カテゴリ:温泉( 277 )
遠刈田温泉の「あずまや」に入浴
今回のリベンジ思うように行かない?美味しい中華そばは食べたがこの先思いやられる
e0069615_5183084.jpge0069615_5185438.jpg
温泉を探そう!ゆと森倶楽部の後、前回来た時にやってそうな四季亭に来てみました
e0069615_519594.jpge0069615_5192287.jpg
なになに?日帰り温泉はやってるが11:00~15:00。駄目だ!蔵王チーズ工場へ寄る
e0069615_5194122.jpge0069615_5195633.jpg
前回は閉店ギリギリでアウト!今回はセーフ。駆けつけ2杯?牛乳とチーズドリンクを
e0069615_5201068.jpge0069615_5202436.jpg
お次は、立て続けにコーン・アイス!Y田さん、プレーン。私、チョコレートを注文!
e0069615_5203750.jpge0069615_5204879.jpg
その後、店内探索!今回は私が蔵王チーズのクリーミースプレッドバニラとクリームチーズ・トマト&バジルを買い求めました。
e0069615_5205944.jpge0069615_5211390.jpg
前回、Y田さんにバニラを貰って美味しかった。トマト&バジル味は私のお気に入り
e0069615_5212572.jpge0069615_5215574.jpg
日帰り入浴先を探し、遠刈田温泉に戻って来ました。公衆浴場神の湯・・・の裏隣り
e0069615_5221592.jpge0069615_5223125.jpg
上の湯の横後ろに駐車!目の前が、旅館「あづまや」ここにしましょう!玄関先には日帰り温泉入浴どうぞ!と書いて有るので入ってみたら、入浴時間が16:30までと書いて有る。玄関先でグダグダして居たら中からご主人が現われて、どうぞ構いませんよ!の有りがたいお言葉。早速、入れさせて頂くことに。
e0069615_5224974.jpge0069615_523458.jpg
受付カウンターの横の廊下を奥へ進みます。玄関先からは想像もつかない奥行きです。
e0069615_5231853.jpge0069615_5233850.jpg
通り過ぎてしまう様な所に浴室の入口が有ります。館内で人に会ったのはご主人だけ!
e0069615_5235451.jpge0069615_5241158.jpg
当然ながら浴室も誰も居ません。浴室の扉を開けた時、湯気が凄かったです。
e0069615_5242563.jpge0069615_5245775.jpg
源泉は旅館手前の温泉神社に有るはず。遠刈田温泉の湯は、熱いのが当たり前!
e0069615_5251297.jpge0069615_5252514.jpg
見た所、少し緑がかって見えます。共同浴場の湯とは違う様な気がします。
e0069615_525426.jpge0069615_5255516.jpg
洗い場に難点あり!カラン付きが3ヶ所なのは良いが、カランしか使えない所と、全部駄目な所と全部OK!な3ヶ所。我々二人だけだからいいがちょっと辛い!
e0069615_5261299.jpge0069615_5262864.jpg
やはり、遠刈田温泉のお湯は熱い!暫らくは汗が引かなかった。涼んでいる間、久々のファンタグレープ!甘過ぎ、不味い!昔のファンタグレープが懐かしい!玄関先の向かいにジェミニが、その後ろが共同浴場神の湯です。
[PR]
by van-shop | 2018-07-01 00:00 | 温泉 | Comments(0)
先日のリベンジ!Y田さん、と一緒!
先日、Y田さんと日帰り温泉ツアーに行って訪れた先が7勝7敗1引き分けのイーブン!
e0069615_255622.jpge0069615_2552248.jpg
たまたまY田さんが不祝儀で一日お休みになり、2時以降の出足の遅い出発になってしまいました、他の温泉でも良かったのですが、これではいかん!と早々に再挑戦!
e0069615_2553520.jpge0069615_2554828.jpg
今回は前回とは違うコースで、名取市から岩沼市に入り村田町を目指しました。
e0069615_256613.jpge0069615_2561721.jpg
今回の最初のリベンジ、蕎麦 玄です。毎週火・水曜日が定休日と分かってましたので木曜日の今日は大丈夫と、行って見れば「本日終了しました」の看板にお出迎え?
e0069615_2563042.jpge0069615_2564426.jpg
営業時間は11:00~15:00だったはず、只今14:36、蕎麦の売り切れか?
e0069615_256596.jpge0069615_2571469.jpg
残念!次に行くしか有りません。大河原町に入ってまた村田町に入りました。
e0069615_2572836.jpge0069615_2574323.jpg
ここも前回とは違うコースを走ってます。同じじゃつまらないですからね!
e0069615_25823.jpge0069615_2583084.jpg
2軒目は前回と同じ「蕎麦 樹の里」駐車場に車も停まってし営業中の看板が出てる。大丈夫だとジェミニから降りてお店に向かったら、ご主人と鉢合わせ!すみません、申し訳ございません、もう終わりです。と!営業中の看板をひっくり返してた。
e0069615_2584495.jpge0069615_2585842.jpg
運が良いのか?閉店ギリギリで入れませんでした。只今の成績、0勝2杯。次、遠刈田へ
e0069615_2591287.jpge0069615_2592470.jpg
二人とも昼飯はまだ。ランチでもと途中のゼルコバに立ち寄るもCLOSED!先へ
e0069615_2593829.jpge0069615_2595289.jpg
遠刈田温泉も通過し、何にしますかね?もうラーメンでもいいんじゃない!
e0069615_303177.jpge0069615_304929.jpg
中華そばの「中華亭分店」です。前に2回ほど来て美味しかったので来てみました
e0069615_311127.jpge0069615_312921.jpg
ラーメン好きでもない私がまた来たいと思うお店で、いつもは店頭で並んで待つ客がいる人気店で、今日は車が何台か有るが、並ぶ人は居ない。暖簾は下がってるが心配だ、店内には2組だけ!大丈夫、一番奥のカウンターに案内され、注文出来ました。
e0069615_314356.jpge0069615_315794.jpg
お腹が空いていたので、チャーシュウ麺の大盛りをオーダーです。
e0069615_321325.jpge0069615_322824.jpg
私は、ラーメングルメでも何でま有りません!単純にこんなラーメンが好きです。
e0069615_324422.jpge0069615_325722.jpg
あ~!美味しかった。帰る頃には店内には誰も居ません。店を出るとジェミニだけ!
e0069615_331214.jpge0069615_33275.jpg
飯も食ったし、ちょっとよっこ寄りしましょ!と先のえぼしスキー場へ上る
e0069615_334313.jpge0069615_335693.jpg
7月20日まで土・日・祭日のみ週末営業の予定ですが行って見ました。
e0069615_341181.jpge0069615_342525.jpg
車は、何台か有りましたが。ただ、広い駐車場をグルット一回りして戻って来ました
e0069615_343832.jpge0069615_345038.jpg
そう言えば、この辺に以前、入った日帰り入浴した「ゆと森倶楽部」が有る。そこに入りましょう!と敷地内へ、なんか前とは違う暗い雰囲気。
e0069615_374291.jpge0069615_38199.jpg
なんか人の気配がしない!確認しに玄関に入ったら、あらら?日帰り入浴はしていません!でした。ここも、宿泊優先で日帰り入浴を辞めたようです。1勝3敗、今回はやばいな~!リベンジどころでない!もうちょっと続きますね!
[PR]
by van-shop | 2018-06-29 00:00 | 温泉 | Comments(0)
Y田さん四季亭と流辿とかっちやんはこんな感じ、リベンジしましょうかね!
達成率50%?のY田さんとのツアー!ザオウメッツは見て頂きました様で、その他です
e0069615_2353537.jpge0069615_23531575.jpg
最初から予定には有りませんでしたが、長期休業が終わり?の営業時の四季亭です
e0069615_23533140.jpge0069615_23534143.jpg
ここはいつやってるか?分からない不思議なお宿です。この日は運良く入湯!e0069615_23535192.jpge0069615_2354074.jpg
余り、利用客も少ない様で、他のお客様無しの独占でした。e0069615_2354926.jpge0069615_23541828.jpg
広くて大きな浴室です。洗い場もカランの設備で5名分!e0069615_23542751.jpge0069615_23543719.jpg
お湯が良い、アトピーに効くと評判の四季の湯。昔は外に温泉の湯を販売している所が設置されていました。今はやってない様です。大浴場の窓から源泉の元が見えます。e0069615_23544696.jpge0069615_2354553.jpg
源泉96.8℃県南一の温泉と謳ってるが、アトピーの文字が消えた!泉質が変わったか?e0069615_2355572.jpge0069615_23551424.jpg
確かに泉温は熱い方。湯船に直接、3ヶ所の源泉の湯口から高音の温泉が投入されてたe0069615_23552639.jpge0069615_23554157.jpg
お風呂上がりの冷たいお水が用意されています。凄く有難いサービスです。と、この様な四季亭。源泉の関係でか経営形態に変更なのでか昔のイメージとは違うと感じます。e0069615_23564588.jpge0069615_23565957.jpg
遠刈田温泉から青根温泉の公衆浴場じゃっぽの湯に入った、原因の山景の宿「流辿」e0069615_23571596.jpge0069615_23572747.jpg
営業時間が11:00~15:00(金曜日は休み)を知らなくて、入館したのが15:15頃。丁重にお断りされ、近くの公衆浴場じゃっぽの湯に入る事に!これは秋に来た時の絵。e0069615_23573820.jpge0069615_23574752.jpg
この時も何も下調べ無しで初めての来館でしたが、セーフ!蘭のお出迎え!豪華です。e0069615_23575922.jpge0069615_23581580.jpg
玄関入口から浴室までの距離が長かったように思います。あまり覚えてないけど。e0069615_23582889.jpge0069615_23585388.jpg
洗い場は4名分のカラン付き。お湯は源泉掛け流しだそうです。e0069615_2359511.jpge0069615_23591428.jpg
余り特徴の無い、青根の湯です。私としてはサラリとして好きな方です。湯量もふんだんで湯船からなみなみと浸ってました。窓一面が山の絵の様です。e0069615_23592547.jpge0069615_23593717.jpg
洗い場の横に通路が有ったので行って見ました。外に出るようです。e0069615_23594735.jpge0069615_00038.jpg
内湯の半分くらいの広さの露天風呂です。こちらも温泉の投入量は多いです。ネーミングの通り、山景の宿の通り木立の中のお風呂でした。Y田さん!こんな所でした。e0069615_0121517.jpge0069615_0122870.jpg
夕食を食べに川崎町まで行って、美味しい焼肉を「かっちゃん」で食べようとしたら臨時休業でした。かっちやんいつもこんな風に半分シャッターが閉まってⅯの営業だからやってると思ったけどね!かっちゃんは人気店!電話で確認しないと予約客でいっぱいで帰って来た事も有った!カルビです、価格設定はいい品物なのに安いよ!e0069615_0124184.jpge0069615_0125697.jpg
何たって、かっちゃんの売りは、ホルモン焼き。黒光りしたかっちゃんのお店で食べるから一層美味しく感じるのかもしれない。このホルモン、店内で食べないで持ち帰りで購入して行く人もかなりいます。わざわざ仙台から購入のだけに来店する人も。e0069615_013894.jpge0069615_0131912.jpg
私の好きなレバーです。美味しいですよ!キムチもご飯が進みます。Y田さんとは一回、ご一緒しましたよね。又行きましょうか?でも臨時休業のお知らせの文面が気になりますね!
[PR]
by van-shop | 2018-06-25 00:00 | 温泉 | Comments(0)
先日、断られたザオウメッツ!以前の事ですが、この様な所です。
前回はVANのお客さまY田さんをご案内しょうとしたザオウメッツ、とはこんな所です
e0069615_23273761.jpge0069615_23274681.jpg
この時は、N実氏と一緒で、BMW320時代だから2年位前でしょうか?蔵王山が綺麗
e0069615_23275741.jpge0069615_232888.jpg
遠刈田温泉を過ぎ、エコーラインに向かい赤い鳥居を潜り橋を渡って直ぐ左折です。
e0069615_23281921.jpge0069615_23282998.jpg
別荘地の林の中を一番奥?にザオウメッツは有ります。結構、大きな建物です
e0069615_23283956.jpge0069615_23284970.jpg
入口に立って見た受付とエントランス。高級感溢れる店内です。
e0069615_23285913.jpge0069615_2329103.jpg
ここまでの画像は初めての時で日帰り温泉のみで、いくらだったか忘れました
e0069615_23292098.jpge0069615_23293029.jpg
ここから、2回目の訪問の時、昼食もここで取ったのでここからアップします。
e0069615_23294737.jpge0069615_23295729.jpg
もち豚の赤ワイン煮込み(サラダ・スープ・パン又はライス・コーヒー付き)2300円
e0069615_2330852.jpge0069615_23301995.jpg
サラダもスープも本格なお味(私が言っても信じられない?)高級レストランに居る様
e0069615_23302942.jpge0069615_2330418.jpg
もち豚の赤ワインの煮込み、モ~ゥ!(豚だけど)美味しかった。オーナーと世間話を話し込んでたら、気に入られたのか?何だか忘れたが酢の物?をサービスしてくれた
e0069615_23305489.jpge0069615_23311342.jpg
ここから又、最初の訪問時に戻ります。食事の時は外は雨模様で撮影に無理が有った
e0069615_23313227.jpge0069615_23314664.jpg
凄く立派な廊下をオーナーの奥さま?に温泉の内湯の方に案内されました。
e0069615_2332690.jpge0069615_2332251.jpg
男湯の方へ!脱衣所も、浴室もそんなには広くはないです。
e0069615_23323965.jpge0069615_23325151.jpg
洗い場に4ヶ所のカラン!窓を隔てて露天風呂が見えました。
e0069615_2333666.jpge0069615_23331735.jpg
新緑の中の入浴!良かったですよ。浴槽の下は川が流れていました。
e0069615_23332983.jpge0069615_23335488.jpg
内湯から上がり、次は露天にと言う所で、只今、女性入浴中の札!上がるのを待って、男性入浴中に札を返して、いざ!露天へ。ここも狭い脱衣場です。
e0069615_2334896.jpge0069615_2334288.jpg
脱衣場からはすぐ外ですがお風呂までは距離が有りました。
e0069615_23344719.jpge0069615_2335042.jpg
露天から見た脱衣場です。内湯からすればかなり大きな露天風呂です。
e0069615_23351397.jpge0069615_23352510.jpg
かなり前の入浴だったので、お湯かげんは忘れました。遠刈田温泉は熱いのが常ですが、ここは青根温泉の様な泉質、泉温だったような?2回目の食事の時は雨で露天風呂にはブルーシートが張られて入浴する事が出来ずでしたが開放感が有る露天風呂です
e0069615_2335403.jpge0069615_233551100.jpg
遠刈田温泉に青根温泉の界隈にしてはとても豪華なお宿です。帰りも別荘地の林の中を帰って来ました。この様な記憶で、良い温泉をY田さんに紹介しようと思ったら、最近は宿泊か食事の予約をしないと入浴だけはやらないの営業方針の転換をした様です。宿泊に特化したプラン!差別化には仕方がない事なのかもしれませんね!Y田さん!今度は宿泊とは言いませんが、食事を予約してお風呂に入りましょうね!
[PR]
by van-shop | 2018-06-24 00:00 | 温泉 | Comments(2)
いよいよ最後の切り札?青根温泉共同浴場じゃぽの湯に
最初からお蕎麦屋さんが立て続けにお休みで始まったこのツアー!日帰り温泉も休みでは無かったが立て続けにアウト!流辿からの次はここしかないでしょ!
e0069615_2336568.jpge0069615_2337830.jpg
青根温泉じゃっぽの湯です。駐車場には車が少ないけれど停まってます。大丈夫か?
e0069615_23371950.jpge0069615_23373217.jpg
公衆浴場棟へ入館。入場券買機で大人310円券を購入!左の男湯へ(当たり前か!)
e0069615_23374345.jpge0069615_23375964.jpg
以前の共同浴場「大湯」(今は不忘閣の大湯として立派になった。ただし日帰り入浴は無くなってます。)ち「名号湯」(こちらは存在は知っていましたが入った事が無かった残念)が廃止された。それに代わり新たに「じゃっぽの湯」が新設され、青根温泉の共同浴場はここだけになりました。県内でも310円はかなり安い方ではないでしょうか
e0069615_23381272.jpge0069615_23382353.jpg
昔の大湯は古い木造りの建物に細い石造りの湯船で男湯と女湯の仕切りが低くてちらりと見えた記憶が有る(妄想か願望か?)それから比べると綺麗になりました。
e0069615_2338354.jpge0069615_23384557.jpg
天井も高いのですが窓を開けないと湯気がこもります。如何にも温泉の成分がプンプンの湯では有りません!サラリとしたいつまでも入って居られる、お湯です。
e0069615_23385792.jpge0069615_2339861.jpg
念願の温泉に入りました。身体が熱って居ます。ソフトクリームでも食べますか?とお向かいの青根洋館へ!外の気温は18℃を表示
e0069615_2339174.jpge0069615_23392750.jpg
ここは観光案内所となっています。つい先日もN実氏と来たばかり、再来です。
e0069615_23393781.jpge0069615_23394721.jpg
後、30分で閉店ですと言われましたが、快くそれまでどうぞ!と。ソフトクリームはと尋ねたら・・・・レジを閉めましたが、特別に良いですよと!
e0069615_23395868.jpge0069615_23401022.jpg
その間、館内を観覧!わざわざ、2回までソフトクリームを持って来てくれました。
e0069615_23402166.jpge0069615_23403382.jpg
2階の2室は古賀政男の記念館となっております。先日見たままY田さんに説明でした。
ありがとうございました。と丁寧にご挨拶して車に、途中左に、もう一つの足湯が
e0069615_23404772.jpge0069615_23405957.jpg
青根温泉から遠刈田温泉に向かいます。右手にお気に入りの青根温泉不忘閣が有ります。薄茶色の壁の建物が昔の「大湯」です。今はあの共同浴場は貸し切り風呂として独り占めの独占湯。贅沢な時間を味わえます。宿泊しないと入れないのでより入りたい
e0069615_23411793.jpge0069615_23412846.jpg
遠刈田温泉までは15分程度の距離ですが、青根温泉は遠刈田温泉に比べると活気が無い。それがまた良い味を出しているんだけれど・・・このままで大丈夫なのだろうか?
e0069615_23413892.jpge0069615_23415237.jpg
遠刈田温泉に到着!また得意のよっこ寄り魂が!ハートランドに行って見る?
e0069615_2342360.jpge0069615_23421451.jpg
その前にクリームチーズをクラッカーにのせて試食できる蔵王酪農センターチーズ工場に・・・来てみましたが?シャッターが閉まっいてる、もう閉店!止まることなくハートランドへ一直線の登りを駆け上がりました。
e0069615_23424478.jpge0069615_23425694.jpg
ハートランドの入口です。なんか静か?恐る恐る奥の方へ!駐車場には車が1台だけ
e0069615_23431263.jpge0069615_23432213.jpg
蔵王酪農センターの灯かりが点いてる。駄目元!行って見ましょう!お客さな無し!
e0069615_2343364.jpge0069615_23434790.jpg
店員さんが食べ物はお出し出来ませんが、商品の販売は良いですよの有りがたいお言葉!Y田さんは蔵王チーズのクリームチーズだけを大人買いしていた。閉店ギリギリオーバーでごめんなさい!このツアーはもう少し続きます。なんか、長くなっちゃいましたね!次回で完結です。じゃ!またね~。
[PR]
by van-shop | 2018-06-22 00:00 | 温泉 | Comments(0)
「無想庵つくもそばぎり」でそばを食べた後はひまわり温泉ゆららです
前回では山形市の無想庵つくもそばぎりで鴨汁付き板そばを食べました。
e0069615_22285115.jpge0069615_2229240.jpg
毎度の如く、食べた後は温泉に行くのですが、いつも行き当たりばったり!今回もつくもそばぎりの駐車場でもう使い過ぎてボロボロの山形、日帰り温泉マップで探す。
e0069615_22291183.jpge0069615_22292082.jpg
印が付いてて、大体、載ってる所は制覇しました。最近、行って無い所は・・・
e0069615_22292984.jpge0069615_22293852.jpg
中山町のひまわり温泉ゆ・ら・ら、に決定。5年振りか?その時はベンツで来た記憶が?それからBMW320そしてアウディA5、今回がBMWのM2。N実氏、車を替え過ぎ
e0069615_22294742.jpge0069615_22295760.jpg
前に来た事が有るが、印象に残ってない。どうだったのか?100円リターンの靴箱
e0069615_22301156.jpge0069615_22302197.jpg
入浴券300円を券売機で購入!フロントに渡し、一段高い明るい廊下?を進みます
e0069615_22303266.jpge0069615_22304172.jpg
突き当り手前で、右が男湯、左が女湯。土曜日だと言う割には入店客が少ない様な?
e0069615_22305479.jpge0069615_2231567.jpg
大浴場「もがみ」外が見える狭くは無いが広くもない、明るい脱衣室。浴室への扉です
e0069615_22311727.jpge0069615_22312918.jpg
大浴場の窓?が壁面いっぱいガラスで開放感バッチシ!湯船も大きいです。サウナルームやジェットバスも完備されていました。これで300円だからね!
e0069615_22314590.jpge0069615_22315851.jpg
大浴場、女湯の「せせらぎ」と男湯「もがみ」には、それぞれ泉質の異なる2種類の源泉があり。オープン当初から使用している中山町2号源泉(愛称 ひまわりの湯)は、あったまりのお湯で、平成21年4月11日に通湯した中山町3号源泉(愛称 いずみの湯)は、すべすべ感のあるお湯だそうです。あつめのお湯とぬるめのお湯が有ったがどちらがどちら?両方共、温度差は有りましたが、差ほど熱くは無かったです。
e0069615_2232838.jpge0069615_22321954.jpg
中山町から東根に向かい、サクランボ狩りで渋滞であろうと天童に迂回コース!
e0069615_22323126.jpge0069615_22324484.jpg
国道13号に出て、国道48号に入りました。途中、サクランボを購入の為、立ち寄り
e0069615_22325613.jpge0069615_2233915.jpg
観光バスがいっぱいの販売所に一旦は入りましたが、何か相性が悪く、すぐ出て来てしまった。そこからすぐ先の販売所に入りました。ふる里、観光、果樹園と言ってた。さくらんぼ狩りの受付(大人1620円)もしてました。さとう錦250g2パックで3240円。高い!鮮度が違うのかもしれないが、ひまわり温泉ゆ・ら・らでは1パック500円だった。N実氏が900円で1パック購入!私は贈る所も無いし諦めた。
e0069615_22332313.jpge0069615_22333643.jpg
仙台に向かいます。考えれば仙台から来た時、山形は雨だろうと覚悟していたが違った
e0069615_22334925.jpge0069615_2234490.jpg
国道48号の関山街道、昔からある、暫らく立ち寄ったことが無い大滝を通過!
e0069615_22341685.jpge0069615_2234274.jpg
関山トンネルまで上って来ました。このトンネルが県境。気温は11℃を示してます
e0069615_22344279.jpge0069615_2235224.jpg
後から開通した笹谷トンネルとは全然違う明るさです。昔は長く感じたこのトンネルも今は短く感じます。お化けが出た昔の笹谷トンネルとは違うのかもしれない!
e0069615_22352415.jpge0069615_22353836.jpg
トンネルを抜けた所が宮城との県境。こちらは曇り空、小雨交じりで気温10℃。
e0069615_2236373.jpge0069615_22361580.jpg
国道48号で愛子まで下りて来ました。曇り空ですが雨は降ってません!
e0069615_22362664.jpge0069615_22364130.jpg
青葉山トンネルまで帰って来ました。結構、長く感じます。笹谷トンネルは4車線化前までは3385m(338 = ササヤ)でした。これに対し2,233mの仙台西道路内のトンネル。
e0069615_22365454.jpge0069615_2237671.jpg
青葉山トンネルを抜けるとすぐに川内トンネルに入り、出口はもう仙台のビルの真っただ中!仙台は大きな街だと再認識!しました。でも山形は、昔に比べるとだいぶ近くなりました。6時間も有ればそば食って、温泉に入って優に戻ってこれるのです。又行きたいです。
[PR]
by van-shop | 2018-06-18 00:00 | 温泉 | Comments(0)
遠刈田温泉街を散策!豆乳ソフトクリームを食べて見た
N実氏と昼飯を寿司吉で食べて遠刈田温泉を迷いながら探し大忠に入館、前回の続き!
e0069615_22454434.jpge0069615_22455493.jpg
遠刈田温泉で初めて入った「大忠」では、なかなか良い日帰り入浴が出来ました
e0069615_224648.jpge0069615_22461344.jpg
日帰り入浴なので、ゴロっとする場所が無くすぐ出て来ました。そう言えば遠刈田温泉街を頻繁には来てはいるが歩いた事が無い。で!プチ探索に歩いてみました。
e0069615_22462514.jpge0069615_22463582.jpg
お風呂上がりで喉が渇きました。そう言えば、大忠の、この辺にソフトクリーム屋さんが有ったよな?道路向かいの先に豆乳ソフトクリームの旗を見つけた。
e0069615_22464786.jpge0069615_22465839.jpg
「はせがわ屋」さんです。豆腐屋さんが作る豆乳ソフトクリーム、豆腐の味がした。
e0069615_2247814.jpge0069615_2247187.jpg
N実氏は大変、敏感な体質で食べれる物の種類が少ない!卵とか牛乳が駄目だと言うが、豆乳と言う事でトライしてみました。ソフトクリームを口にするのは何十年振りだそうです。天気も良く、店の前のベンチでいい大人がペロペロ!完食。
e0069615_22472813.jpge0069615_22473734.jpg
はせがわ屋さんのお向かいが公衆浴場「壽の湯」です。ちょっと見ていきましょう
e0069615_22474640.jpge0069615_22475721.jpg
ここはいつも混んでいるのですが、今日は駐車場に車が1台も止まってない。ちょっと覗くと誰も入浴している人は無さそうです。N実氏に自分だけ入って来るからと入館!
e0069615_2248799.jpge0069615_22482047.jpg
入浴料は330円です。神の湯の方には結構入っていましたが、こちらの壽の湯には3回目くらいです。小さいイメージが有りましたが、こんなに大きかったか?人が居ないからですかね!遠刈田温泉公衆浴場のお湯は熱い!ここも前回来た時は凄く熱かった。今回はそれ程(43℃位)でもない?壁の貼紙をみたら時間んで泉温を調整しているみたいでした。朝方と夕方は熱く(45℃)設定してる模様!そこそこで上がる。
e0069615_22483178.jpge0069615_22484229.jpg
大忠さんの駐車場までひと回り!いつも豆腐とお醤油を買ってる手造り、もめんとうふ「大本豆腐店」を通過。今回は購入無し!BMWのM2に乗り込み帰途に!
e0069615_22485781.jpge0069615_2249894.jpg
ほんと!今日は最高のドライブ日和の一日でした。村田町から仙台市に入りました。
e0069615_22492450.jpge0069615_22493833.jpg
天候のせいか?いつも違う帰りのコース!右手に太白山が見えます。国道286号に出た
e0069615_2249492.jpge0069615_2250750.jpg
時間も早く仙台市内にも早く着いてしまう。ぐるっと回って西中田の食彩「和」のオープンと同時に入店。
e0069615_22502190.jpge0069615_22503598.jpg
早速、ビール!私は今回メニューに無いカツオの刺身とたたきの定食!をオーダー!
e0069615_22504818.jpge0069615_2251075.jpg
      カツオの刺身              カツオたたき
e0069615_22511164.jpge0069615_22512216.jpg
     タコのマリネ?酢の物         今日の小鉢はポテトサラダ
e0069615_22513435.jpge0069615_22514680.jpg
アサリでもないハマグリでも無い説明を受けたが忘れたお吸い物!と、美味しいごはん
e0069615_22515721.jpge0069615_2252973.jpg
N実氏、白身の魚の焼きものを頼んでた。名前、忘れた!ここも完食です。何だか今日は疲れた。お風呂をはしごしたからかな?昔なら何てこと無かったのに・・・・歳かな?
[PR]
by van-shop | 2018-06-16 00:00 | 温泉 | Comments(0)
遠刈田温泉の大忠に入って来ました
梅雨入りしていると言うのに、空っとして気温もそこそこ有って気持ちの良い日です
e0069615_23434587.jpge0069615_2344018.jpg
N実氏、朝早々に(と言っても10時)BMWのM2で寝室の前に横づけ!飯食うべ!
e0069615_23442240.jpge0069615_23443591.jpg
待って!顔を洗って行くから!そして、久々に仙台市卸売市場2階のの「寿司吉」へ
e0069615_23444739.jpge0069615_23445996.jpg
早い時間だからか、並んでる客は2名、待つ事無く、すぐに入れた。ここはやっぱりなかおち丼850円です。ここは焼きものより、生ものの方が良いと、この頃思ってます。お迎えに座ったお兄さんに、美味しそうだったので写真を撮らせて頂きました。刺身定食ですね!1100円は安いと思う。次回はこれにするかな?
e0069615_23451126.jpge0069615_23452428.jpg
帰り際にはもう20人位が並んでますラッキーでした。朝食?昼食を食べた後は、毎度の如く温泉ですが、何処にするか?H山さんの気仙沼に行って見っか?メールで居るか確認して、と言うのでCメールで問い合わせ、その間、気仙沼の方に向かい走り出しました。Cメールの返事がすぐ来ました。残念ながら本人は仙台に帰って来てる様で気仙沼の案は没!H山さんに了解!色麻町かっぱの湯に向かいます。と返事!向かう。
e0069615_23453946.jpge0069615_23454930.jpg
それから、行き先が二転三転!結局、蔵王方面に行ってみようとなりました。
e0069615_23455936.jpge0069615_23461058.jpg
いつもの様に狭い道を山越えです。今、トンネルを掘っている様です。いつ開通かな
e0069615_23462115.jpge0069615_2346364.jpg
県道25号の山間道は好きなコースの一つです。岩沼から柴田町に入りすぐ村田町入り
e0069615_23464641.jpge0069615_23465626.jpg
トンネル向う側に続く道路が急ピッチで造成されている。開通したらかなりの時間短縮
e0069615_2347710.jpge0069615_23471955.jpg
村田町を通過し蔵王町に入りました。この辺に鎌倉温泉、黄金川温泉が近くに有ります
e0069615_23473460.jpge0069615_23474598.jpg
今回は、遠刈田温泉に行って見ます。どこの温泉に入るかはまだ決めてません!
e0069615_2347598.jpge0069615_23481127.jpg
遠刈田温泉街をBMWのM2でグルリ一回り!大本豆腐店の裏の「大忠」にしました
e0069615_23482539.jpge0069615_23483832.jpg
あなたの五感をもてなす宿、旬菜湯宿「大忠」と有りますが日帰り入浴です。
e0069615_23484929.jpge0069615_2349285.jpg
掌から生まれるぬくもりを大切に、小さな宿のこだわりを・・・手造りのもてなし
e0069615_23491531.jpge0069615_23492620.jpg
客室は趣きが異なる9室のみ!館内は全て畳敷きです。受付の隣にはバーカウンター
e0069615_23493764.jpge0069615_23494843.jpg
通路を入って来て暖簾の所が浴室の入口か?と思ったら、そこはトイレでした。隣の小さな暖簾の方が男性用浴室入口です。女性用は先の方です。小物装備品も素敵でした
e0069615_2350057.jpge0069615_23501017.jpg
ちょっと薄暗くてコジンマリとした脱衣所に洗面台には化粧水が完備です。
e0069615_23502143.jpge0069615_23503180.jpg
浴室に入って感激!思っていたより広くて明るいです。
e0069615_23504628.jpge0069615_2351089.jpg
遠刈田温泉は湯神神社隣の7号源泉により6っの旅館と2っの共同浴場に均等に引湯されているそうです。大忠の湯は循環装置や沸かし湯を使わない源泉100%かけ流し
e0069615_23511013.jpge0069615_23512329.jpg
42・3℃の泉温で温くも無く熱くも無く、長く入ってられます。シャンプーや洗剤類も良い物が備えられていました。今回は「檜の湯」に入りましたが、この他に「風みどりの湯」、「紺碧の湯」、半露天風呂に「魔法のりんご風呂」が有るみたいです。なかなか良いお宿の様です。泊まって見たいですね!
[PR]
by van-shop | 2018-06-15 00:13 | 温泉 | Comments(0)
ちょっと前だけど上ノ山温泉の公衆浴場、下大湯に入って来ました
前のネタになりますが、ここでアップしてみます。N実氏がアウディA5の時の話
e0069615_2322463.jpge0069615_23222573.jpg
そば食いに、山形にいぐべや!小雨交じりの国道286号から山形道の高速に乗ります
e0069615_23223769.jpge0069615_23224627.jpg
毎度の如く笹谷ICから、一区間だけの高速運転です。笹谷トンネルの県境の印を撮影!
e0069615_23225835.jpge0069615_2323867.jpg
笹谷トンネルを抜けるとすぐ関沢インターで下り、元の国道286号で山形市内に向かう
e0069615_23232098.jpge0069615_23232994.jpg
二人のお気に入りそば屋さん、蕎麦切りつくもです。今日もお客が誰も居ません?
e0069615_23234017.jpge0069615_23234911.jpg
いつもの板そばを注文!N実氏は必死に山葵をおろしています。ざるそばの1.75倍
e0069615_232401.jpge0069615_23241222.jpg
何でこんなに美味しいのに客が来ないんだろうか?不思議?私は鴨汁付きです。
e0069615_23242644.jpge0069615_23243670.jpg
そばを食べた後は温泉に決まってます。今回は何処にすっかな?黒沢温泉の一陽館に行って見たのですが配管掃除に為、入浴できません!のはり紙、仕方なく上ノ山へ
e0069615_23244648.jpge0069615_23245618.jpg
余りにも温泉施設が有り過ぎるので、駅の案内所で聞いてみました。お薦めは下大湯
e0069615_2325647.jpge0069615_2325175.jpg
駅から分かれば10分程度で着きます。下大湯公衆浴場の向かいに無料の駐車場が有る
e0069615_23252972.jpge0069615_23254284.jpg
上山温泉の共同浴場で一番の歴史を誇る下大湯公衆浴場。昭和32年に建てられた、結構大きな建物です。公衆浴場では今まで入った中で一番大きいかも?入浴券売機!
e0069615_23255443.jpge0069615_23261351.jpg
元気のいい、おばちゃんが仕切ってた!頭を洗う人は洗髪料込みで250円だよ!
e0069615_23263130.jpge0069615_23264717.jpg
大きな洗髪札には蛇口のハンドルが付いてます。これが無かったらカランのお湯が使えませんでした。洗髪券⊕入浴券を買って良かった。これで、捻るとジャーです。
e0069615_23265864.jpge0069615_2327811.jpg
その前に、地元の人とひと悶着!身体を綺麗に洗ってから湯船に入れ!と注意されました。まぁ!当たり前の事ですが、地元の人から見るとよそ者に言いたくなるんですかね?その後は悪びれた様子もなく普通の会話をしてくれました。この大湯を好きだからこそ出る文句ですね!確かに温泉に浴室共に綺麗でした。
e0069615_232724100.jpge0069615_23273514.jpg
泉質はナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉(含石膏-食塩泉)で泉温が63,5度。何よりも驚いたのは、湯船に注がれて、熱い方は46℃、温くても43℃は有ります。
e0069615_23274558.jpge0069615_23275545.jpg
青森の下風呂温泉共同浴場に次ぐ熱い温泉でした。仕切りの絵が今っぽい!
e0069615_23281077.jpge0069615_23282562.jpg
キリッとした熱い温泉でした。なかなか良かったですよ!隣の温泉神社に登って見た
e0069615_23283654.jpge0069615_23284856.jpg
かみのやま温泉公衆浴場は二件目の入湯、一件目も熱かった。お・ん・せ・ん、だ!
e0069615_2329061.jpge0069615_23291116.jpg
帰りも、。来た道順の反対!関沢から高速で笹谷トンネルです。
e0069615_23292233.jpge0069615_23295331.jpg
帰りのトンネル内の県境の写真は良く撮れてました。暗いのでこんなにハッキリと写るのは珍しいです。笹田インターで下りて国道286号で帰って来ました。いゃ~熱かった
[PR]
by van-shop | 2018-06-13 00:00 | 温泉 | Comments(0)
七ヶ宿の材木岩と「検断屋敷 旧・木村家住宅」を見たその後は、やくせんの湯に入りました。
氷室で自然の冷蔵庫を体感した後は、材木岩の方に行って見ましょう!
e0069615_23312131.jpge0069615_23313460.jpg
材木岩は、高さ65mの石英安山岩(せきえいあんざんがん)の柱状の断崖で国の天然記念物にも指定されています。幅100mにわたって連なる材木を並べたような様子から「材木岩」と呼ばれています。2005年8月の地震で一部が崩壊してしまいました。
e0069615_23314451.jpge0069615_23315692.jpg
天然記念物で小原の国指定「材木岩」は巨斑晶紫蘇輝石、石英安山岩質の岩漿(マグマ)が第三紀層の基盤(水平層状の水成岩)を貫いて噴出し、冷え固まるときに三角〜六角柱の節理をあらわしたもので、材木を立て並べたような自然造形の美。
e0069615_233272.jpge0069615_23321773.jpg
すぐ西側には七ヶ宿ダムがあり、白石川の上流に建設された七ヶ宿町ダムのすぐ下です
e0069615_23322553.jpge0069615_23323681.jpg
戻る途中に有った「なごみ茶屋」は蕎麦屋さんの様です。営業中でしたが入らなかった。県指定有形文化財「検断屋敷」。江戸時代に居宅や検断・伝馬問屋の役宅、大名たちの宿泊・休息の場として利用されていた。木造平屋建の寄棟造で、戸沢新町より平成5年に移築復原されました。
e0069615_23324671.jpge0069615_23325696.jpg
入り口の手前の屋敷は「検断屋敷 旧・木村家住宅」「検断」とは、伝馬をはじめ宿駅関係の一切の仕事を取り締まり、統括する重要な職務。かつて、ここ仙台藩・七ヶ宿は、奥羽13名の大名が往来したという大宿場町であった。
e0069615_2333677.jpge0069615_23331661.jpg
検断屋敷に入ってみました。この建物は、平成5年まで白石市小原の上戸沢に所在した旧検断屋敷、木村家の主屋を移築復原したものです。
e0069615_23332789.jpge0069615_23333660.jpg
入ったら、煙がモウモウ!囲炉裏の鉄瓶の下は本物の炎で部屋中が煙だらけ。入場無料
e0069615_23334525.jpge0069615_23335618.jpg
下戸沢宿通過!茅葺きの家並みが残り、山間の宿場として賑わった当時の面影が残る
e0069615_2334631.jpge0069615_23342548.jpg
材木岩より車で10分程度、お目当ての「やくせんの湯」に到着です。
e0069615_23343985.jpge0069615_23345160.jpg
ここは宮城県と福島県との県境で下戸沢という宿場集落があり江戸時代からお湯が湧き出ていました。 その名が、白石湯沢温泉と呼ばれています。しばらくの間は、利用されずにいたが、平成6年「宮城県公害衛星検査センター」に依頼し、泉質を調べたところ、日本でも数少ない「含石膏芒硝泉 」と分析され、飲用にも適したすばらしい温泉と判明!!利用しないでいるのは、もったいないと「旅館やくせん」をスタートさせた。
e0069615_2335374.jpge0069615_23351687.jpg
飲泉可の硫酸塩泉は希少な成分があり、様々な効能があるそうなので館内、突き当りの飲泉所で飲んでみた。特別な味はしなかった。飲泉を買って行く人が多いそうです
e0069615_23352851.jpge0069615_23354039.jpg
山の中の一軒宿なのですが大勢の人達が訪れている様です。今日は3・4名
e0069615_23355478.jpge0069615_2336689.jpg
外の緑が窓から見えて明るい浴室です。洗い場も結構有る方かな?
e0069615_23361849.jpge0069615_23362968.jpg
泉質は石膏芒硝線、ナトリウム、カルシウム、低張性弱アルカリ性低温泉のかけ流し
e0069615_23364016.jpge0069615_23365531.jpg
これまで多数の人々が、浴用、飲用して、糖尿病、痛風、胆石症、慢性便秘、慢性胆のう炎等に効き目があると話題になっているそうです。現代病とも言われている、アトピー体質なども改善されているとか?とにかく澄んだ綺麗な温泉でした。
e0069615_2337751.jpge0069615_23372046.jpg
温泉を満喫し、下戸沢宿をまた戻ります。国道113から白石で国道4号に
e0069615_23373171.jpge0069615_23374225.jpg
後は、大河原、村田、岩沼、名取の順に仙台到着です。今日も一日、長かった!
[PR]
by van-shop | 2018-06-04 00:00 | 温泉 | Comments(0)