には古峯神社、稲荷神社が祀られている。また、巨大な岩の割れ目から水が滴り、中ほどの暗がりに不動明王が拝される。左手の岩肌には、千手観音様が線刻されていたと伝えられる。我々はここ垂水遺跡を見て引き返しましたが、上る途中、道を譲って追い抜いて行った青年は、ここから更に城岩 七岩、修験場などを巡ると、更に上って行きました。e0069615_021053.jpge0069615_022746.jpg
それでは上って来た山道を下山?しましょう!下りは上るより大変だ、特に滑る道はe0069615_024063.jpge0069615_025560.jpg
下に到着頃に、プァ~ン!と警笛、あっ!電車がシャッターチャンスを逃してしまったe0069615_031268.jpge0069615_032535.jpg
参道内にちょっとした珍スポット、それは、参道を横切るように敷かれた線路ですe0069615_1332395.jpge0069615_1333768.jpg
入口の鳥居迄戻って来ました。山形県を代表する観光スポットのすぐ隣(山寺・立石寺の登山口から850mほど北東部に進んだ場所)に位置しながら、人通りもほとんど無いe0069615_1335536.jpge0069615_134820.jpg
先程の踏切のJR仙山線、仙台~山形間の山形県側の山形駅の立ち寄りました。e0069615_1342177.jpge0069615_1343682.jpg
山伏の格好をした人に声を掛られた、ここでしかお目に掛かれない非常に珍しい光景を見ることができる穴場的なスポットかな?遠く向うに見えるのが貞観二年(860年)に創建された立石寺(通称、山寺)五大明王を祀る道場五大堂は、崖に突き出す様にお堂が立ち、山寺を一望することができる絶景スポット(赤い矢印)
e0069615_1345079.jpge0069615_135373.jpg
この辺で一休み!ジェラート屋さん「COZAB GELATO」で休憩タイムです。
e0069615_1351793.jpge0069615_1353021.jpg
ジェラート2種が500円、3種で600円です。何を頼んだか忘れた!パンナコッタ・ラズベリーとベイクドチーズケーキだったかな?e0069615_1354353.jpge0069615_1355930.jpg
一階店内で購入!商品を持って2階の席で外を眺めながら食べました。美味し~い!e0069615_1361364.jpge0069615_1363377.jpg
2日後の12月25日には来年の3月末頃まで冬期休業になる所でした。セーフ!こんな時期でもお客さんは頻繁に訪れていました。繁忙期は超人気店なんでしょう!ここも女性好みのお店でした。誰か、一緒に来てくれる女子は居ないかな?さっき「ついてる鳥居」に恋愛運をよくしたい人は、鳥居の右の柱に抱きついて、と!自分は、鳥居の左の柱に抱きついて金運を選んじゃったからな!お金を持ってここに一人で来るのも悪くない!
by van-shop | 2019-01-05 00:00 | その他 | Comments(0)
<< 今年初めて山形遠征、七兵衛の蕎... 撮り溜めていた件その3!山形の... >>