<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧
今回も、仙台卸売市場で飯食って黄金川温泉「白鳥荘」へ
久しぶりでアウディの友人が来た。当然、飯食って温泉に行きて~ぇ!と
e0069615_2243958.jpge0069615_22432269.jpg
我が家を11時30分に出発、仙台卸売市場の2階の「寿司吉」に向かう!遅いかな?
e0069615_2243345.jpge0069615_22434431.jpg
まだ、日陰には雪が残っている。並んでる人が、この時間でこの人数。ラッキー!
e0069615_22435571.jpge0069615_2244549.jpg
いつもの如く、頼むのは、なかおち丼(850円)にアラ汁(250円)なかおちの具よりも先にご飯を食べつくす?それ程のなかおちのボリューム!です。さすがの私でも手こずる量です。で、それでいて美味しいのです
e0069615_22441943.jpge0069615_22442862.jpg
アラ汁、これも250円で食べられる品物じゃないです!美味しい!と、温泉に向かう
e0069615_22444044.jpge0069615_22445116.jpg
岩沼から、村田への山道はまだ、雪が残ってます。道路には殆んど有りません
e0069615_2245333.jpge0069615_22452833.jpg
噴火の恐れ?の蔵王連峰が雲の中に入って見えませんでした。蔵王町に突入しました
e0069615_22454287.jpge0069615_22455271.jpg
村田から程近く、ここは蔵王町老人憩いの家、黄金川温泉「白鳥荘」に着きました。
e0069615_22461385.jpge0069615_22462284.jpg
入り口を入ったエントランスには地場で収穫の野菜やその他を販売している。脱衣所の入口には、沢山のスリッパ!ここはいつも最低5・6人の入浴客は居ます!それも、高齢者です。皆さん肌が艶々で元気な方ばかり、4Km歩いて来たと言ってた。
e0069615_22463195.jpge0069615_22464230.jpg
ここが、お気に入りの黄金川温泉の湯船です。お湯はご覧の通り濃い土色でショッパイです。湯量は毎分250リットル、泉質はナトリウム塩化物泉です
e0069615_22465553.jpge0069615_2247895.jpg
外には無料の足湯処が有ります。帰り際、温泉施設の隣に併設で集会所が有りそこから、カラオケ大会なのか?じーちゃん、ばーちゃんの元気な歌声が響いてきました。ここの、じちゃん!ばちゃん!の方々はこんな素晴らしい泉質の温泉に入り、集って歌って(踊って居るかは分からないが)幸せだ。私もたまに、参加させてもらうおうかな?
[PR]
by van-shop | 2018-01-31 00:00 | 温泉 | Comments(0)
いすいすゞジェミニハンドリングbyロータスのシート交換の巻
平成元年式の、いすゞジェミニ・ハンドリングbyロータスは、平成21年に前オーナーの那谷教授より頂いたものです。私が2代目、早いもので9年の月日が経ちました。
e0069615_22385537.jpge0069615_2239663.jpg
頂いた当初より、リヤシートの上部が劣化してボロボロと言うよりは無かった。頂いた時は走行距離が20年間で6万2900km(現在は19万3800km走破)と走行距離が少なく、炎天下での駐車状態だったのがうかがえます。張替は無理!そんなある日?Yahooオークションで見つけてしまいました!リヤシートの出品。勿論!ポチット
e0069615_22392128.jpge0069615_22393938.jpg
品物が届きました。早速!交換に取り掛かります。背の部分のカーペット外しから
e0069615_22395916.jpge0069615_2239492.jpg
シートの破れた背の部分がカーペットから外れました。座の方も引き抜き外します。
e0069615_224084.jpge0069615_22401937.jpg
シートベルトも外します。左側の背の部分が外れて来ました。トランクと貫通
e0069615_22402954.jpge0069615_22403950.jpg
右側のシート背の部分もプラスチックのロックを外し、全部取り外す事が出来ました
e0069615_22405064.jpge0069615_2241058.jpg
これが、Yahooオークションで手に入れたリヤシートです。価格は忘れてしまいました。綺麗で程度は良かったです。当たりでしたね!背の部分から装着
e0069615_2241985.jpge0069615_22411925.jpg
シートベルトも付けて、シートの座の部分も押し込みサイドを付けて完成です!
e0069615_22412893.jpge0069615_22414066.jpg
どうです?完治ですよね!これでシートカバーをしなくともよくなりました。
e0069615_22415914.jpge0069615_22421463.jpg
ついでのネタで、運転席のシート(レカロ製)も乗り降りの為かボロボロに!これもYahooオークションで手に入れた同型の部品からの調達品で修理?に取り掛かりました
e0069615_22422932.jpge0069615_22424132.jpg
車体からシート本体ごと外し更に分解して右側の背と座の布切れの交換に挑戦!
e0069615_22425562.jpge0069615_2243113.jpg
やはり、ブランド品は修理がきくんですね!新しく蘇りました。でも、やっぱりそこは消耗が激しい箇所の様で、現在もあそこまでは酷くありませんがヘタリが見えます。
旧車はこの様にして車と付き合う楽しみ方が出来ます。こちらの気が変わらない限り愛想よく接してくれます。たまに駄々を捏ねます(そこがまた可愛い)が、長く付き合って行きたいものです。那谷教授!今度、盛岡にジェミニを見せに行きますね!
[PR]
by van-shop | 2018-01-30 00:00 | car | Comments(0)
単相200Vで三相200V用コンプレッサーを稼働する事が出来ないか?
これが、今の我がガレージの状態です。作った当初の計画がまだ達成できていません
e0069615_21214832.jpge0069615_21215948.jpg
その一番のやりたかった事は外に大きなコンプレッサー室を作り、ガレージの天井からリールで延長して作業をやり易くする事でした。既に4年の月日が経ってます
e0069615_21222395.jpge0069615_21224184.jpg
天井にはもういバンザイ製のリールが取付けて有り、出来るのを待つ外のコンプレッサー室の所まで銅管はひいて有ります。隣の電気用のドラムリールは既に稼働中!
e0069615_212336.jpge0069615_21233470.jpg
2014年の4月に待望のオイルフリーのイワタ製のコンプレッサーが届きました。
e0069615_21234570.jpge0069615_2123533.jpg
そもそも、ガレージ内にはマキタのコンプレッサーが稼働して居るのに、何でこの様な大きなコンプレッサーを必要とするのか?答えは、ブラスト加工をしたいから!ガレージ内のコンプレッサーでも少しの時間であれば作業は出来ますが、時間とパワー不足で大きなのが欲しかった。でここで問題が、希望の力を発揮させるには、電源が3相200Vのモーターでないと、と言う事で見切り発車で購入!何とかなる!と願望。
e0069615_2124394.jpge0069615_21241413.jpg
ガレージの中と外の2ヶ所には、単層200Vのコンセントを設置して貰ってました
e0069615_21242697.jpge0069615_21243760.jpg
コンプレッサーのモーターは日立製で1.5kw、4POLE200Vの物が付いてる。モーターの配電盤を見て見ると、単相の場合はU/2、V/4のみの配線して下さいと?
e0069615_2124506.jpge0069615_2125078.jpg
ラッキー!何にもしなくいても配線を替えれば動くのか?と早速、配線して単相200Vに繋げて試運転!駄目でした。動く事は動くんですけどゆっくりで全然ダメ!モーターが60ヘルツ用だからなのかな?もしかしてモーターが壊れてる?
e0069615_21251117.jpge0069615_21252249.jpg
Yahooオークションで手に入れた物なので壊れている可能性も?保険として単相200V用の同等の駆動力のモーターをまた懲りずにYahooオークションで手に入れ確保!かなり古い代物で形もバカでかく3相用の3倍は有るよね!シャフトも太くプーリーも別に揃えなくちゃ!このモーターはバラシて清掃、ブラシ交換して稼働する事を確認済み
e0069615_21253172.jpge0069615_21254562.jpg
この間、色々と検索して、インバーターなる物で、単相200Vから3相200Vを作り出す物が有ると知りました。で、早速、Yahooオークションでポチ!
e0069615_21255923.jpge0069615_21261160.jpg
ブレーカーと三菱汎用インバータFREQROL-E500です。190ページに及ぶ取扱説明書をダウンロード。理論的には出来そうですが、メンタル的?に億劫で設定をしていません!今、一番可能性が高いのは、このインバータを繋げてそのままのコンプレッサーを稼働させる事だと思います。でも、設定が面倒なんだよね!誰か出来る人が居たらお力をお貸しください!ほんと、困ってんだから。
e0069615_21262531.jpge0069615_21263665.jpg
ガレージ裏の今の状態はこの様になってます。頭の中では、近所に迷惑を掛けないようにここに小屋を建ててコンプレッサーとエアータンクを収納する事です。コンプレッサーが稼働するかしないか分からないから余りのらないんだよね!小屋が先か、コンプレッサーを稼働させるのが先か?グダグダで4年も経ってしまった。コンプレッサーもオーバーホールする羽目になるかも?今年中には何とかしたいな!
[PR]
by van-shop | 2018-01-29 00:00 | その他 | Comments(0)
自転車バイク、ダイハツ・ソレックスを解体してしまった!
VANshop仙台の開業時は店頭にマスコットとして、赤/白のVWタイプⅡダブルデッキと白いクラシック・ベスパのET-3が居たのを覚えていますか?今回のネタはベスパET3の前の置いて有った、初代のバイクの事です。ベスパに替えてから自宅保管でした
e0069615_23243989.jpge0069615_23245464.jpg
この自転車の様なバイクはダイハツのソレックスSX1(運輸省型式認定番号I-1323)と言います。自動車メーカーのダイハツ工業が35年ほど前にフランスから輸入販売を行った、原動機付き自転車です。詳しいことはダイハツ工業側にも資料が残っていないようで、輸入に至った背景などはまったくの不明とされています。ダイハツ本社のホームページにも掲載されておらず忘れたい過去の遺物なのかもしれません。
e0069615_2325570.jpge0069615_23252073.jpg
ダイハツ・ソレックスとは通称名です。本来はSOLEX5000(ソレックス)と呼ばれ、ソレックスはフランスのキャブレターメーカーです。戦後すぐに自転車に取り付けるエンジンとして開発販売されましたが、のちに自転車とセットで販売開始初代ソレックスから細かい変更はされていますがそのままの形で製造販売されました。
e0069615_2325314.jpge0069615_23254436.jpg
普通は後輪を駆動するのが普通ですが、ソレックスはエンジンを前輪に置いて駆動するシンプルな構造を採用しています。戦後すぐは自転車が貴重品で加工するのに抵抗があったのかもしれません。そのおかげか非常にシンプルな構造に仕上がりました。
e0069615_23255713.jpge0069615_2326920.jpg
ペダル付き自転車の前輪上に49ccの2ストロークエンジンをマウントし、タイヤに圧接したローラーで直接動力を伝達するという独特の駆動方式
e0069615_23262353.jpge0069615_23263478.jpg
全高950、全長1495、車両重量30kg、排気量49CC、最大出力0.4/2500PS/rpm、最高速度18キロ、燃料消費率71km/l、タイヤサイズ2.00-16、製作会社はINFAC-VELOSOLEX。なんだかんだ言っているうちに解体の最終段階の写真になってしまいました。現在は、バラバラのまま解体を待つアウディ80の車内に放置されています。(再生は無理だろうな)昔、動いていた時に会社に来るまでの大きな交差点で、信号に入った時には青だったのに出る頃には赤に変わってた!そのくらい遅くて、足で漕いだ方が早かった。今のアシスト自転車の元祖?
e0069615_232813.jpge0069615_2328956.jpg
チョット今、お宝屋敷?(皆さんから見ればごみ屋敷)の身辺整理?を企てています。先ず、次はスモール・ベスパ50かな?前輪だけバラしました。
e0069615_23282036.jpge0069615_23282943.jpg
ダックス・ホンダは綺麗にレストアし自賠責保険も5年間契約し快調に走ってます。自分の性格上、何かに役立てられる=捨てられない!で事が進みません。誰かに背中をやさしく押されたら解決するんだろうな!ガンコな意志薄弱な私でした。
[PR]
by van-shop | 2018-01-28 00:00 | その他 | Comments(0)
リサイクルショップ「アロッズ」に行ってから、三峰荘にも行って来た
ちょっと前のネタ!私の市場調査?でリサイクルショップのアロッズに来てみた
e0069615_23162815.jpge0069615_23164186.jpg
自宅の近くの鶴ケ谷にリサイクルショップのアロッズは有ります。ここは機械関係が主で衣料品は扱っていせん。結構、ここが好きで暇な時は顔を出します。
e0069615_23165284.jpge0069615_2317295.jpg
リサイクル品ですが、自分の需要に合えば格安に揃います。スチール製の棚もガレージ上の部屋に何個か買ってサイズをカットして使ってる。1台5000円だったか?その辺のプラスチック製の軟な物とは違い、ガッチリした造りで重量物を置いても傾きません
e0069615_23171432.jpge0069615_23172369.jpg
各所!物の種類によって部屋ごとに区分され陳列?されています。この部屋はコンプレッサーやら旋盤の様な大きな物が置いて有ります。我がガレージに欲しい物がいっぱい有るけど、場所を取るので我慢!
e0069615_23173486.jpge0069615_23174445.jpg
こちらの部屋は測定器やエヤー工具など。別の部屋にはモーターやカッター用品、奥に照明器具も有りました。先日ガレージにLED照明を2個買って来ました。Yahooオークションで買うより、現物を確認してからの方が確実で、安かった(1個1800円)
e0069615_23175494.jpge0069615_2318585.jpg
またまた違う部屋、エンジン駆動の草刈り機が欲しい、でもな~!諦め。また違う部屋には文房具も多数有ります。ここで電波の掛け時計を買ったな。(1000円だった)
e0069615_23181754.jpge0069615_23182816.jpg
一旦、自宅に戻り午後からお友達と日帰り温泉、豆坂温泉「三峰荘」に向かいました
e0069615_23183738.jpge0069615_23185225.jpg
通い慣れた県道56号で向かうは三本木に向かい、国道4号に合流!すぐです
e0069615_2319228.jpge0069615_23191173.jpg
国道4号から3分で三峰荘に到着!毎月第3火・水曜日が休館日です。
e0069615_23193154.jpge0069615_23194237.jpg
この施設は中華料理が美味しくて大広間などでみんなが食べていますが、お客が多い時にはお風呂の通行口のテーブルでも食べています。そんな先がお風呂の入口です
e0069615_23195563.jpge0069615_23201079.jpg
源泉掛け流しのお風呂ですが、撮影禁止になっていたので、以前に撮った写真を!
e0069615_23202197.jpge0069615_23203191.jpg
結構、ここは熱い方です。仙台市内からも程近い距離でお気に入りの日帰り温泉です
e0069615_23204427.jpge0069615_23205779.jpg
あぁぁ!ゆっくりとリラックス出来る温泉です。通っているせいかマスターからよく車の話など話しかけられるようになりました。ここは良いですよ!
[PR]
by van-shop | 2018-01-27 00:00 | 温泉 | Comments(0)
少し前ですが、鳴子の中山平温泉の「琢ひで」に行って来ました。
その日は、ちょっと早く(と言っても10時頃)昼飯でもと仙台中央卸売市場に!
e0069615_2211083.jpge0069615_22111799.jpg
「寿司吉」です。いつもは行列なのに、今日は早く来たのでお客さんが並んでない
e0069615_22113429.jpge0069615_22114479.jpg
最近、ここに来たら、なかおち丼とアラ汁に決めています。(早く出て来るから)
e0069615_2211554.jpge0069615_2212632.jpg
今日は、早目の昼食だったから、今日の温泉は時間も有るし、遠くにしましょう!
e0069615_22121513.jpge0069615_22122598.jpg
あまり行った事の無い所にしようと、東北道に乗り、鳴子温泉方面に向かい岩出山に
e0069615_22123210.jpge0069615_22124074.jpg
国道47号で新庄・鳴子方面にはしり、川渡温泉をも過ぎました。
e0069615_22125420.jpge0069615_2213415.jpg
北羽前街道(国道47)を東鳴子温泉も鳴子温泉も通過、トンネルに差し掛かり、抜けた所が中山平温泉で、ここに来るまで何処に入るか決めておらず、この辺でと言う事で!
e0069615_22131348.jpge0069615_22132382.jpg
左に、聞き覚えの有る、日帰り「温泉琢ひで」の看板!早速、駐車場へ
e0069615_22133399.jpge0069615_2213469.jpg
何と?向かい側に熱帯植物園があるではないですか?大昔に来たな~!では入りましょ
e0069615_22135713.jpge0069615_22141187.jpg
日本秘湯を守る会のお宿、三百有余年の歴史がある名湯「うなぎ湯」と呼ばれ称される湯は、化粧水のようにとろりとした肌触りが特徴で「美肌の湯」全ての条件を持つ極上の温泉として女性を中心に喜ばれているそうです
e0069615_2214226.jpge0069615_22143488.jpg
最初に本館にある「長生の湯」の男湯に入りました、脱衣所です。一番“うなぎ湯”を感じるお風呂だそうで、さほど熱くないなと思い、温泉取入れ口の蛇口をひねったら、熱い事!湯守の方が適温に調整していたんですね!
e0069615_22144780.jpge0069615_221514.jpg
いい♨がある、ぬるっとして、とろりとした、化粧水の様な、源泉流しっぱなしで、あぁ気持ち~の看板が有る内湯。そこから長生の湯の混浴露天風呂と繋がっていますが今日はお休みでした。残念!
e0069615_22151783.jpge0069615_22152849.jpg
お次は、本館2階に在る石橋(しゃっきょう)の湯に来ました。脱衣所も新しく綺麗?
e0069615_22154069.jpge0069615_22155323.jpg
一枚岩を刳り貫いた湯船で体の芯から温まります。隣の芍薬の湯とは時間帯で男女入れ替え制となると書いて有りましたが、芍薬の湯はやってない様な?
e0069615_2216631.jpge0069615_22162127.jpg
内湯の長生の湯とは雰囲気が違うお風呂でした。ゆっくり入ってられます。
e0069615_22164041.jpge0069615_22165352.jpg
それでは3番目の温泉に!一階の鶴亀の湯の暖簾を潜ると外に出ます。そこから下へ
e0069615_2217326.jpge0069615_22171565.jpg
山の中のお風呂。降りた所の小屋、右側が「亀の湯」今の時間帯が男性用で、左側が「鶴の湯」女性用になっていました。脱衣所には立派な道祖神縁起さまがお迎えです
e0069615_22172542.jpge0069615_22173583.jpg
脱衣所にはファンヒーターが完備ですね。風情の有る小屋から露天に向かいました
e0069615_22174533.jpge0069615_22175673.jpg
檜の木枠で六角形の湯舟が造られた露天風呂「亀甲檜風呂」。となりの造屋根付き露天岩風呂の「鶴の湯」とは時間帯で男女入れ替え制となって今は亀の湯が男性でした。
e0069615_2218623.jpge0069615_22181616.jpg
本館からは離れた別棟に位置しているため、自然の静寂を感じながらお楽しめます。泉質は含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉。pHは8.9~9.4。色は透明、もしくはグリーン(冬場などに白く濁る時もあります)。においは硫黄臭です。効能は一般的な温泉の適応症と糖尿病、慢性婦人病、慢性皮膚病、切り傷に効くと有りました。
e0069615_22183067.jpge0069615_22184010.jpg
帰りに、道の駅あ・ら伊達な道の駅に立ち寄り!ソフトクリームを食べようとお店に行ったら、お薦めのカップ入りを買わされてしまった。やっぱ!ソフトクリームはコーンじゃないと食べた気にならないよね!とブツブツ言いながら帰宅の途につきました。
[PR]
by van-shop | 2018-01-26 00:00 | 温泉 | Comments(0)
ジェミニJT190のウォーターポンプ交換 第3弾!
何とか、難儀しながらもウォーターポンプを交換し、走り出した我がジェミニJT190
e0069615_2146285.jpge0069615_2147944.jpg
世間の情報では、タイミングベルトのコマ、一個でもズレるとエンジンの調子が顕著に悪くなるのが分かると言うが?私の場合、低速はイマイチだが高回転ではそれなりに調子が良いのだ。普段の運転には差し支えない。以前の調子を知らなければの話である
e0069615_21472484.jpge0069615_21474352.jpg
本調子とは言えないが、エンジンは起動する。2個のカムシャフトタイミングマークと1ヶ所のクランクプーリーの上死点マークの内の一つが1コマズレているのかもしれない?と、再調整に取り掛かる。ヘッドカバーにカムカバーも外し、プラグも外しました
e0069615_21481017.jpge0069615_21482278.jpg
多分、やってはいけない行為だと思うのですが、プラグを全部外しているので、そんなに負荷はかからないはずと、カムプーリーにメガネレンチを掛けてピストンを上下させ、1番のピストンの一番高い所(上死点)をダイヤルゲージで探し出しました
e0069615_21483317.jpge0069615_21484384.jpg
念の為に、現時点での位置をタッチペンで印を付けて置きました。写真右は、カムシャフトタイミングプーリーです。ソケットレンチと確認する為で、調整用のテンションプーリー(隠れて見えない)と同一だからです。そのボルトの頭の形状を見て下さい
e0069615_21485251.jpge0069615_2149342.jpg
ここで四苦八苦しているのは、調整するのに調整窓が小さく遣り辛い場所に有るからです。その為に工具を加工したり新しく買い揃えたりしました。手持ちのソケットでは小さいのと大きいのしか持ち合わせず、その中間が無くそれに先の形状も無買ったので買って来ました。5mmの六角棒レンチも現物合わせでカットして作りました。
e0069615_21491994.jpge0069615_21492838.jpg
エンジンマウントブラケットの奥に有る、ゴムの蓋で覆われた、この穴です。
e0069615_21493853.jpge0069615_21495060.jpg
写真で分かる様に大変な場所にあるでしょ!手探りで六角棒レンチとソケットレンチを探し当て、指先だけの力で奥に隠れているテンショナープーリーを開放します。
e0069615_21501100.jpge0069615_21504813.jpg
これで、タイミングベルトにテンションが掛からず外す事が出来ます。
e0069615_21512100.jpge0069615_21511491.jpg
写真左がクランクプーリ、白点のマーク位置をタイミングカバーに刻まれたマークの右端0度に合わせます。写真右のカムシャフトタイミングプーリは白点を平行に一番近くに合わせ、ドライバーを突っ込んで正規の位置を確保できます。
e0069615_21512862.jpge0069615_21514169.jpg
3ヶ所の合わせマークの位置を確保しながら、タイミングベルトをセットするのです。タイミングベルトが固いうえ、幅が広いのでなかなか思うように取付が出来ません。
e0069615_21515410.jpge0069615_2152840.jpg
上部にあるカムシャフトタイミングプーリは目の前に有るので調整しやすいのですが下の隠れた所にあるクランクシャフトタイミングプーリがずれているのか正しいのか張って見ないと分からない?折角、先にマークしても下がズレてしまえば用を足しません!また一からやり直しの繰り返しです。
e0069615_21522288.jpge0069615_21523924.jpg
ここでは、端折ってますが、組付け何日かの試験走行!を何回か繰り返してます。エンジンを降ろしての作業だったら、一発で決められるのに!これでもかと言う試練みたいなものです。現在は、色々試した結果、元の?調子の良いフィーリングを取り戻しています。直した達成感!これだから旧車イジリは止められないね!でも、これもいすゞ自動車の部品供給体制が素晴らしいから!30年前の部品が手に入る、頭が下がる思いです。今度は何処に問題が発生するんだろうか?ラジエター液の漏れは完璧に治りました
[PR]
by van-shop | 2018-01-25 00:00 | car | Comments(0)
ジェミニJT190のウォーターポンプ交換 第二弾!
我がいすゞジェミニ・ハンドリングbyロータスJT190のウォーターポンプ交換の続き!
e0069615_22184440.jpge0069615_221912.jpg
何とか、ウォーターポンプ本体を外す所まで来ました。エンジンを降ろさず、車体に取り付けたままでの作業は大変でした。交換作業も狭く大変です。パッキンの除去から
e0069615_22191074.jpge0069615_22192164.jpg
エンジンとポンプの間の古いパッキンの除去、オイルストーンで更に綺麗にならしました。これが不十分だと、そこから水漏れを起こし交換したのが無駄になってしまいます。充分に磨いた所に新しいウォーターポンプに新しいパッキンを間に挟み組付です
e0069615_2219326.jpge0069615_22194235.jpg
トルクレンチを使い、規定トルクで5本のボルトで取付完了です。
e0069615_22195087.jpge0069615_2220195.jpg
これでこの修理の山場を越えました。あとは戻すだけですが?これが大変でした。当然、タイミングベルトを外した訳ですからクランクシャフトとカムシャフト(Wです)の合わせが微妙でなかなか定まりません。お互いのカムシャフトの合わせマークを一番近くに合わせると、カムプーリーの穴にドライバーを突っ込んで固定出来ました
e0069615_222098.jpge0069615_2220183.jpg
クランクシャフトの点火タイミングをタイミングカバーロアの部分のギザギザとクランクプーリの切り込み(白い)を0度に合わせるのですが、タイミングベルトでの1コマ分がカムシャフト2本との3ヶ所の合わせがうまくいかない?何度も外しては組み直し、やっとこれでいいかな?と言う所で組付け完了としました。
e0069615_22202968.jpge0069615_2220419.jpg
タイミングカバーを装着して、エンジンマウントを固定して、エアコンのコンプレッサーとパワーステアリングポンプを元の位置に戻し、ベルトを張ってエンジンを吊っていたチェーを緩めました。
e0069615_22205990.jpge0069615_22265566.jpg
外して有ったラジェターを元に戻します。電動ファンも接続!櫓も撤去!一応、完了!
e0069615_22221819.jpge0069615_22223012.jpg
恐る恐る、エンジン始動!シュルシュル~、ブオ~ン!何とか?復帰しました。後は試運転ですがその前に、以前、見つけていた足回りの破損個所を、車体が馬に乗っいている時に交換してしまおうとバラし始めました。これもYahooオークションで目を付けて確保していた奴!これは、大丈夫だろうな?駄目でもすぐ交換が可能だからいいっか
e0069615_22224385.jpge0069615_22225929.jpg
自分ではぶつけた記憶は無いのですが右側のアームが擦れて潰れていました
e0069615_22231125.jpge0069615_22232461.jpg
作業は車体が上がっているので楽々に出来ます。アームのボルトを3ヶ所外すだけ!でも、その前にはブレーキもフロントサスペンションも外してドライブシャフトも抜いてました。
e0069615_22235787.jpge0069615_22234094.jpg
本来ならば、アーム本体をブラストかけて塗装をし直し、ブッシュを新品と入れ替えすると、良いんだけどね!この際だからこのままで行っちゃいましょ!と取り換え完了!
e0069615_22242961.jpge0069615_2224437.jpg
右足回りを元に戻し、ブレーキも戻し、ブレーキ調整してタイヤを装着して、馬から降ろして作業完了です。試乗に出掛けましたが、・・・・普通には走るんだけど修理前とはちょと違う感じ?タイミングが合って無いのかな~?  と、第3弾に繋ぎます。
[PR]
by van-shop | 2018-01-24 00:00 | car | Comments(0)
いすゞジェミニハンドリングbyロータスJT190のウォーターポンプ交換その1
最近、停めた車の下にお漏らし痕が有り?ラジェター液を頻繁に補充していました。
e0069615_21224210.jpge0069615_21225458.jpg
ジェミニJT190の弱点!ウォーターポンプが壊れるとの情報が入っていたので、いすゞ自動車で純正部品(以前に痛い目に合ってた)を確保して有りました。因みに純正品番は8-94376868-0で22900円で栃木県のいすゞ自動車に最後の一個でした
e0069615_2123570.jpge0069615_21231372.jpg
その事は後で書くとして、ジェミニを馬に掛け下に潜り点検すると水漏れの痕跡が!
e0069615_21232597.jpge0069615_21234550.jpg
先ずは、ラジエターの取り外しから、下のプラグを抜いてラジェター液を垂れ流し!
e0069615_21235616.jpge0069615_2124652.jpg
ラジエターホースを上下共に外し、ラジエターをファンごと抜き取りました。
e0069615_21241633.jpge0069615_21242463.jpg
タイミングカバーアッパとパワーステアリングポンプとエアコンのコンプレッサーを外す。エアコンのコンプレッサーは冷媒が漏れないよう邪魔にならないように紐で固定
e0069615_21243472.jpge0069615_21244390.jpg
ここからが本番です。エンジンとボディを繋いでるエンジンマウントの取り外し
e0069615_21245550.jpge0069615_2125578.jpg
エンジンを下に降ろしてやれば簡単な作業なのですが、降ろすまでの手間を考えたら、ちょっとエンジンを吊って間隔を開けてやれば事は済むかな?と櫓を立てて臨むことに
e0069615_21251668.jpge0069615_21252781.jpg
エンジンマウントが外れました。これでタイミングカバーロアを外す事が出来ました
e0069615_21253758.jpge0069615_21255062.jpg
タイミングベルトにカムシャフトタイミングプーリやテンショナーにアイドルプーリーが確認できます。今回の目的の代物、ウォーターポンプも見えます。
e0069615_2126227.jpge0069615_21261426.jpg
タイミングベルトをタイミングプーリーから外します。茶色に変色した所の部品がウォーターポンプです。ホルツだったかな?ラジェター液漏れ止剤を入れて居たので茶色に変色した様に見えます。普通、ウォーターポンプは外付けが多く、ジェミニJT190の様にタイミングベルトで一緒に駆動するのは少ないと思います。これが交換となると面倒くさいのです。以前、岩手県で高速を降りた所でエンジン・ストール?このウォーターポンプが粉々に壊れてタイミングベルトが切れたのが原因でした。後々アップしますね
e0069615_21262897.jpge0069615_2126428.jpg
ここまでは、難無くの作業で出来ました。しかしこのブラケットが邪魔で知恵の輪の様で、なかなか外せません!四苦八苦、持てる工具を振る動員して取れました。
e0069615_21265566.jpge0069615_21271310.jpg
これでウォーターポンプ本体がお目見えです。テンションプーリーも外しておきます
e0069615_21273987.jpge0069615_21275127.jpg
5本のボルトを外して、ウォーターポンプの本体が外れて来ました。やっとです。
e0069615_21281072.jpge0069615_21283760.jpg
外した古いウォーターポンプと後ろが新しい純正部品のウォーターポンプです。
e0069615_21285174.jpge0069615_2129462.jpg
実は、以前にもウォーターポンプを交換しようとYahooオークションで私のジェミニJT190と同じエンジン型式4XE1型と言う事で未使用のGMB社のGWIS-32Aと言うイスズ代表純正番号は8-97360200を落札してました。それで、交換に臨んだら同一形状でも、いくらやっても合ない?よくよく比べて見ると写真でお判りのように、同じパッキンで比較しているんですが左が落札品、右が純正品、かなり大きさが違いました。
e0069615_21291791.jpge0069615_21293137.jpg
ジェミニのエンジン4XE1は前期と後期に別れてるし、JT190以外にもピアッツァとか同じエンジン型式4XE1が採用されているのでマイナーチェンジで代わっているのだろうか?やっと、ここまで来た。あとは取り付けです。その2に続きますよ!
[PR]
by van-shop | 2018-01-23 00:00 | car | Comments(0)
続いて温泉ネタ!日帰り温泉にハマった「鎌倉温泉」に来てみました
今回は、私の日帰り温泉回りの原点!ハマった処を久しぶりに訪れて見ました。
e0069615_22231570.jpge0069615_22232979.jpg
仙台を出発して、岩沼より芝田町を抜け村田町に(前回の黄金川温泉と同じ道)
e0069615_22234386.jpge0069615_22235650.jpg
村田町から蔵王町に入って水田地帯を走って間もなくJAの給油所を右に曲がる、暫くすると左に曲がる看板がありました。曲がって熊野神社の脇を通り過ぎ、右に曲がると、あとは山の中の一本道です。
e0069615_2224672.jpge0069615_22241612.jpg
この一本道が不思議な感覚に?たいして距離は走っていないのに、山奥にでも来た感覚になります。一本道に入って、ほんの10分位で「鎌倉温泉」に到着しました。鎌倉権五郎景政が、夢の中で女神から教えられ、傷を治したと言う伝説の秘湯。ウグイスやカッコーの鳴く静かな山の中の一軒宿です。心と体をリフレッシュの癒し系温泉です
e0069615_2224272.jpge0069615_22244032.jpg
駐車場を下りて行くと一軒宿は有ります。とても懐かしい雰囲気に昔にタイムスリップ
e0069615_22245022.jpge0069615_2225242.jpg
山間の古民家といった風情で郷愁を誘う宿です。建物は大正期に建てられたという古民家。湯治場だったらしく縁側でのんびり1日を過ごすような場所です。
e0069615_22251367.jpge0069615_22252292.jpg
日帰り(個室・入浴代込み)利用時間:午前8時から午後5時まで、大人1080円。入浴のみ午前7時から午後8時まで大人(中学生以上)1回300円です
e0069615_22253113.jpge0069615_22254037.jpg
最初に来た時より店内が綺麗にリニアルしています。脱衣所も内風呂も明るく広くなっていました。個人的には昔のままの方がよかったな~!
e0069615_22255039.jpge0069615_22255757.jpg
泉質は弱アルカリ泉で、古くからアトピーや皮膚病・肌荒れなどに効き、美肌効果もあると知られています。泉温23.7度、PH値9.4の無色透明で、臭気・味ともに有りません
e0069615_22262587.jpge0069615_22264285.jpg
温度が23.7度と低い為、薪を燃やして加温している。薪は、周辺にある山林を伐採して集めています。周辺の山が岩盤のため、生育した雑木が大木になると地滑りを起こし、川をせき止めてしまうので、それを防ぐために定期的に伐採しているそうです。
e0069615_222752.jpge0069615_22272176.jpg
新しくなって魅力が半減した「鎌倉温泉」を後に村田町に戻って来ました。
e0069615_22273550.jpge0069615_22275744.jpg
名取市に入って、飯、どうする?中田の「和」で食ってくか、立ち寄る事に!彼は、早速!ビール。ここで運転交代に暗黙の了解!で私は、熱いオチャ!
e0069615_2228945.jpge0069615_2228263.jpg
私は、負けずにと鉄火丼定食!ここの商品は美味しくて量も有ってリーズナブル。彼も負けずに今度は日本酒に・・・呑むペースが速いんだよ!もっと味わえ!
e0069615_22283870.jpge0069615_22285253.jpg
酒のおつまみとして、鰺のたたき?なめろう?美味しい!カレイ焼きで飯食ってた!で、帰って来ました。
[PR]
by van-shop | 2018-01-22 00:00 | 温泉 | Comments(0)