人気ブログランキング |
カテゴリ:旅( 46 )
おっちゃん達!下風呂温泉でアンコウを食べる旅、最終回!
3月3・4日とVANをこよなく愛する、おっちゃん達!6名で仙台から青森の下風呂温泉までの二日間の旅。今回が、最終報告です。帰りの車窓のショットが主です
e0069615_21532169.jpge0069615_2153341.jpg
十和田市を出発したのが13時半、国道4号から国道45号に出て六戸市街を通過!e0069615_22152689.jpg
e0069615_21535667.jpg
下田百石ICから百石道路に乗り八戸道で高速東北自動車道に乗るつもりです。
e0069615_21541083.jpge0069615_21543065.jpg
八戸市を通過!折爪トンネルかな?それとも一戸トンネルだったかな?
e0069615_2154417.jpge0069615_21545654.jpg
県境、青森県から岩手県に入りました。今まで無かった雪が出て来ました。
e0069615_21552558.jpge0069615_21553728.jpg
安代JCTです。松尾八幡平・盛岡、方面に東北道に向かいますが、雪深くなって来た
e0069615_21554752.jpge0069615_21555854.jpg
今回この旅で一番、雪が多かった所がここ、安比辺りです。安比スキー場が見えた。
e0069615_2156843.jpge0069615_2156199.jpg
竜ヶ森トンネルを抜けると、これまた両脇が雪!北緯40度?見えなかった!
e0069615_21563085.jpge0069615_21564282.jpg
やっと、岩手山SAで小休止!15時20分。2時間足らずでここまで来ました
e0069615_21565490.jpge0069615_2157595.jpg
昨日も来る時に見た、滝沢に有る盛岡ガスのスイカ模様のガスタンク!なぜか?これを見ると盛岡に来たと感じてしまう!盛岡市を通過です。少しですが雪が残ってる
e0069615_21572145.jpge0069615_21573478.jpg
遠くに盛岡市街が見えます。この辺からやっと青空が見えて来ました。薄っすらと虹が掛かっているのが見えますか?盛岡は虹が出やすいのかな?前にも見た記憶が!
e0069615_21574413.jpge0069615_21575969.jpg
紫波まで来ました。この辺は最高速度が110Km/h区間です。試験中なんですかね?
e0069615_21581137.jpge0069615_2158298.jpg
花巻市に入りました。東北道と秋田道の分岐点JCTです。そのまま東北道で仙台へ
e0069615_2158461.jpge0069615_21585728.jpg
皆さん、お疲れさんです。さすがに皆さん、経験豊富で移動中の話題にも事欠かない喋りで退屈しませんでした。やっと宮城県に突入しました。16時30分です。
e0069615_2159719.jpge0069615_21592073.jpg
三本木を通過中で、いつもお気に入りで行ってる日帰り温泉の三峰荘が見えました。
e0069615_21593333.jpge0069615_2159458.jpg
日もだいぶ傾いて来ました。この二日間は天候に恵まれました。見慣れた富谷JCT
e0069615_2159581.jpge0069615_220953.jpg
仙台に近くなったから渋滞しているのかな?と思ったら、走行車線にパトカーに続きなさいの電色灯に導かれた車が一台!覆面パトカーに捕まったのだろうか?パトカーで初まり最後にパトカーで締めるおちゃんの旅、仙台宮城ICで下りました。17時20分です
e0069615_2202155.jpge0069615_2203381.jpg
高速を降りて、給油です。往復で80リッター!約1000km走行で、6人乗車でこの数字は、大変助かる値です。それより、今回も全行程の運転、H山さんお疲れ様でした。
今回参加してくれた、森岡和尚様、宗さん、ピンチヒッターのW辺さん、幹事のT橋さん、お世話様でした。H山さん皆さんを家まで届けて、早く帰宅しましょうね!本当に有り難う御座いました。またこのメンバーでどこかに行きたいですね!
by van-shop | 2018-03-15 00:00 | | Comments(0)
おみやげをに買うのに北彩市場、下北名産センターに来てみれば?
尻屋崎で幸に寒立馬に遭遇しました。寒立馬を見るのは冬に来てこそ、でしょ!
e0069615_22255021.jpge0069615_22261764.jpg
この辺からは、折り返し地点?帰途に着きました。途中、よっこ寄り有り!
e0069615_22262968.jpge0069615_22264016.jpg
おおぎや旅館の主人から青色の鯖缶が美味しいよ!というので、買いそびれたおみやげを今度はむつ中央店のマエダストアに来店!マエダストアーが好きなおちゃん達です。
e0069615_22264995.jpge0069615_2227058.jpg
私は、ここで、おみやげ用に、鯖缶を3個、ワインを1本購入!
e0069615_22271011.jpge0069615_22274239.jpg
青い鯖缶は水煮、赤いのは味噌煮も有ったので1っ。缶詰には旬鯖限定、八戸工場製造品で未凍結の生鯖を使用。青森から銚子沖の海域で8月から12月に漁獲されたものと書いて有りました。酒の価値が判らない私は皆のお薦め下北ワインの白をN実氏用に
e0069615_2227566.jpge0069615_2228811.jpg
青森と言ったら生もの!前回は佐井村でウニをみんなで買って来ました。運転手のH山さんは奥様に帆立を買ってあげたいと言う事で、前回も立ち寄った北彩市場 下北名産センターに来てみました・・・が?駐車場には車も無いし、閉まってる?つぶれたか?
e0069615_22282053.jpge0069615_22283045.jpg
入り口の張り紙をみたら、四月下旬まで閉店とさせて頂きます。だと!何だべ。
e0069615_22284190.jpge0069615_22285070.jpg
前回も立ち寄って給油したスタンドで仙台までもつであろう4000円分の28.94L入れました。このガソリン高騰に中、リッター138円は安い!
e0069615_22285976.jpge0069615_2229961.jpg
下北半島の首の辺り、を南下しています。北海道の様な真直ぐなアップダウンの道
e0069615_22291876.jpge0069615_22293465.jpg
はまなすベイライン大湊線と交差しながら左に陸奥湾を見ながら国道279号を走行です
e0069615_22294793.jpge0069615_2230029.jpg
道の駅 よこはま 菜の花プラザに立ち寄り、今度こそ生モノのおみやげを買おう!
e0069615_22301475.jpge0069615_22302519.jpg
横浜町の道の駅よこはま「菜の花プラザ」は菜の花で知られ、首の中央部に位置します
e0069615_22303826.jpge0069615_22305020.jpg
やっと、巡り合えました、青森ほたて。私も少し購入!1000円もしない帆立に、発泡スチロール容器と保冷剤が300円だったかな?もっと買って来れば良かった。
e0069615_2231246.jpge0069615_22311381.jpg
皆さん、これでおみやげは全部、用意出来ましたね!横浜町で前回立ち寄った湧水亭の頑固とうふ店はスルーです。まだ、11時です。早起きすると一日が長い!
e0069615_22312591.jpge0069615_22313613.jpg
新しく、下北半島縦貫道路が伸びていた。青森牧場を横切ってる?
e0069615_22314776.jpge0069615_2231584.jpg
風力発電の風車がその辺に点在しています。野辺地北で下ります。
e0069615_2232869.jpge0069615_22321982.jpg
国道4号線に合流!この辺で温泉に入って行きましょう!
次は東北町にある、東北温泉の巻ですよ!つづく。
by van-shop | 2018-03-13 00:00 | | Comments(0)
おっちゃん達!尻屋崎に寒立馬を見に行く!
下風呂温泉のおおぎや旅館でタラフク!朝飯を食い、今日のミッションに出発!
e0069615_234949.jpge0069615_23491386.jpg
下風呂温泉から国道279号はまなすラインで大畑バイパスの桜ロード。桜並み木が延々と続きます。今は雪景色ですが、桜の時期はたいそう綺麗でしょうね!
e0069615_23492263.jpge0069615_23493146.jpg
帰りも、遠くに釜臥山に建つアンテナが見えていました。県道266号で真東に!
e0069615_23494174.jpge0069615_23495073.jpg
県道6号線に合流!尻屋崎に向かう。正面に発電用の風車が見える。左は津軽海峡
e0069615_23495913.jpge0069615_2350887.jpg
やがて正面に三菱マテリァルの工場が現れる。 ここまで来れば尻屋崎はすぐそこです。
e0069615_23501666.jpge0069615_23502622.jpg
地図で調べると念仏間とある所が尻屋崎灯台へのゲートですが冬季閉鎖中!
e0069615_23503537.jpge0069615_23504564.jpg
県道6号を更に行くと尻屋崎漁港に付きます。もっと進みます。途中、軽トラ軍団が
e0069615_23505577.jpge0069615_235159.jpg
突然、ゲートが現われました。目の前が太平洋です。降りて行ってみょう!
e0069615_23511416.jpge0069615_23512591.jpg
折角ここまで来て寒立馬を見ないで帰れるか!とおっちゃん達!頑張る
e0069615_2351359.jpge0069615_23514773.jpg
海岸は海苔?海藻で真茶色になっています。ここは採介藻漁業の地。岸近くで手を使って採るもの。わかめ、てんぐさなどの藻類やさざえ、とこぶしなどを採るもの。網を使って魚を獲るのではなく、海辺を歩きながらコンブや海藻、ノリなどを採取したり。どの海岸にも貝や海藻はあるので古くから地域独自の漁法が発達し、職人的な技術が受け継がれている漁法です。尻屋崎灯台はここから遥か遠くです。
e0069615_23515838.jpge0069615_2352891.jpg
残念!寒立馬の姿は見当たりません!仕方ななく車に戻る時、路肩に馬糞を発見
e0069615_23522079.jpge0069615_23523284.jpg
でも、寒立馬、何処にも見当たらないな~!ゲートまで戻って来ました。ゲートの横に先ほどの軽トラ軍団の先頭が!これから採介藻漁業開始時間で待っている様です。そのおっちゃんに寒立馬は何処にいるのか尋ねたら、ちょっと先の放牧地に居るよ!の情報を頂きました。さ~ぁ!戻りましょう。
e0069615_23524257.jpge0069615_23525440.jpg
皆さん、早く車に乗って!森岡和尚様、カメラの用意ですか?
e0069615_2353595.jpge0069615_23531785.jpg
漁夫のおっちゃん、ありがと~う。Uターン!すぐ左です。これじゃ見つかんない訳だ
e0069615_23533065.jpge0069615_23534018.jpg
この林の奥で尻屋崎周辺が閉鎖される冬期間、寒立馬はアタカと呼ばれる放牧地で毎日を過ごす 。解けかけた残雪と馬糞で、この中まで入って行くのが大変でした。
e0069615_23535361.jpge0069615_2354317.jpg
遠くに馬影が、森岡和尚様に頂いたデジカメで望遠での撮影!居ました。
e0069615_23541567.jpge0069615_23542773.jpg
更に望遠を続け、完璧に捉えることが出来ました。太っとい足。紛れもなく寒立馬だ
e0069615_23543994.jpge0069615_23545175.jpg
右手の奥に数頭発見!寒立馬は寒気と粗食に耐え持久力に富む農用馬として重用されてきたが時代の移り変わりと共に平成7年には9頭まで激減しかし、その後の保護政策により現在は30頭ほどに回復したそうです。茶色の寒立馬ばかりじゃないんですね!
e0069615_2355252.jpge0069615_23551527.jpg
帰りも、グジュグジュの残雪の道にそこいらじゅうの馬糞を除けながらの歩行!
e0069615_23552866.jpge0069615_23553917.jpg
ゆっくり、転ばない様に気を付けてやっと、車まで戻って来ました。乗る前の一仕事!靴の裏をその辺の綺麗な雪で汚れ落としの作業を全員でやりました。
e0069615_23554996.jpge0069615_2356184.jpg
靴の裏にこびり付いたフンは少量でもヒータ等で温められると、車内中に臭いが満載します。幸いなことに、その様な事は起こりませんでした。良かった。尻屋崎灯台も見たかったですね!むつ方面に帰ります。まだ続きますよ、次はちょっとおみやげを?
by van-shop | 2018-03-12 00:00 | | Comments(0)
朝食のその前に、下風呂温泉の界隈をお散歩!
おっちゃん達の旅!二日目の朝です。私は普段これではいけないなと思いながら、3時就寝の10時起床!これがサイクルですが、今日は、携帯のアラーム設定で5時に起床
e0069615_2152104.jpge0069615_2152231.jpg
前回は、綺麗な朝日を拝めましたが、今回は無理の様です。探索に出発です。
e0069615_21523593.jpge0069615_21524932.jpg
ひと風呂浴びてから眠気を覚まして3人で旅館を出ました。いで湯坂を上り、下風呂温泉公衆浴場「大湯」に来ました。下風呂温泉は「大湯」と「新湯」2つの共同浴場があり、両施設は100メートルほどしか離れていないのに泉質が異なる。前回に入った時かなり熱かったのを覚えています。もう片方の新湯には前々回入湯済。今回は未入湯
e0069615_2153152.jpge0069615_21531576.jpg
大湯までは乾燥の道でしたが、これより上に位置するところは雪道です。
e0069615_21532761.jpge0069615_21534257.jpg
戦前に建設されたものの、完成することなく終わった幻の「大間鉄道」。鉄道跡の「鉄道アーチ橋メモリアルロード」の上を歩いて「足湯」に向かってます。高台から津軽海峡の景色を眺めていたら、漁船がドンドン出港して行ってます。
e0069615_21535621.jpge0069615_2154693.jpg
鮟鱇を獲る開始時間、一斉に出港したのだとか、それにしても放射線上に均等に散らばって行きました、各自の漁場が有るのでしょうか?このメモリアルロード、カチンカチンに凍ってます。ビブラムソールの靴でも辛い!こんな所はゴム長靴が一番かな?
e0069615_21541742.jpge0069615_21542678.jpg
メモリアルロード 足湯は 戦時中、工事が中断された幻の大間鉄道橋が2005年4月に遊歩道として復活。遊歩道の中央に足湯が設けられ、入浴しながら津軽海峡や北海道恵山岬を望むことができる。と有りますが、途中の雪の山で封鎖中でした。この奥が足湯
e0069615_21543599.jpge0069615_21544521.jpg
一旦、引き返して、旅館の横の階段を下りて、国道279号はまなすラインに出ました
e0069615_21545580.jpge0069615_2155570.jpg
こちらの港側にあの、いかさま(烏賊様)レース場が有ります。イカ好きの私、是非とも挑戦したいと思って、4回ここに来てまだ開業日に当たった事が有りません!残念
e0069615_21551595.jpge0069615_21552639.jpg
鮟鱇漁に一斉に出航して行った風間浦漁港の岸壁です。透明度も有って凄く綺麗な海でした。こんな所に住むお魚さんはきっとピチピチに大きく育つに違いない。珍しく公衆電話、積雪の対策に床上げされてました、きっと真冬はもっと雪が凄いんでしょう
e0069615_21553852.jpge0069615_21555080.jpg
下風呂温泉郷の入口の看板!これを撮りに朝早くここまで来た。戻りましょうか
e0069615_2156272.jpge0069615_21561426.jpg
なんか、懐かしい雰囲気の歓迎門看板。メインストリート?の様です。
e0069615_21562765.jpge0069615_21563831.jpg
何やら、おちゃん二人!下北交通の下風呂停留所バス停をパチパチ?バス停の下部分に、ここの地盤は海抜9.3m風間浦村と有りました。向かい側には昔の赤いポスト
e0069615_21565072.jpge0069615_2157389.jpg
朝のお散歩、ぐるっと一回りして、戻って来ました。丁度、7時です、朝食の時間
e0069615_21571668.jpge0069615_21572891.jpg
生卵でなくスクランブルエッグ?海苔?
e0069615_21574121.jpge0069615_21575158.jpg
おひたし?鮭、定番メニューですが、新鮮だからか、別格に美味しい。
e0069615_2158695.jpge0069615_2158422.jpg
赤カブの漬物?味付け海苔じゃなくm味付け昆布でした。
e0069615_2159116.jpge0069615_2159185.jpg
ご飯がまた美味しく頂きました。味噌汁も。
e0069615_21593225.jpge0069615_21594415.jpg
出ました!!イカ刺しです。透明でプリプリ!大好物です。
e0069615_21595743.jpge0069615_2202296.jpg
これも、毎回、出ますが、イカの塩辛を大根おろしと混ぜ合わせ、帆立の貝殻で焼いた奴!初めて食べた時の衝撃は今でも忘れません!美味いの一言。
e0069615_2211854.jpge0069615_2213544.jpg
普段、この時間はまだ就寝中。朝飯抜きは当たり前の生活、今日は早起きし、朝ご飯まで食べている!それに、昨夜のあんこう鍋の雑炊もお代わりまでしている。身体が健康な生活時間帯に戻れたか?
あんこう鍋の雑炊はスルスル喉から入って行きました。とんでもなく美味しかった
e0069615_2214884.jpge0069615_2215848.jpg
最後に、コーヒー!VANshop仙台の時代には毎日、10杯は飲んでいたと思う、今は全然、飲んでない。久々の淹れ立てのコーヒーでした。さぁ!朝食も取ったし、次に出発しましょうか!
次は尻屋崎に寒立馬を見に行くの巻!まだ続きます。
by van-shop | 2018-03-11 00:00 | | Comments(0)
おっちゃん旅の一番の目的、風間浦でアンコウを食べる事!
そもそも、この旅はアンコウを食べたい!からの発想で、企てられました。真冬の下北半島は大丈夫か?でも本場でのアンコウを食いたい!企画は忘年会で決まりました。日取りは決まっていたので、天候だけが心配でした。出発の前日まで日本中、悪天候でどうなるかと気を揉んでましたが、当日は嘘のように好天に恵まれています。
e0069615_21595472.jpge0069615_220864.jpg
色々、青森観光をして、風間浦の下風呂温泉でアンコウを食べる。順調に予定通り!
e0069615_2202188.jpge0069615_2203386.jpg
ここ「おおぎや旅館」はS藤さんの馴染みのお宿!前回もそうですが、大変、優遇して貰ってます。料理の鮮度、量が半端じゃないんです。早速、夕食です。森岡和尚様からの差し入れ酒!旭酒造株式会社の「獺祭」DASSAIと言うお酒。持ち込みで振舞いました。呑めない私でも行ける様な、フルーティー?な日本酒らしくないお味でした。安倍総理がトランプ大統領にお出ししたお酒だそうです。皆さん、スルスル入ってる様。
e0069615_2204583.jpge0069615_221312.jpg
イカのお造りもの?下風呂温泉に来たら、やっぱりイカでしょ!後は鮟鱇づくし。
風間浦村で水揚げされる鮟鱇はきあんこうという種類。きあんこうは体色が黄褐色で口内の斑点がなく大型に育ちます。体が小さいときは鰯や甲殻類などを食べていますが、大きくなると白身の魚を餌にすることで美味しくなるそうです。
e0069615_2212145.jpge0069615_2213283.jpg
鮟鱇(あんこう)のともあえ。鮟鱇の身や皮などとあんきもを味噌で和えた風間浦村の郷土料理。淡白な身と濃厚なあんきもの相性は抜群。鮟鱇(あんこう)の7つ道具といわれ、骨以外はほとんど食べることができるという鮟鱇。鮟鱇の7つ道具とは、肝・皮・水袋(胃)・ヌノ(卵巣)・エラ・ヒレ・身の7ヵ所の可食部分のこと。
e0069615_2214666.jpge0069615_2215797.jpg
鮟鱇(あんこう)の煮こごり。鮟鱇の身、皮などをゼラチンで固めた一品です。ぷるぷるとした食感と、具材それぞれの歯ごたえが絶妙です。茶碗蒸し、青森の茶碗蒸しは甘いの先入観で食べましたが、そうでは無かった、鮟鱇が入っているのか?
e0069615_222851.jpge0069615_2221853.jpg
鮟鱇のから揚げ、タレ、醤油で、初めて食べました。美味しい!
e0069615_2222850.jpge0069615_2223910.jpgあんきも。濃厚な味が口いっぱいにひろがります。鮮度抜群な風間浦鮟鱇は、あんきもまで刺身で食べることができます。きあんこうのほうがあんきもの脂が上質でよりおいしいとされています。美味いこんな、あん肝食べた事ない!焼き物も有りますよ!
e0069615_2225024.jpge0069615_223146.jpg
風間浦鮟鱇は刺身で食べることがでます。活きたまま水揚げできる新鮮な風間浦鮟鱇ならではの食べ方。刺身に適した身は大きな鮟鱇からほんのわずかしか取れません。刺身皿の左上の4切れはそのまた少ない部位、2ケ所しかない、ほほ肉のお刺身です。
e0069615_2231277.jpge0069615_223303.jpg
ほのかな甘みとこりこりとした食感は、「鮟鱇=鍋」という概念を変えるかも。あん肝を醤油に溶かした肝醤油で美味しさ倍増。御主人のご好意で大間の鮪刺し、も有り。
e0069615_2234459.jpge0069615_2235596.jpg
鮟鱇(あんこう)鍋!鮟鱇の定番料理です。風間浦の寒い冬にぴったりの、体を温めてくれる一品です。味には塩・味噌・醤油があり、おおぎや旅館は醤油味の様でした。
e0069615_2241171.jpge0069615_224239.jpg
各々の小さな鍋で造るので無く、大きな鍋で大量に造られた鮟鱇は、また絶品なお味でした。蕎麦も出ましたが、もう鮟鱇尽くしでお腹がいっぱい!ご飯を食べてない。明日の朝ごはんにアンコウ鍋で雑煮を作って貰おう。
e0069615_2243777.jpge0069615_224499.jpg
お新香も美味しいし、デザートの苺も、全て美味しく感じました。
e0069615_225877.jpge0069615_2252210.jpg
満腹感と味に満足して部屋に戻りました。森岡和尚様に頂いたデジカメと私のデジカメの比較として、窓から、室外を撮影をして見ました。こちらが頂いた奴。
e0069615_2253549.jpge0069615_2254787.jpg
こちらが、今まで使っていた私のデジカメ。明るさが全然違いました。それに広角!
e0069615_2255925.jpge0069615_2261041.jpg
それでは、寝る前に、もう一度、温泉に浸かって来ましょう!
e0069615_2262358.jpge0069615_2263980.jpg
サービスカット?部屋に有った、ウェルカムお菓子の「大間の鮪煎餅」これまた美味しいです。森岡和尚様持ち込みの「獺祭」のキャップ!これもレアだとか?
この地区での特別な鮟鱇の捌き方、雪の上で鮟鱇のむめりを取りながら解体する「雪中切り」と言う伝統的な方法を見たかったが、それはかなわなかった。でも予想をはるかの超えた美味しさでした。
で!次は、明日の朝食にご期待!つづく
by van-shop | 2018-03-10 00:00 | | Comments(0)
青森県立三沢航空科学館を尋ねて見ました。
八食市場寿司で廻る寿司をたらふく食った6名のおっちゃん達!次のミッションへ
e0069615_2255592.jpge0069615_22561099.jpg
向かうは、三沢市に在る「青森県立三沢航空科学館」初めての訪問です。
e0069615_22562098.jpge0069615_22563041.jpg
八食センターから三沢市大空ひろばには30分で到着しました。運転手さんご苦労様
e0069615_22564198.jpge0069615_22565396.jpg
太平洋無着陸横断飛行の「ミス・ビードル号」の塔に迎えられました。モニュメントの高さは、飛んだ1931年にちなみ19.31mだそうです。
e0069615_2257499.jpge0069615_22571436.jpg
それでは、航空科学館に入りましょう!入館料は常設展と零戦セット一般920円です
e0069615_22572445.jpge0069615_22573420.jpg
さすがに、飛行機の格納庫、天井がやけに高いです。お土産売り場も併設。
e0069615_22574413.jpge0069615_22575371.jpg
入っすぐ迎えてくれたのが、三沢・淋代海岸から離陸し、太平洋無着陸横断飛行に成功した「ミス・ビードル号」の復元機です。アメリカ・べランカ社製のミス・ビードル号は単発5人乗りの旅客機の後部座席と機体底部を燃料タンクに改造して長距離飛行に備え、太平洋無着陸横断に挑戦しました。約3600ℓ=ドラム缶18本分の燃料を積んだ機体は、約1800m滑走して地上を離れました。また離陸後、飛行中の空気抵抗を減らして燃料の節約をはかるために、車輪を切りはなせる構造になっていました。約41時間後、ワシントン州ウェナッチバレーに胴体着陸して太平洋無着陸横断飛行を成し遂げた。と説明ボードに書いて有りました。
e0069615_225828.jpge0069615_22581368.jpg
次のブースに入ると、広い部屋にはまず最初に複葉機とヘリコプターが目に入ります
e0069615_22582194.jpge0069615_2258321.jpg
奥に航研機の姿。航研機は東京帝国大学航空研究所が周回飛行距離の世界記録をめざして開発した飛行機です。周回航続距離11.651.011km速度世界記録186.197km/h樹立
e0069615_22584342.jpge0069615_22585441.jpg
プロペラ機だ、懐かしい!YS-11の機体。昔、これでグアム旅行に行った記憶が?
e0069615_22593528.jpge0069615_22594883.jpg
飛行機のエンジン部分、何か見慣れた空冷エンジンですね!我がタイプⅡVWエンジンを何個も付けた様な形状です。もう一つ、ヘリコプターのエンジンはど真ん中に羽根を直結で回してた。東北電力の物だったのか?きたかみの名称がありました
e0069615_230249.jpge0069615_2301470.jpg
機体の展示ばかりでは有りません!科学ゾーンとして参加体験型の科学展示が沢山ありました。その中で、私は自由落下体験装置で浮遊感と瞬間的な自由落下を体験してきました。ベニーランドの遊具に乗っている様でした。その他いっぱい有ります。
e0069615_2302518.jpge0069615_2303611.jpg
順路に従って、2階に来たら!この壁面はプラモデルの入ったショーケースが!
e0069615_2304894.jpge0069615_2305998.jpg
1階に降りたら、零銭展示会場の入口と、切符を買っているので入場しました
e0069615_23195.jpge0069615_2312065.jpg
太平洋戦争の雰囲気がプンプン。初っ端から零戦が!
e0069615_231308.jpge0069615_2314144.jpg
後で分かったのですが、69年振り十和田湖から引き揚げられた旧陸軍「一式双発高等練習機」の展示も有りました。
e0069615_2315230.jpge0069615_232495.jpg
ひと回り見ましたが、2時から説明が有ると言うので、一旦、引き上げ、展望室に行って見ました。三沢飛行場に隣接してるんですね
e0069615_2321594.jpge0069615_2322691.jpg
再度、「旧陸軍一式双発高等練習機」展示会場に来ました。説明が始まりました。
e0069615_2323747.jpge0069615_232507.jpg
十和田湖から引き上げた機体だそうです。国内で見られる唯一の現存機です
e0069615_233347.jpge0069615_2331366.jpg
確か説明では、15.6歳の少年兵4人が秋田から青森に向かう途中、県境でエンジントラブルで十和田湖に着水、3名が亡くなってる。操縦が巧かったのと運?が良かった為に浅瀬に沈んでいた。十和田湖の水温や水質が機体の劣化を遅くした等の諸々事が合わさって69年もの間、残っていたらしい。触らせて頂きましたがとても薄かった。
e0069615_2332750.jpge0069615_2333996.jpg
とても聞きやすく分かりやすい説明で零銭の話もしてくれました。全世界で唯一当時のエンジンも復元機のビデオを見せられたたり、永遠の0のコンパクト版を見せられたり凄く戦争や人間愛を再認識させられました。とても我々のおちゃん組に愛想を良くしてくれて、話しかけてくれたり、特別に記念撮影にと囲いを取り除いて零銭の前で記念撮影を進められたり、時間のたつのも忘れていました。
e0069615_2335254.jpge0069615_234626.jpg
零戦21型レプリカの前で全員集合写真を、パチリ!時間が押した!早く発たねば。帰り際、お土産コーナーを再訪、子供用アーミージャンパーと宇宙食が気になった?
e0069615_2342020.jpge0069615_2343427.jpg
外の大空ひろばには自衛隊機や米軍機等が展示さててましたが、時間が無いので遠くから眺めるだけ。15時30分だ、下風呂には何時に着くだろうか?いそげ!
まだ続きます。次は下風呂温泉の巻
by van-shop | 2018-03-08 00:00 | | Comments(0)
おやじ修学旅行!八食センターで寿司三昧!
元気なおちゃん6人組の修学旅行、朝8時に仙台を出発して八戸北に11時30分到着
e0069615_2211126.jpge0069615_22111265.jpg
高速料金は通常料金6830円がETC料金で4780円。308.4Kmの走行です
e0069615_22112131.jpge0069615_22113095.jpg
昼飯を八戸の八食センターで食べ様と八戸北バイパスを南下。15分で到着です
e0069615_2211395.jpge0069615_22114943.jpg
以前、来た時と違う方向からの入場で戸惑いました。入館したら同じ風景だ、大きい
e0069615_2212051.jpge0069615_22121666.jpg
八戸のうまいもんがみんなそろう!「八食センター」の看板、通り、品物豊富!
e0069615_22122452.jpge0069615_22123444.jpg
前に来た時は各々のお店で食材を買い、それを奥に焼き場が有ってライスを頼んで、その場で焼いて食べた。新鮮で美味しかった記憶が有ります、何を食ったか忘れました
e0069615_22124216.jpge0069615_2212506.jpg
人数も人数なので手っ取り早い、回る寿司屋に!旨さ廻る回転寿し「八食市場寿司」にどんなものか入ってみました。
e0069615_2213062.jpge0069615_22131142.jpg
流石!八戸の市場で店を張っているだけあって、極上のネタが廻ってました。
e0069615_22131912.jpge0069615_2213282.jpg
この黒皿、極上の大トロ、2カンで1000円。本まぐろ赤身が400円
e0069615_22133748.jpge0069615_2213501.jpg
濃厚な味「ばふんうに」1000円。青い皿600円、何だったかな?美味しかった
e0069615_2214319.jpge0069615_22141442.jpg
左、800円皿のボタンえび、と右、250円皿の甘えび。2倍の価格差は何だ?
e0069615_22142685.jpge0069615_22143922.jpg
私の大好きなイカ、220円皿やりイカか真いか、です。400円皿の子持ちしゃこ
e0069615_22165757.jpge0069615_22163212.jpg
左側が400円皿の、赤貝。右側が800円皿の、身がプリプリの、ほたて。
e0069615_22145521.jpge0069615_2216390.jpg
500円皿の、いしなぎ?分からない。300円皿の生さば、こちらも分かんない?
e0069615_22171117.jpge0069615_22172338.jpg
左は八戸産の真いかの下足120円皿、右が真いかのなずき150円皿
e0069615_22173544.jpge0069615_22174699.jpg
左が400円皿の宮城産めかじき大とろ。右が350円皿のめかじき中とろ
e0069615_22175786.jpge0069615_22181088.jpg
350円皿なんだけど生の真だら、かな?〆にせんべい汁を、300円だった。
e0069615_22182437.jpge0069615_22183640.jpg
喰った喰った!ご馳走様でした。幾らになるんだろうか?チョト心配な顔の面々!幹事さん宜しくね!と会計へ。2万3730円になります。6人でか?一人約4000円。廻る寿司屋での会計としては良い価格でした。でも内容からしたら適正以上のお味でした。
e0069615_22184772.jpge0069615_22185960.jpg
皆さん、美味しい物で満腹に、は~ぁ!幸せだ。また車に搭乗して先を急ぎますよ~!
珍道中はまだまだ続きます!
by van-shop | 2018-03-07 00:00 | | Comments(0)
VANshop仙台の同窓生?雑学修学旅行に出発!
今日は、アンコウを食べるツアーの出発日。VANshop仙台時代からの友人同士、昨年の夏に「オーマの休日」と題して、青森の大間のマグロを食べながらの下風呂温泉に一泊旅行にも行った、気の合った仲間との、楽しいおやじ旅に出かけました。
e0069615_2361855.jpge0069615_2363470.jpg
前々日、前日の強風等の最悪天候で当日まで大変、不安でした。周りからは長靴でないと駄目だとか、大雪で車が立ち往生する、とか言われていたけど、関係(強情?)なく行くつもりでした。一応、用意だけはしました。ダウンコートにローゲージのセーター、それに雪対策のビブラムソールの靴。大きなダッフルバックに詰め込み、用意万端!H山君の車で迎えに来てもらい次の待ち合わせ場所に、S藤さんを拾いT幹事宅へ
e0069615_2364690.jpge0069615_2365677.jpg
T橋さん宅で全員集合!T橋さん、M和尚様、S藤さん、H山さんに私の、前回メンバーにN実さんのピンチヒッターにW辺さんの6名です。M和尚さんは大きなクラーボックスに今夜のお酒とおつまみ飲物を用意してくれました。それに、私にとんでもないサプライズ!デジカメのプレゼント!カシオのEX-ZR1000.エクシリム10周年記念モデルです。皮のケースがレトロ感をかもし出しています。いだましくて使えない!
e0069615_237621.jpge0069615_2371752.jpg
私が古いカメラを使っているのを見て、可哀想だからと、H山さんの策略でM和尚さんがプレゼントしてくれました。カメラを後部座席で、眺めながらニヤラ、クタラ、しているうちに仙台宮城ICから東北自動車道を北上して築館を越えていました。
e0069615_2372673.jpge0069615_2373660.jpg
天気はこの二三日とは全然違い、暖かな良い天気に恵まれました。岩手県入りです
e0069615_2374525.jpge0069615_2375687.jpg
東北道と秋田道の分岐点、北上JCを盛岡方面に。空いてた道がこの辺からラッシュ?
e0069615_238640.jpge0069615_2381762.jpg
原因は赤橙を点けたパトカーが制限速度ピッタリで走行しています。後ろには車が数珠つなぎ状態!法令順守は分かりますが・・・・
e0069615_2382790.jpge0069615_2383758.jpg
暫らく付いていきましたが、紫波SAに一時避難?して間隔を開けよう!
e0069615_2384720.jpge0069615_2385767.jpg
9時40分、出てから1時間40分ちょっと早いですがおしっこタイム!
e0069615_239798.jpge0069615_2391854.jpg
さすがに岩手県、雪が有ります。ここで用意した靴が活躍!何も買わずに次へ
e0069615_239318.jpge0069615_2394290.jpg
15分の休憩でした。車に戻り、東北自動車道で更に北上です。
e0069615_0325731.jpge0069615_033995.jpg
矢巾付近を走行です。この辺は速度規制が大貨等、三輪、けん引は80Km/h、除く車両が110Km/hで走行が可能区間です。
e0069615_2395649.jpge0069615_2310877.jpg
盛岡ICを越えました。右手にイオンモールが見えます。昔、スキーに行ったり、温泉周りをした時に食料を買い出しに行った思い出が有ります。少しすると左手にスイカ模様のガスタンクが現れる。やっぱり盛岡は寒い!雪が残ってます。
e0069615_2310248.jpge0069615_23103760.jpg
西根を通過し、岩手山SAですが、ここもスルー。正面は岩手山じゃなく安比高原かな?
e0069615_23104813.jpge0069615_2311152.jpg
松尾八幡平ICです。昔、ここから安比スキー場にもプータロー村にも行ったっけ!
e0069615_23112184.jpge0069615_23122377.jpg
さすがに、この辺は、高速道上にも雪が解けずにわだちになってました。
e0069615_23123628.jpge0069615_23124869.jpg
車内は、暖か!広々とゆったりのドライブ!ごめんね運転手H山さん。
e0069615_2313087.jpge0069615_23131155.jpg
龍ヶ森トンネルです。安代JCT、直進が八戸市街、左が八戸道と八戸久慈道です。
e0069615_23132434.jpge0069615_23133751.jpg
八戸道の福地PAに飛び込みました。岩手県よりは雪が少ないです。
e0069615_23134982.jpge0069615_2314018.jpg
この辺から青森県に突入です。只今の時刻、11時20分。ゆっくりの3時間20分で青森に入りました。ここからが遠いんです。
by van-shop | 2018-03-06 00:00 | | Comments(0)
明日は下風呂温泉にアンコウを食べに行って来ます、
昨年の夏にVANshop仙台、当時の仲間とオーマの休日と銘打った1泊旅行をして来ました。とても楽しかったと、また行きたいとの要望で、極寒の青森それもアンコウを食べに、下北半島に行く事になりました!この時期しか見られない景色は魅力を感じます
e0069615_21575367.jpge0069615_21584295.jpg
まだ現役の参加人員も多く、旅行日程が限られ、3月3・4日と前々より決めていました。が!天候だけは選べません、運に任せるだけ!今日の予報は日本全域が強風の嵐!北東北は雪?覚悟して行かねば、と!靴を選んでます。
e0069615_21585462.jpge0069615_21591229.jpg
ビブラムソールのチロリアンシューズにします。大分、昔の靴ですが、一生懸命に磨いて綺麗にしました。これなら滑らないでしょ!
と言う事で、このブログその間、お休みを頂きます。旅の報告は頑張って取材?してきますね。今日は早く寝なくちゃ!明日が早い。じゃ!
by van-shop | 2018-03-02 22:24 | | Comments(0)
やっと、昼飯。盛岡のぴょんぴょん舎で冷麺!
雨のもめげず、乳頭温泉「妙乃湯」にフラレ!それでもめげずに尋ねた「蟹場温泉」
e0069615_2145251.jpge0069615_21451910.jpg
なかなか良い温泉でした。丁度、お昼時間!宿で昼食をとろうと尋ねたら、やってないと?女将さんはちょっと下った所にカエデ?と言う食事処が有ると教えてくれました。e0069615_21454954.jpge0069615_2148745.jpg
丁度、帰り道の途中だ、そこに行こうと。・・・あらら!ここも?定休日でした。e0069615_21481872.jpge0069615_2148282.jpg
何処か途中でやっている所が有ればそこで食べればいいや!と国道46で盛岡に向かうe0069615_21483947.jpge0069615_2148505.jpg
雫石町に入りましたが、ここまで食事処が見つからず、盛岡まで来てしまいましたe0069615_2149535.jpge0069615_21491826.jpg
まだ1時半、相方のN実氏、早寝早起き、昼食はお昼!と品行方正な生活パターン。一方私は夜型の寝坊助!腹が減って来て、段々と険悪なムード!ヤバイ、この辺で物を食わせねば!そういや、盛岡と言えば冷麺だよね!この先のぴょんぴょん舎で食べよう!e0069615_21494463.jpge0069615_21495653.jpg
ぴょんぴょん舎、稲荷町本店は国道46号線沿いの盛岡ICからすぐに有りました。e0069615_215087.jpge0069615_21502020.jpg
早速、オーダー!盛岡冷麺のランチセット「ミニチヂミランチ」1150円です。相方はお昼からビール?運転交代の意思表示!はいはい!解かりました。とお茶を飲む私!e0069615_21503057.jpge0069615_21504167.jpg
今は、何処にでも売ってるぴょんぴょん舎の盛岡冷麺、本店で食べるのは初めてです。やっぱり、美味しいですね。少しの量のチジミが運ばれて来ました。e0069615_21505647.jpge0069615_21511144.jpg
お腹が空いていたせいも有りましたが、これまた、美味しい!追加オーダー!e0069615_21514183.jpge0069615_21515584.jpg
運転交代です。食べて、チョット機嫌が直ったかな?まだ、2時半!私としては、盛岡市内を見物したかったのですが、相方が帰るべし、の一言!仕方なく、盛岡行を断念!e0069615_2152818.jpge0069615_21522251.jpg
東北自動車道に盛岡ICから乗りました。5Km位で盛岡市内だったのに、行きたかったe0069615_21525849.jpge0069615_21531189.jpg
東北道の岩手県側は直線が多い、安全運転で追い越し車線を走行?北上JC通過!e0069615_21532626.jpge0069615_21534999.jpg
金成パーキングで小休止!まだ3時半だ、時間が有るので築館ICで下り、国道4号にe0069615_215482.jpge0069615_21542446.jpg
盛岡から築館まで70分、3240円でした。ここからは国道4号をゆっくりです。これだったら盛岡で十分時間がとれたじゃないか?と悔やむ私でした。とは言いつつ、秋田を回って予定なしの旅、楽しかったです。家にじっとしているより何処かに行きたい病の私でした。
by van-shop | 2017-11-30 22:04 | | Comments(0)